法的リスク

法的リスク

役員退職金額の税務調査対策

近年、役員退職金の否認裁決が出た事で、企業にとって役員退職金はどの程度であれば適正と判断されるのかに関心があるところでしょう。 代表取締役が退職して経営から離れる場合、代表取締役から取締役に変更した時など、退職金を支払う事は問題なのでしょ...
法的リスク

未払い残業/遅延損害金と遅延利息について

会社が従業員の残業代を支払わない場合、会社には大きなペナルティが科せられる事を理解しておきましょう。 そのペナルティとは未払い残業代に対する遅延損害金ですが、そもそも遅延損害金とは遅延利息や延滞利息などと表現される事もあり、お金を借りてい...
法的リスク

未払い残業/就業規則がとても重要に

近年労使間で起きているトラブルの原因のほとんどは就業規則の不備によるものです。書類や手続に不備があれば、いくら会社が主張しても証明するものがありませんので通りません。 裁判になった場合には就業規則の内容を確認されますが、労基法でも就業規則...
法的リスク

未払い残業/トラブル回避策・定額残業手当制

契約上残業代は支払わないと取り決めているのに、労働者に未払い残業代を請求された場合には応じなくてはいけないのかという疑問が生じるケースがあります。 しかし労働基準法では時間外労働に対する割増賃金は支払う必要があることが規定されていますので...
法的リスク

未払い残業/メンタルヘルス不調の従業員の増加

近年ではうつ病など精神部分で疾患を抱える社員も増えており、それが引き金となって体調不良や場合によっては過労自殺といった状況も起こりうる状況です。 過酷な労働やハラスメント問題などが背景にあると考えられており、会社でも問題が起こる前に事前の...
法的リスク

未払い残業/「うちは大丈夫」

ある日突然、以前勤めていた社員から、働いていた時の残業代の支払いを求める内容証明が会社に届いたらどうしますか? 近年では社員や元社員などによる残業代請求のトラブルが急増しており、みなし残業として残業代を含む手当を出していたはずなのに元社員...
法的リスク

未払い残業/労基法は経営者には厳しい!

近年では労働者が自身の権利について意識を持つことが高まり、労使間でのトラブル件数も増えています。 労働者と未払い残業代を巡ってのトラブルになるケースも多く、企業では労使間のトラブルが起きないように勤務体制や職場環境を整備し、労働者が安全に...
法的リスク

介護の現場/法律でひもとく介護事故

高齢者の介護には多くの介護職が家族をサポートすることになりますが、利用者の権利や介護職の法的立場を理解することが必要です。そのためにも、もし事故が起きた時の責任の所在などを介護に関わる法律から分析してみましょう。
法的リスク

税金対策と保険/決算対策を考える!

中小企業が決算対策や法人税対策として生命保険を活用するケースがありますが、これは貯蓄性の高い生命保険によって金融資産を確保すること、生命保険の経理処理を活用すること、実態と税務処理上の価値の差額があることを上手く利用するためです。 それぞ...
法的リスク

経営者と保険/経営者に関わるリスクと保険(勇退退職金)

業務に日夜精励する経営者にとって、功労にふさわしい退職金の準備が必要です。業務良否に関わらず、さらに会社の財務を圧迫することなく退職金を捻出するために財務的な準備が必要です。
タイトルとURLをコピーしました