売掛金の回収トラブルにはどう対応するのか?

企業間の取引においては、売掛金での取引というのはよくあることです。
当然ながら、売掛金は回収しなければなりませんよね。
しかし、そこで時折、売掛金の回収に関するトラブルが発生することもあるのです。
では、売掛金の回収トラブルにはどのように対応すればいいのでしょうか?

売掛金の回収はどのようにして行われるか

それではまず、一般的な売掛金の回収方法から確認してみましょう。

売掛金を回収する際に、例えばお互いに売掛金や債権などを保有している場合は、それを相殺するという方法があります。
また、売掛金に対して担保が設定されている場合は、その担保を回収する事で売掛金を回収することもできるでしょう。
そういったものが無い場合は、いくつかの手順を踏んでいく事となります。

まず、相手方に資金力があり、話し合いでの解決が望めるようであれば、まずは交渉するところから始めます。
交渉する際は、あらかじめ支払いを督促する内容証明郵便を送っておけば、債務の遅滞として遅延損害金を得ることができます。

ただし、内容証明郵便を送った場合は、支払いに応じてもらえなければその請求のための裁判を6カ月以内に起こす必要があります。
合意が成立した場合、その金額や支払いの方法などを合意書にまとめ、後日公正証書を作成して下さい。

もしも支払い能力に不安がある場合は、担保等を設定することも可能となります。
交渉の結果が芳しくない場合は、強制執行の準備を進めることになります。
その時は、まず保全手続きとして相手方の財産などが散逸する事が無いように、仮差押命令を申し立てることを検討します。

仮差押命令は一方的な審理で発令できるのですが、その代わりに担保金の供託が必要となります。
しかし、申し立てが不当でなければ問題ないので、確実に強制執行で回収できるように保全手続きを進めた方がいいでしょう。

その後、金額によって民事訴訟や少額訴訟での債務名義の取得を行います。
略式の手続きとしては、相手方の同意が無くても可能な支払督促でも可能です。
そうして債務名義を取得しても、売掛金を回収できない場合は強制執行となります。
強制執行は、預金や他社への売掛債権を対象とした再建執行が一般的ですが、場合によっては不動産を差し押さえて回収する不動産執行や、動産を差し押さえる動産執行などもあります。

売掛金の回収が間に合わない場合は?

これまで、売掛金の回収方法についてご紹介してきましたが、上記のような方法では、回収するまでに時間がかかります。
資金繰りの関係で、すぐにでも売掛金を回収しなければ支払いが間に合わないという事もあるでしょう。
そういった時に便利なのが、売掛債権を対象としたファクタリングです。

ファクタリングは、債権の権利を譲渡することで、その額面の何割かの金額で債権を現金化することができます。
数日中には現金化が可能で、中には即日で現金化が可能な業者もあるため、急に資金が必要となった時にも便利な方法です。

ファクタリングにはいくつかの種類があるのですが、2社間ファクタリングという方法であれば、取引先にファクタリングを利用したという情報を知られることなく利用できます。
債権を譲渡するのですが、その回収については自分で行い、その金額をファクタリング業者へと入金するため、わざわざ知らせる必要がないのです。

注意点としては、本来の売掛金よりも受け取れる金額が減ってしまうという事です。
その為、あくまでも早急に資金が必要な場合にのみ、選択するようにした方がいいでしょう。

ちなみに、売掛金の回収が不可能となった場合の責任については、ファクタリング業者との契約内容によってどちらが負う事となるかが異なります。
契約の際は、その点もしっかりと確認しておきましょう。

まとめ

売掛金の回収トラブルは、事業を営む上で完全に避けるのは難しいリスクです。
もしもトラブルが発生した場合は、早期に解決できるよう取るべき手段をあらかじめ把握しておくことが必要となるでしょう。
また、売掛金の回収を待つことができない場合には、ファクタリングなどを利用して早期に現金化する方法もあります。
その際は、契約内容をしっかりと確認してから契約するようにしてください。

記事に関するご意見・ご要望をお聞かせ下さい。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

用語集

リスクの眼鏡では、記事に関する用語など簡単に解説したページを開設しております。

用語集のページはこちらへ
 

関連記事

こんな記事も読まれています

意外と見落としがちな商品構成が売上に与える影響とは?... 世の中に存在する全ての企業が商品やサービスを提供しています。 その商品やサービスの見直しってどれく...
小規模経営者は何故廃業してしまうのか?... 毎年多くの小規模企業の経営者が引退していますが、小規模企業の場合には経営者が企業のものの場合が多く、...
インターネットトラブルによる企業のダメージは?... 誰もが気軽に情報を発信でき、また、見ることのできるインターネットは、今や生活に欠かせないツールとなっ...
社内規程と議事録はなぜ必要か?... 社内規程はその社内のルール、議事録は会議内容の記録のことですが、それぞれの必要性や役割をしっかりと理...
長時間労働と労災認定との関係... 長時間労働などで労働者への負荷が慢性的になると、強いストレスで精神的疲労を抱え、うつ病など精神疾患を...

img_01 img_02 img_03 img_04 img_05 img_06 img_07
  1. 2019-5-24

    自然災害に対するリスクマネジメントの方法とは?

    自然災害はいつ起こるか分からず、またその確率もごくわずかですが、いざ起こった時には多大な被害をもたら…

プレミアム記事

  1. 自然災害はいつ起こるか分からず、またその確率もごくわずかですが、いざ起こった時には多大な被害をもたら…
  2. 会社に勤めるのではなく、個人事業主として仕事をしている人は意外と多いのですが、その個人事業主が突然死…
  3. これまで社会の発展の原動力となっていた団塊の世代が、次々に退職を迎える時代となっています。 そこで、…
  4. 会社を興すときは、法務局で登記をする必要があります。 その際に、定款というものを提出することになるの…
  5. 現代企業経営は非常に複雑化しており、難しくなっていると言えます。 続々と新しいサービスが登場し、海…
  6. IT化やボーダレス社会が進むとともに企業経営は非常に複雑化するようになりました。これまでの常識が通用…
  7. 現代において人材確保に困っていない企業はほとんどないように思います。 特に地方の中小・零細企業にな…
  8. キャッシュフロー経営という言葉をご存知でしょうか? 言葉の通り、キャッシュフローを意識した経営方針…
  9. 団塊の世代など、会社の発展に大きく貢献して来た世代が続々と定年を迎えています。そこで問題になるのが退…
  10. 特定の企業に所属せずに自ら契約を獲得し収入を得る個人事業主ですが、働き方改革の波を受けて今後も増加傾…

話題をチェック!

  1. 2019-5-24

    自然災害に対するリスクマネジメントの方法とは?

    自然災害はいつ起こるか分からず、またその確率もごくわずかですが、いざ起こった時には多大な被害をもたら…
  2. 2019-4-5

    定款の目的に定めていない事業は行えない?

    会社を興すときは、法務局で登記をする必要があります。 その際に、定款というものを提出することになるの…
  3. 2016-12-7

    リスクの多様化で倒産急増中!?危ない企業の見分け方とは?

    中小企業の場合、売上を多数上げることだけに躍起となってしまうと、足元のリスクに掬われてしまう可能性が…
  4. 2016-12-4

    業務が中断すれば倒産危機!運送業の経営管理はBCPが重要

    経営資源が利用できず業務が中断してしまえばどうなるでしょう。トラック輸送が機能しないということは、原…
  5. 2016-12-3

    マイナンバー制度のデメリットとは?倒産リスクを抱える?

    マイナンバー制度導入前に国税庁が把握していた法人事業所数と社会保険の加入法人事業所数の間には、約70…
ページ上部へ戻る