老後の経済的リスクを回避する為に、資産運用を考えてみよう

老後の生活には、2000万円の資金が必要といわれたことから、老後資金に不安を持つ人が増えてきました。
しかし、単純に貯金をするだけでは、なかなかそれだけの金額を貯めるのは難しいでしょう。
老後の経済的リスクを回避するためにも、資産運用を考えてみましょう。

老後の資金について

老後の資金を考えた時、まず思い浮かぶのが年金でしょう。
日本の老後の生活を支えることになる年金ですが、支給される金額は決して十分と言えるものではありません。

年金が保証するのは、最低限生活ができるレベルの資金です。
しかし、多くの人は最低限の生活ではなく、これまで通りの普通の生活を続けたいと思っているでしょう。
そのための資金が、金融庁の試算によると2000万円不足する、という話なのです。

今の年金は、基本的に65歳から支給されます。
平均寿命から考えると、15年から20年間貰うことになるので、仮に80歳までの15年間受給するとすれば、合計で180か月となります。

その間の資金として2000万円が必要ということは、毎月10万円前後は生活のための資金が不足する、ということになります。
これが、老後の経済的リスクとなるのです。

この分の資金をただ貯金して貯められる人は、ごく一部だと思います。
それ以外の人が老後の経済的リスクを回避しようと思えば、ただ貯金するのではなく、積極的にお金を増やすように動かなくてはいけないでしょう。

そのための方法として、資産運用を考えていくべきです。
とはいえ、投資に失敗して資産を減らしてしまっては元も子もありません。
そこで、老後の生活を考えた資産運用の方法について、紹介していきます。

インカムゲインが重要

資産運用には、様々な方法があります。
思い浮かぶものとしてはまず株式投資FX先物取引などがありますが、これらはいずれもリターンが大きいもののリスクも高いので、失敗した時には大きな損失を被る可能性が高いでしょう。

老後に向けた資産運用の場合、まずは目標とする日数と金額を決める事から始めて、そこから逆算して資産運用の方法を決めていくといいでしょう。
例えば、ほんの僅か増やしたいだけなら定期預金で利子を得るというのが、最も安全性が高い方法になるでしょう。

反対に、1年後までに資産を倍にしたいというのなら、かなりのリスクを負いながら投資をしていかなくてはいけません。
ただ、老後のための資産形成であれば、それほど切羽詰まった運用方法は考えなくても良いでしょう。

重要となるのは、資産を減らすことなく着実に増やしていく事です。
そのために重視するべき点は、株やFXなどの売買によって得られるキャピタルゲインではなく、インカムゲインといわれる利得です。

インカムゲインというのは、例えば定期預金で得られる利子、あるいは株式の配当金株主優待、不動産の家賃収入など、元本を減らすことなく着実に得られる利益の事です。
その特徴は、マイナスになることがないという点です。

インカムゲインは、たとえゼロになることがあっても決してマイナスとはなりません。
そのため、着実に資産を増やすことができるのです。
ただし、その割合は決して大きなものではありません。

そのため、インカムゲインで最低限の資産を増やしながらも、それとは別に積極的な資産運用を考えていく、という方法が必要になることもあるでしょう。
リスクとリターンのバランスを取りながら、無理なく資産を増やしていく事を考えましょう。

まとめ

老後の生活を考えた時、年金だけで生活するというのは難しいので、そこに経済的リスクが生じてしまいます。
この経済的リスクを回避するために、資産運用をしていく必要があるでしょう。
その際は、リターンの大きさに応じてリスクも大きくなる株式投資やFXよりも、リスクが少なく着実に資産を増やしていけるインカムゲインを軸としていくのがおすすめです。
老後の生活を守るために、少しでも資産を増やしていけるように運用を考えていきましょう。

用語集

リスクの眼鏡では、記事に関する用語など簡単に解説したページを開設しております。

用語集のページはこちらへ
 

関連記事

こんな記事も読まれています

年金未納のリスクについて考える... 老後の生活を助けるためのものとなるはずの国民年金ですが、年金の受給開始年齢の変更やトラブルの発生に伴...
起業する際に必要になる「定款」とは?... 会社の規則を策定するものが定款 法人を設立する際に作成する「定款」は、会社の憲法のようなものです。...
簡単に法人設立ができるようになった新会社法とは?... 様々な改正により会社設立が容易に これまで会社の規定は、商法、商法特例法、有限会社法と定めが分けら...
働き方改革と採用リスクの関係... 政府が提唱する、働き方改革という施策により、今後の労働環境は大きく変化していく事になるでしょう。 こ...
マイナンバー制度で個人番号カードと保険証が一体化?... 2016年からマイナンバーの通知が開始されましたが、通知カードと一緒に申請可能な個人番号カードに健康...

img_01 img_02 img_03 img_04 img_05 img_06 img_07
  1. 2019-5-24

    自然災害に対するリスクマネジメントの方法とは?

    自然災害はいつ起こるか分からず、またその確率もごくわずかですが、いざ起こった時には多大な被害をもたら…

プレミアム記事

  1. 自然災害はいつ起こるか分からず、またその確率もごくわずかですが、いざ起こった時には多大な被害をもたら…
  2. 会社に勤めるのではなく、個人事業主として仕事をしている人は意外と多いのですが、その個人事業主が突然死…
  3. これまで社会の発展の原動力となっていた団塊の世代が、次々に退職を迎える時代となっています。 そこで、…
  4. 会社を興すときは、法務局で登記をする必要があります。 その際に、定款というものを提出することになる…
  5. 現代企業経営は非常に複雑化しており、難しくなっていると言えます。 続々と新しいサービスが登場し、海…
  6. IT化やボーダレス社会が進むとともに企業経営は非常に複雑化するようになりました。これまでの常識が通用…
  7. 現代において人材確保に困っていない企業はほとんどないように思います。 特に地方の中小・零細企業にな…
  8. キャッシュフロー経営という言葉をご存知でしょうか? 言葉の通り、キャッシュフローを意識した経営方針…
  9. 団塊の世代など、会社の発展に大きく貢献して来た世代が続々と定年を迎えています。そこで問題になるのが退…
  10. 特定の企業に所属せずに自ら契約を獲得し収入を得る個人事業主ですが、働き方改革の波を受けて今後も増加傾…

話題をチェック!

  1. 2019-5-24

    自然災害に対するリスクマネジメントの方法とは?

    自然災害はいつ起こるか分からず、またその確率もごくわずかですが、いざ起こった時には多大な被害をもたら…
  2. 2019-4-5

    定款の目的に定めていない事業は行えない?

    会社を興すときは、法務局で登記をする必要があります。 その際に、定款というものを提出することになる…
  3. 2016-12-7

    リスクの多様化で倒産急増中!?危ない企業の見分け方とは?

    中小企業の場合、売上を多数上げることだけに躍起となってしまうと、足元のリスクに掬われてしまう可能性が…
  4. 2016-12-4

    業務が中断すれば倒産危機!運送業の経営管理はBCPが重要

    経営資源が利用できず業務が中断してしまえばどうなるでしょう。トラック輸送が機能しないということは、原…
  5. 2016-12-3

    マイナンバー制度のデメリットとは?倒産リスクを抱える?

    マイナンバー制度導入前に国税庁が把握していた法人事業所数と社会保険の加入法人事業所数の間には、約70…
ページ上部へ戻る