経営層はサイバーセキュリティの重要性の理解が大事!

企業にとって、サイバーリスクに備えたセキュリティを構築していくことは必要不可欠ですが、経営層の中にはその重要性を理解していない人も少なくありません。
少なからず予算が必要なサイバーセキュリティの重要性を理解してもらわなければ、対策を進めていくのも難しいでしょう。
重要性について、どのように理解してもらえばいいのでしょうか?

経営層の考え

日本の経営層は、欧米諸国と比較してサイバーセキュリティへの関心が薄いといわれていることをご存知でしょうか?
実際に、どのくらい関心があるのか、関連するアンケート結果から考えてみましょう。

欧米諸国では、サイバーセキュリティ対策として情報セキュリティ最高責任者となるCISOという役職を設置する企業が増えつつあります。
それに関連した実態調査として、企業へのアンケートが行われています。

アンケートでは、まず情報セキュリティについて会議などを行っているかという問いに対して、日本の企業では約58%が会議を行っていると回答しています。
これは、米国の83%、欧州の72%と比較しても低い結果となっています。

また、情報セキュリティの最高責任者の設置状況についても、日本では専任として設置している企業が約28%、検認として設置しているのが約35%となっています。
米国では79%が専任、16%が兼任として設置していて、欧州でも67%が専任、18%が兼任として設置している状況と比較してみると、まだまだ設置が進んでいるとはいえないでしょう。

この結果からも、経営層がサイバーセキュリティを重要視しているケースはまだまだ少ないことがわかります。
それでは、その重要性を知ってもらうにはどうしたらいいのでしょうか?

重要性を伝えるために

企業の経営層にサイバーセキュリティの重要性を伝えるために、経済産業省とIPAが策定したサイバーセキュリティ経営ガイドラインというものがあります。
これは、経営者が先頭に立ってサイバーセキュリティを推進していくことを前提としているものなので、重要性を理解してもらうにはちょうどいいでしょう。

ガイドラインに書かれているのは、経営者が認識するべき3原則と、経営者からセキュリティ責任者へと指示をする必要がある重要な項目10個についてです。
まずはそれがどのようなものかを理解してもらいましょう。

セキュリティというのはどうしても、攻撃してくる側に対処することになるので、後手に回ってしまいます。
だからこそ、事前に備えておき迅速に対応できるようにしておくことが重要なのです。

そのためには、対策に必要となる人員や予算を確保しなくてはいけないのですが、経営層に一から説明して確保するというのは大変です。
しかし、経営層が主導して行うのであれば、その予算計上などもスムーズにいくようになります。

今後、サイバー攻撃はますます激しくなっていくと考えられます。
企業はそれに対応できるような体制づくりを進めていかなくてはいけないのですが、一朝一夕にできるものではありません。

その内容によっては、会社の経営が困難になる場合もあるので、備えをしておくことは非常に大切となります。
そのためには、経営層がしっかりとリスクを理解して主導的に対策を勧めるように、理解を促していくことが重要となるでしょう。

まとめ

企業が対策を講じる時、経営層にその重要性を理解してもらう必要があります。
日本の企業では、欧米諸国と比較してその必要性について理解していない企業も少なくないので、まずはその重要性を伝えるところから始めなくてはいけません。
そのためには、ガイドラインを見てもらうことで経営層を主導的な立場にしてしまうのが最もわかりやすいかと思います。
そのためにも、まずは理解を促すところから始めましょう。

用語集

リスクの眼鏡では、記事に関する用語など簡単に解説したページを開設しております。

用語集のページはこちらへ
 

関連記事

こんな記事も読まれています

より良い雇用環境を作るために助成金をうまく活用しよう... 人材確保が厳しい現代において従業員の離職率を下げることや、生産性をアップさせることは非常に重要な取り...
経済リスク/原料・資材の高騰... 2017年に入ってからタイヤの原材料の天然ゴムや石油化学製品価格が高騰していることから、6月にタイヤ...
倒産と破産の違いとは?それぞれの意味について... 不景気に長い間悩まされていた日本ですが、最近では景気が上向きとなってきたこともあって、以前よりも倒産...
情報漏洩で企業が受けるダメージは?... 近年、情報漏洩対策が重要性を増すことで世間的にも認識が高まっています。企業や団体を中心として、情報漏...
介護離職は40~50代に多い!今後避けるための知恵とは?... いつ何がきっかけで親や家族が要介護状態になるかは誰にもわかりません。 厚生労働省の調査では、介護で...

img_01 img_02 img_03 img_04 img_05 img_06 img_07
  1. 2019-5-24

    自然災害に対するリスクマネジメントの方法とは?

    自然災害はいつ起こるか分からず、またその確率もごくわずかですが、いざ起こった時には多大な被害をもたら…

プレミアム記事

  1. 自然災害はいつ起こるか分からず、またその確率もごくわずかですが、いざ起こった時には多大な被害をもたら…
  2. 会社に勤めるのではなく、個人事業主として仕事をしている人は意外と多いのですが、その個人事業主が突然死…
  3. これまで社会の発展の原動力となっていた団塊の世代が、次々に退職を迎える時代となっています。 そこで、…
  4. 会社を興すときは、法務局で登記をする必要があります。 その際に、定款というものを提出することになるの…
  5. 現代企業経営は非常に複雑化しており、難しくなっていると言えます。 続々と新しいサービスが登場し、海…
  6. IT化やボーダレス社会が進むとともに企業経営は非常に複雑化するようになりました。これまでの常識が通用…
  7. 現代において人材確保に困っていない企業はほとんどないように思います。 特に地方の中小・零細企業にな…
  8. キャッシュフロー経営という言葉をご存知でしょうか? 言葉の通り、キャッシュフローを意識した経営方針…
  9. 団塊の世代など、会社の発展に大きく貢献して来た世代が続々と定年を迎えています。そこで問題になるのが退…
  10. 特定の企業に所属せずに自ら契約を獲得し収入を得る個人事業主ですが、働き方改革の波を受けて今後も増加傾…

話題をチェック!

  1. 2019-5-24

    自然災害に対するリスクマネジメントの方法とは?

    自然災害はいつ起こるか分からず、またその確率もごくわずかですが、いざ起こった時には多大な被害をもたら…
  2. 2019-4-5

    定款の目的に定めていない事業は行えない?

    会社を興すときは、法務局で登記をする必要があります。 その際に、定款というものを提出することになるの…
  3. 2016-12-7

    リスクの多様化で倒産急増中!?危ない企業の見分け方とは?

    中小企業の場合、売上を多数上げることだけに躍起となってしまうと、足元のリスクに掬われてしまう可能性が…
  4. 2016-12-4

    業務が中断すれば倒産危機!運送業の経営管理はBCPが重要

    経営資源が利用できず業務が中断してしまえばどうなるでしょう。トラック輸送が機能しないということは、原…
  5. 2016-12-3

    マイナンバー制度のデメリットとは?倒産リスクを抱える?

    マイナンバー制度導入前に国税庁が把握していた法人事業所数と社会保険の加入法人事業所数の間には、約70…
ページ上部へ戻る