健康経営/健康管理を怠った場合の企業リスク

企業は従業員を雇う以上、健康維持ができる労働環境を整備していくことが必要です。従業員の健康管理を積極的に取り組みとして取り入れることは、欠勤率の低下や労働意欲の向上など様々なメリットを享受することができると言えます。
しかし反対に取り組まず健康管理を怠った場合、企業はどのようなリスクを背負うことになるのか理解しておきましょう。


従業員の健康に対する意識を高めるために
現在企業が従業員の健康に配慮し、戦略的に健康管理を実践する「健康経営」が注目されています。従業員が健康維持できることで生産性を向上させることや医療費などの削減、企業イメージの向上により業績を高めることに繋げることが目的です。
この健康経営に積極的に取り組んでいる企業と、まだ取り組んでいない企業を比較した場合、従業員の健康に対する意識に違いが出てきます。
健康経営に取り組む企業では従業員の健康状態の確認や情報提供がしっかりと行われていますので、従業員も自然に健康に対する意識が高まりやすい状況となります。
健康への意識が低いことで生産性を低下させる?
血圧や体調などを定期的に確認する習慣があることで、従業員自身が体調変化や不調に気が付きやすくなり、悪いところがあれば早期に治療するなどで健康を維持していくことができます。
しかし健康管理ができていないと早期の疾患の発見に遅れ、病状が悪化してから気が付くことで結果治療に時間がかかり入院という状況となり、仕事も長期に渡り欠勤する必要が出てくることもあるでしょう。
企業としては人員不足のリスクを抱えることになり、結果として生産性を低下させることになります。
病状悪化すれば欠勤も長期に渡ることに
現役世代の中でも特に働き盛りの世代は無理をしてしまいがちな傾向が強く、部下と上司の間に立たされていることで仕事も休みにくい状況であることが多いようです。
早期に発見すれば重篤な状況を防げた脳疾患や心疾患の発見が遅れる可能性や、不規則な生活が続くことで生活習慣病を患うこともあるかもしれません。
また過度なストレスを抱えれば心疾患など患うリスクが高まるため、企業が健康管理できる環境を整備することが必要です。
知識や技術が十分に備わった従業員が仕事を続けられない状況に陥ることは、企業にとっても労働力低下や技術力低下というリスクを抱えることになります。
適正な健康管理でコミュニケーションも円滑に
従業員の心身への健康管理を適正に行うためには、働く人同士がしっかりコミュニケーションを取れることが必要です。
コミュニケーションが円滑に取れていることは社内の風通しを良くすることにも繋がりますので、仕事の悩みやストレスなどについても誰かに相談しやすい環境を生むこともできるでしょう。
上司や同僚との会話が増えることはメンタル部分での健康維持にも繋がると考えられます。
企業は従業員の健康管理を組織的戦略として取り入れ、働きやすい環境を整備することを考えて行く必要があるでしょう。

記事に関するご意見・ご要望をお聞かせ下さい。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新の記事

用語集

リスクの眼鏡では、記事に関する用語など簡単に解説したページを開設しております。

用語集のページはこちらへ
 

関連記事

こんな記事も読まれています

海外拠点の移転時の失敗!海外展開ビジネスリスク... 海外進出を進める日本企業が年々増えています。 その背景には日本国内のあらゆる業種が成熟期をむかえ厳...
マイナンバー漏洩のリスクに注意!流失したら罰則はある?... マイナンバーは国民一人ひとりに割り振られた番号です。税、社会保障、災害対策など行政手続きに使われる番...
名誉毀損で刑事告訴?増加する誹謗中傷の書込みへの対応は?... インターネットの普及に置いて、企業に対しての誹謗中傷の書き込みなどが匿名掲示板やブログなどに掲載され...
不測の事故に備えた経営がなぜ今重要視されているのか?... 「不測の事故に備えた経営」は現代において非常に重要です。 不測の事故への備えは言い換えればリスクマ...
教育業界:教材の著作権に関する問題は教育機関の大きなリスクに... 現在教育分野では情報通信技術を活用する方法が多く取り入れられるようになっています。しかしここで問題と...

img_01 img_02 img_03 img_04 img_05 img_06 img_07
  1. 2019-5-24

    自然災害に対するリスクマネジメントの方法とは?

    自然災害はいつ起こるか分からず、またその確率もごくわずかですが、いざ起こった時には多大な被害をもたら…

プレミアム記事

  1. 自然災害はいつ起こるか分からず、またその確率もごくわずかですが、いざ起こった時には多大な被害をもたら…
  2. 会社に勤めるのではなく、個人事業主として仕事をしている人は意外と多いのですが、その個人事業主が突然死…
  3. これまで社会の発展の原動力となっていた団塊の世代が、次々に退職を迎える時代となっています。 そこで、…
  4. 会社を興すときは、法務局で登記をする必要があります。 その際に、定款というものを提出することになるの…
  5. 現代企業経営は非常に複雑化しており、難しくなっていると言えます。 続々と新しいサービスが登場し、海…
  6. IT化やボーダレス社会が進むとともに企業経営は非常に複雑化するようになりました。これまでの常識が通用…
  7. 現代において人材確保に困っていない企業はほとんどないように思います。 特に地方の中小・零細企業にな…
  8. キャッシュフロー経営という言葉をご存知でしょうか? 言葉の通り、キャッシュフローを意識した経営方針…
  9. 団塊の世代など、会社の発展に大きく貢献して来た世代が続々と定年を迎えています。そこで問題になるのが退…
  10. 特定の企業に所属せずに自ら契約を獲得し収入を得る個人事業主ですが、働き方改革の波を受けて今後も増加傾…

話題をチェック!

  1. 2019-5-24

    自然災害に対するリスクマネジメントの方法とは?

    自然災害はいつ起こるか分からず、またその確率もごくわずかですが、いざ起こった時には多大な被害をもたら…
  2. 2019-4-5

    定款の目的に定めていない事業は行えない?

    会社を興すときは、法務局で登記をする必要があります。 その際に、定款というものを提出することになるの…
  3. 2016-12-7

    リスクの多様化で倒産急増中!?危ない企業の見分け方とは?

    中小企業の場合、売上を多数上げることだけに躍起となってしまうと、足元のリスクに掬われてしまう可能性が…
  4. 2016-12-4

    業務が中断すれば倒産危機!運送業の経営管理はBCPが重要

    経営資源が利用できず業務が中断してしまえばどうなるでしょう。トラック輸送が機能しないということは、原…
  5. 2016-12-3

    マイナンバー制度のデメリットとは?倒産リスクを抱える?

    マイナンバー制度導入前に国税庁が把握していた法人事業所数と社会保険の加入法人事業所数の間には、約70…
ページ上部へ戻る