自然災害に対するリスクマネジメントの方法とは?

自然災害はいつ起こるか分からず、またその確率もごくわずかですが、いざ起こった時には多大な被害をもたらすため、常日頃から備えておく必要はあります。
自然災害に対しては、どのようなリスクマネジメントの方法があるのでしょうか?
企業として行うべき、自然災害に対するリスクマネジメントの方法について考えてみましょう。

自然災害に対してのリスクマネジメントとは?

自然災害というと、地震台風、豪雨、津波といったものが思い浮かぶでしょうが、こうしたものは単なる自然現象に過ぎません。
これが自然災害となる要因としては、人間の活動が深く関わっています。

自然現象がそのまま災害となるのではなく、自然現象に対する脆弱性があったことで被害が生じてしまうために、災害となるのです。
企業における自然災害とは、自然現象によってオフィスや生産設備、物流設備などに被害が生じることをいいます。

この自然災害によって生じる被害を、なるべく少ないコストで押さえようとするのが、リスクマネジメントということになるのですが、そのためにはリスクが顕在化する前に対策を施す必要があるのです。

リスクマネジメントには、リスクコントロールとリスクファイナンスの2つの方法があります。
リスクコントロールはリスクが起こる確率を低くしたり、リスクが生じた時に損害の規模を減少させたりすることで、リスクファイナンスは損害を社会全体に分散させることをいいます。

リスクコントロールの方法としては、例えば地震に備えて建物を免震構造にしたり、補強のために設備投資をしたりすることを指します。
リスクファイナンスは、災害保険などに加入するのが一般的です。

中でも近年注目されているのが、事業継続マネジメントという方法です。
これは、2つのリスクマネジメントを有効活用することで、自然災害によって事業が中断した場合でも目標復旧時間内に事業を再開できるようにすることです。

そのためには、バックアップシステムを整備してバックアップオフィスと要員を確保し、安否確認を迅速に行えるような体制づくりが必要となるでしょう。
具体的に必要な内容は、企業の業務フローなどを考えた上で決める必要があります。

自然災害への対処は難しい

自然災害に対してのリスクマネジメントというのは、非常に難しいものです。
それは、発生する確率が低く、対象となる範囲が広いために備えておくのが困難ということもありますが、それ以外にも理由があります。

理由の一つとしては、リスク評価が困難という点です。
被害の発生確率が低く、その規模もバラバラですが被害が拡大しやすく、さらには周囲から損害を受ける可能性もあるため、そのリスクをどう評価するべきか判断し辛いのです。

また、発生頻度が低いためにリスクを認知することが困難であり、経験から推し測るということも難しいといえます。
かつて何度か起こった大地震による被害の大きさを見ても、備えが万全とは言い切れないことが明らかでしょう。

定期的に生じるものではないために、費用と効果のバランスを考えるのもむずかしいものがあります。
自然災害に対して、リスクマネジメントを万全に行うというのは難しいでしょうが、それでもなるべく備えておきましょう。

まとめ

自然災害に対するリスクマネジメントがしっかりとできている企業は、その企業価値を高める事にも繋がるでしょうが、実際に自然災害が起こった時の被害を見ると適切に行われていた企業は少ないだろうと推測されます。
自然災害リスクマネジメントは、企業の株主や取引先、顧客などのステークホルダーの利益にもつながるものなので、備えておくに越したことはありません。
難しいかもしれませんが、全く対策しないという訳にはいかないので、なるべく対策を怠らないようにしましょう。

用語集

リスクの眼鏡では、記事に関する用語など簡単に解説したページを開設しております。

用語集のページはこちらへ
 

関連記事

こんな記事も読まれています

株主代表訴訟制度とは?提訴請求に対して取るべき対応は?... 株主代表訴訟とは株主が会社のために、発起人・取締役・監査役・会計参与・執行役・清算人役員など役員に対...
介護の現場/サービス残業問題... 介護ビジネスは売上に比例してそれに対する費用も高くなる傾向があるため、要介護者が増えて売上が上がって...
年金制度が破綻するリスクは?少子高齢化による年金への不安... 企業や個人、そして年代を問わずに年金に対して漠然とした不安を多くの人が抱えています。 年金制度が破...
教育業界:学校における個人情報保護と情報セキュリティ... 学校で個人情報保護を行う必要性と、個人情報保護をすることでどのような利益をもたらすことになるかを全体...
ヒューマンエラーの発生要因... どのような事業であっても、必ずといっても起こりうるのがヒューマンエラーです。 ほんの些細なことから...

img_01 img_02 img_03 img_04 img_05 img_06 img_07
  1. 2019-5-24

    自然災害に対するリスクマネジメントの方法とは?

    自然災害はいつ起こるか分からず、またその確率もごくわずかですが、いざ起こった時には多大な被害をもたら…

プレミアム記事

  1. 自然災害はいつ起こるか分からず、またその確率もごくわずかですが、いざ起こった時には多大な被害をもたら…
  2. 会社に勤めるのではなく、個人事業主として仕事をしている人は意外と多いのですが、その個人事業主が突然死…
  3. これまで社会の発展の原動力となっていた団塊の世代が、次々に退職を迎える時代となっています。 そこで、…
  4. 会社を興すときは、法務局で登記をする必要があります。 その際に、定款というものを提出することになるの…
  5. 現代企業経営は非常に複雑化しており、難しくなっていると言えます。 続々と新しいサービスが登場し、海…
  6. IT化やボーダレス社会が進むとともに企業経営は非常に複雑化するようになりました。これまでの常識が通用…
  7. 現代において人材確保に困っていない企業はほとんどないように思います。 特に地方の中小・零細企業にな…
  8. キャッシュフロー経営という言葉をご存知でしょうか? 言葉の通り、キャッシュフローを意識した経営方針…
  9. 団塊の世代など、会社の発展に大きく貢献して来た世代が続々と定年を迎えています。そこで問題になるのが退…
  10. 特定の企業に所属せずに自ら契約を獲得し収入を得る個人事業主ですが、働き方改革の波を受けて今後も増加傾…

話題をチェック!

  1. 2019-5-24

    自然災害に対するリスクマネジメントの方法とは?

    自然災害はいつ起こるか分からず、またその確率もごくわずかですが、いざ起こった時には多大な被害をもたら…
  2. 2019-4-5

    定款の目的に定めていない事業は行えない?

    会社を興すときは、法務局で登記をする必要があります。 その際に、定款というものを提出することになるの…
  3. 2016-12-7

    リスクの多様化で倒産急増中!?危ない企業の見分け方とは?

    中小企業の場合、売上を多数上げることだけに躍起となってしまうと、足元のリスクに掬われてしまう可能性が…
  4. 2016-12-4

    業務が中断すれば倒産危機!運送業の経営管理はBCPが重要

    経営資源が利用できず業務が中断してしまえばどうなるでしょう。トラック輸送が機能しないということは、原…
  5. 2016-12-3

    マイナンバー制度のデメリットとは?倒産リスクを抱える?

    マイナンバー制度導入前に国税庁が把握していた法人事業所数と社会保険の加入法人事業所数の間には、約70…
ページ上部へ戻る