リスクの多様化で経営のあり方を考える

昔の企業を取り巻く環境と比べ、現在は経営にあたり考えなければならない点が多くあります。
例えば、企業に損害が発生する要因は、国内の事情に限らず柔軟な対応が求められると言っても過言ではありません。
現代的な経営の在り方とは一体どのようなものなのでしょうか?
今回は、複雑化するリスクと経営について解説します。

複雑なリスクに対応するためのリスクマネジメントの重要性

企業の経営に関わるリスクには、多様な要因がありますよね。
極端な例では、災害の発生やインフルエンザ等の流行によって、予想されていた売り上げが確保できないという事柄があるでしょう。
また、インテーネット上でのシステムトラブルによって、円滑な業務が行えないというのも当てはまりますよね。
リスクには、小さなことから大きなことまで、様々起こり得る可能性があると言えます。

そして、リスクは突発的な物で対応が難しい内容もありますが、事前に対応の仕方が分かっていると、損失を小さくすることができますよね。
このように、起こり得るリスクを想定して対策を考えておくことを、経営では”リスクマネジメント”と呼んでします。
いざという時の対処法が確立していれば、誰でも最悪の事態は回避できますから、大きな損害に繋がることはありません。

しかし、徹底したリスクマネジメントを行うには、企業にとって予想されるリスクを予め把握しておく必要があります。
近年では、ちょっとしたことでも訴訟に繋がってしまったり、大きな損失に繋がってしまう出来事があったりしますので、決して他人事ではないですよね。
それら1つ1つに、どのように対処をするのか、自分たちで対応するのか、または誰かの手を借りるのかというところまで考えておく必要があるでしょう。

リスクへの対応策は1つに限らない

起こり得るリスクを想定した際に、必要となる対応や資金面の状況が見えてくるかと思います。
その際に気をつけたいのは、あるリスクに対処できる方法は1つに限定されていないということでしょう。
なぜなら、その時にベストな対応は、状況によって変化するからです。
ですので、リスク発生時にどのような対策を取ると、企業側にとって一番良いのかを考えることも大切になりますよね。

例えば、対策の1つとして、損害保険に加入するという方法もあります。
保険に加入するメリットとしては、企業が抱える資金面の負担を軽くすることができますので、もしもの時でも安心できますよね。
資金面が問題になって、対策が遅れてしまったのでは、企業のイメージが悪くなってしまう可能性もあるでしょう。
金銭的な保障という点では、有効な方法になりますよね。

また、リスクに備える姿勢を取ることは、決して経営が守りに入ってしまうことではありません。
むしろ、新しいことに挑戦できる可能性を秘めていると言えるでしょう。
私たちは、状況が分からないことに対しては、不安になってしまい、積極的に挑戦することを控えてしまいますよね。
しかし、もしもの時の保障があるならば、ちょっとでもチャレンジしてみようかな、という気持ちになります。

一方で、経営をすることは、常にリスクと隣り合わせの環境にあると言えます。
そのため、大した影響にならないものも、中にはあるかもしれません。
このような場合は、いちいち気にしてしまうと物事が進んでいきませんよね。
ですので、内容によっては、あえて対策を取らない、上手くリスクと付き合っていくという対処をするのも、方法の1つになるでしょう。

このように、考えらえるリスクに応じて様々な対応を想定することは、経営するにあたり必須事項になっていると言えますよね。

参考URLレピュ研
(https://repyuken.com/taisaku/4952)

まとめ

今回は、複雑化するリスクと経営について解説しました。
事前に想定されるリスクを想定し、その対策を考えておくことは、昨今の経営において重要なものになっています。
近年は、グローバル化の他に、労働環境やトラブル発生時の説明責任等、企業に求められることが多くなっています。
適切な対応をすることは、イメージの良し悪しに繋がってきますので、リスクに対する意識は高まっていると言えるでしょう。

用語集

リスクの眼鏡では、記事に関する用語など簡単に解説したページを開設しております。

用語集のページはこちらへ
 

関連記事

こんな記事も読まれています

マイナンバー制度が社会保障の手続きに関係する?... マイナンバー制度は、住民票を有している全ての人が1人1つの番号を保持することによって、税金や社会保障...
福祉・医療事業:第7次医療法の改正による理事や監事の責任... 平成28年9月1日より施行された第7次医療法の改正で、医療法人の理事と監事の責任について明文化されて...
個人情報の扱いは慎重に!漏えいした場合企業はどうなる?... 個人情報とは? 個人情報とは生きている個人に関する情報の中で、特定の個人が識別可能な情報を言います...
企業の「デジタル化の遅れ」に危機感を!... 野村総合研究所で行った企業のデジタル化に対する意識調査によると、現在日本企業ではIT技術を活用するな...
ハインリッヒのドミノ理論とは?... 企業の経営には、リスクマネジメントが重要です。 特に、何らかの事故が生じた際には、その再発防止の対...

話題をチェック!

  1. 2019-5-24

    自然災害に対するリスクマネジメントの方法とは?

  2. 2019-4-5

    定款の目的に定めていない事業は行えない?

  3. 2016-12-7

    リスクの多様化で倒産急増中!?危ない企業の見分け方とは?

  4. 2016-12-4

    業務が中断すれば倒産危機!運送業の経営管理はBCPが重要

  5. 2016-12-3

    マイナンバー制度のデメリットとは?倒産リスクを抱える?

ページ上部へ戻る