会社の経営コスト削減はどのように行うべきかを徹底解説

会社経営は利益を出し続けなれば存続することができません。
そのためには売り上げを伸ばすか、販管費を減らすかの2つしか方法がありません。
そこで今回は会社の経営コストをどのように削減するかについて解説させて頂きます。

PLを見る習慣をつけましょう

会社の経費削減するためには、そもそもその数字を見る習慣をつけましょう。
経営者の方でも売り上げと利益はだいたいわかっていても、販管費の内訳は意外と把握できていないケースがあります。
おそらく細かい部分は部長などに管理職に任しているのだと思いますが、それでも定期的なチェックは必要です。
人件費や広告費、地代などは販管費の中でも大きな割合を占めがちですから、まずはそこからチェックするようにしましょう。
例えば、人件費が削減できるかどうかを考えるには生産性を計算して見るといいでしょう。
要するに、従業員一人一人がどれほど利益に貢献できているかを把握できれば、
人件費が適正かは把握することができます。
また、給料の3倍稼げとよく言われますが、従業員一人当たりの生産性(稼ぐ利益額)が給料の3倍以下の場合は、会社として利益が出にくい状況だからです。実際は、それぞれの企業に原価率や広告費率・人件費率などがあると思いますので、その目標値に対して現状がどのような比率になっているのかを確認することも効果的でしょう。

CPOの把握はできていますか?

また、中小企業に多いのは広告宣伝費が異常に高いケースです。
要するに、広告宣伝費が経費を圧迫していることがよくあるのです。
このような状況が起きてしまうのは、おそらく広告というものを扱ったことが少なく、外注先に任せっきりになってしまっているからです。
広告を外注化することは決して悪くありません。
しかし、効果測定だけはしっかり行わなければなりません。
CPOという言葉をきいてことがあるでしょうか?
これはコストパーオーダーの略称で、問い合わせまたは受注1件あたりの獲得コストを意味します。
すべての商品やサービスには原価が存在します。そして売り上げから原価を引いたものが粗利です。
この粗利よりもCPOは常に小さくなくてはいけません。
ちなみに原価には、単なる商品の原価と、実際それを販売するために毎回発生する人件費なども考慮した原価があります。

このように経費の削減を行うにはまず数字を見る習慣をつけなければなりません。決算書とにらめっこして何か疑問に思うことがあれば、片っ端から潰していきましょう。

記事に関するご意見・ご要望をお聞かせ下さい。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

 

関連記事

こんな記事も読まれています

事故によるリスク/コンピューターウィルスの感染... 会社のパソコンがウィルス感染による情報漏えいを起こしてしまったら、顧客や取引先に多大な迷惑をかけるだ...
中小企業はキャッシュフローが大事?... 中小企業や起業したばかりの企業は、手元のキャッシュにこだわる経営が必要になります。帳簿で確認すると利...
会社の生産性を上げたい方へ!業績給の導入を検討しよう... 日本の企業は世界的に見ても一人当たりの生産性は低い水準にあります。 つまり、長い労働時間の割に生み...
教育の重要性は企業経営においてどれほどあるのか?... 従業員の教育は多くの企業が苦戦している印象です。 しかし、今教育の重要性が存在感を増してきているこ...
チームワークが分担作業よりも好結果を生み出す理由とは?... 人間一人の力には限界があります。 会社経営にも同じことが言え、会社の規模を大きくするには一人ですべ...

img_01 img_02 img_03 img_04 img_05 img_06 img_07
  1. 2018-1-31

    企業経営においてマーケティングをする必要性は?

    現代企業経営は非常に複雑化しており、難しくなっていると言えます。 続々と新しいサービスが登場し、海…

プレミアム記事

  1. 現代企業経営は非常に複雑化しており、難しくなっていると言えます。 続々と新しいサービスが登場し、海…
  2. IT化やボーダレス社会が進むとともに企業経営は非常に複雑化するようになりました。これまでの常識が通用…
  3. 現代において人材確保に困っていない企業はほとんどないように思います。 特に地方の中小・零細企業にな…
  4. キャッシュフロー経営という言葉をご存知でしょうか? 言葉の通り、キャッシュフローを意識した経営方針…
  5. 団塊の世代など、会社の発展に大きく貢献して来た世代が続々と定年を迎えています。そこで問題になるのが退…
  6. 特定の企業に所属せずに自ら契約を獲得し収入を得る個人事業主ですが、働き方改革の波を受けて今後も増加傾…
  7. 役員が退職する際に支払われる役員退職金について、どれほどの理解があるでしょうか?役員退職金は通常の従…
  8. 中小企業の場合、売上を多数上げることだけに躍起となってしまうと、足元のリスクに掬われてしまう可能性が…
  9. 経営資源が利用できず業務が中断してしまえばどうなるでしょう。トラック輸送が機能しないということは、原…
  10. マイナンバー制度導入前に国税庁が把握していた法人事業所数と社会保険の加入法人事業所数の間には、約70…

話題をチェック!

  1. 2016-12-7

    リスクの多様化で倒産急増中!?危ない企業の見分け方とは?

    中小企業の場合、売上を多数上げることだけに躍起となってしまうと、足元のリスクに掬われてしまう可能性が…
  2. 2016-12-4

    業務が中断すれば倒産危機!運送業の経営管理はBCPが重要

    経営資源が利用できず業務が中断してしまえばどうなるでしょう。トラック輸送が機能しないということは、原…
  3. 2016-12-3

    マイナンバー制度のデメリットとは?倒産リスクを抱える?

    マイナンバー制度導入前に国税庁が把握していた法人事業所数と社会保険の加入法人事業所数の間には、約70…
  4. 2016-11-29

    地震災害による機械製造業のリスクとは?保険での備えを

    もしも大規模地震が突発的に発生して広い範囲で震度6強が観測されたとします。機械製造業の場合には、工場…
  5. 2016-11-27

    会社が倒産したら役員は責任を負うことになる?

    地震が頻発している中で、もしも大地震が発生すれば受注先や取引先とのルートが途絶え収益に影響が出て事業…
ページ上部へ戻る