老後の経済的リスクを回避する為に、資産運用を考えてみよう

老後の生活には、2000万円の資金が必要といわれたことから、老後資金に不安を持つ人が増えてきました。
しかし、単純に貯金をするだけでは、なかなかそれだけの金額を貯めるのは難しいでしょう。
老後の経済的リスクを回避するためにも、資産運用を考えてみましょう。

老後の資金について

老後の資金を考えた時、まず思い浮かぶのが年金でしょう。
日本の老後の生活を支えることになる年金ですが、支給される金額は決して十分と言えるものではありません。

年金が保証するのは、最低限生活ができるレベルの資金です。
しかし、多くの人は最低限の生活ではなく、これまで通りの普通の生活を続けたいと思っているでしょう。
そのための資金が、金融庁の試算によると2000万円不足する、という話なのです。

今の年金は、基本的に65歳から支給されます。
平均寿命から考えると、15年から20年間貰うことになるので、仮に80歳までの15年間受給するとすれば、合計で180か月となります。

その間の資金として2000万円が必要ということは、毎月10万円前後は生活のための資金が不足する、ということになります。
これが、老後の経済的リスクとなるのです。

この分の資金をただ貯金して貯められる人は、ごく一部だと思います。
それ以外の人が老後の経済的リスクを回避しようと思えば、ただ貯金するのではなく、積極的にお金を増やすように動かなくてはいけないでしょう。

そのための方法として、資産運用を考えていくべきです。
とはいえ、投資に失敗して資産を減らしてしまっては元も子もありません。
そこで、老後の生活を考えた資産運用の方法について、紹介していきます。

インカムゲインが重要

資産運用には、様々な方法があります。
思い浮かぶものとしてはまず株式投資FX先物取引などがありますが、これらはいずれもリターンが大きいもののリスクも高いので、失敗した時には大きな損失を被る可能性が高いでしょう。

老後に向けた資産運用の場合、まずは目標とする日数と金額を決める事から始めて、そこから逆算して資産運用の方法を決めていくといいでしょう。
例えば、ほんの僅か増やしたいだけなら定期預金で利子を得るというのが、最も安全性が高い方法になるでしょう。

反対に、1年後までに資産を倍にしたいというのなら、かなりのリスクを負いながら投資をしていかなくてはいけません。
ただ、老後のための資産形成であれば、それほど切羽詰まった運用方法は考えなくても良いでしょう。

重要となるのは、資産を減らすことなく着実に増やしていく事です。
そのために重視するべき点は、株やFXなどの売買によって得られるキャピタルゲインではなく、インカムゲインといわれる利得です。

インカムゲインというのは、例えば定期預金で得られる利子、あるいは株式の配当金株主優待、不動産の家賃収入など、元本を減らすことなく着実に得られる利益の事です。
その特徴は、マイナスになることがないという点です。

インカムゲインは、たとえゼロになることがあっても決してマイナスとはなりません。
そのため、着実に資産を増やすことができるのです。
ただし、その割合は決して大きなものではありません。

そのため、インカムゲインで最低限の資産を増やしながらも、それとは別に積極的な資産運用を考えていく、という方法が必要になることもあるでしょう。
リスクとリターンのバランスを取りながら、無理なく資産を増やしていく事を考えましょう。

まとめ

老後の生活を考えた時、年金だけで生活するというのは難しいので、そこに経済的リスクが生じてしまいます。
この経済的リスクを回避するために、資産運用をしていく必要があるでしょう。
その際は、リターンの大きさに応じてリスクも大きくなる株式投資やFXよりも、リスクが少なく着実に資産を増やしていけるインカムゲインを軸としていくのがおすすめです。
老後の生活を守るために、少しでも資産を増やしていけるように運用を考えていきましょう。

用語集

リスクの眼鏡では、記事に関する用語など簡単に解説したページを開設しております。

用語集のページはこちらへ
 

関連記事

こんな記事も読まれています

長時間労働と労災認定との関係... 長時間労働などで労働者への負荷が慢性的になると、強いストレスで精神的疲労を抱え、うつ病など精神疾患を...
グローバル化とテクノロジーで経営はどう変化するのか?... 現在の社会を取り巻く環境は、常に変化し続けていますので、柔軟に対応していくことが求められます。 特...
誘拐や脅迫など、海外進出する企業が感じる政情不安のリスク... 日本の企業は海外進出が進んでいるため、海外事業での安全管理が注目されます。 海外の駐在員や出張者に...
自宅が倒産した会社の担保の場合は手放すしかない?... 企業の経営が数年赤字続きで資金繰りが困難となり、倒産が免れない状況になった場合に頭を悩ませるのは経営...
中小企業にとって顧問弁護士は必要か?... 一昔前は義理人情のビジネスでも成り立っていましたが、近年ではコンプライアンスの重要性が高くなり法律を...

話題をチェック!

  1. 2019-5-24

    自然災害に対するリスクマネジメントの方法とは?

  2. 2019-4-5

    定款の目的に定めていない事業は行えない?

  3. 2016-12-7

    リスクの多様化で倒産急増中!?危ない企業の見分け方とは?

  4. 2016-12-4

    業務が中断すれば倒産危機!運送業の経営管理はBCPが重要

  5. 2016-12-3

    マイナンバー制度のデメリットとは?倒産リスクを抱える?

ページ上部へ戻る