商品をブランドに変えていくためにどのようなことを考えていくべきか?

現代はあらゆる業種業態、商品・サービスにおいて同質化が進み、価格競争が起きています。
そのような状況の中、会社を存続させるには商品を磨き込み、他社と差別化を行っていかなければなりません。
そこで今回は商品を単なる商品ではなく、会社を代表するブランドにまで変えていくためにどのようなことが必要かについて解説させて頂きます。

商品力はマーケティングにおいて最も重要

マーケティングにおいて商品力は最も重要だといえます。
商品力が高い商品は広告宣伝費を使わずとも選ばれるものです。
だからこそ、マーケティングの真髄は商品力を高めることにあります。
しかし、実際に他者が全く追いつけないような圧倒的な商品力を持ち続けることは多くの場合難しく、最初は商品力が高くても、すぐに真似をされ、より安い価格で同質の商品が登場することで結果的に商品力が低下してしまうことが多くあります。
しかし、そのような難しい状況の中でも高い商品力を継続し、その企業を代表するブランドまで昇華しているケースもあります。
例えば、iPhoneやMacを製造しているappleは新商品が登場する度に徹夜で行列を作る熱狂的なファンがたくさんいます。

商品力をどのように高めるか?

Appleを例にあげると、それはappleだからできるんだとマイナスに考えてしまう方も多いかもしれません。
しかし、当たり前ですがappleも最初は小さな会社でした。その時から少しずつファンを増やし、現代に至っているのです。
つまり、どの企業でもappleの規模までは行かなくても、自社の周辺にいる人を熱狂的ファンに変えることはできるかもしれません。
そのために必要なことは、会社のコンセプトやミッションを商品に反映することです。
商品をブランドに昇華させるには、一貫性が必要です。
Apple社の製品が常にシンプルでいてカッコいいように、あなたの会社の商品といえば◯◯、を作る必要があります。
このコンセプトやミッションに共感する顧客に徹底的に喜んでもらえる商品を製造し続けることが結果的に企業ブランドへとつながります。

もし、現在あなたの会社にコンセプトやミッションがないならそれを考えることから始めなければなりません。
企業経営を通して何を実現したいのか、顧客にとってどんな存在でいたいのか、などを言葉化し、それを伝えるツールとして商品開発を行うようにしましょう。
それを継続することであなたの会社の商品のファンは増え、ブランドへと変化していくでしょう。

記事に関するご意見・ご要望をお聞かせ下さい。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

 

関連記事

こんな記事も読まれています

経営者が知っておくべき使用者責任と運行供用者責任とは?... 務内で自動車を使う場合、従業員は常に事故と隣り合わせともいえます。 では、実際事故を起こしてしまっ...
PL法とは?欠陥製品の責任は誰が負う?... PL法は正式名称を「製造物責任法」と言い、製品に欠陥があった場合業者の特殊な責任について定めた法律で...
事業承継/M&A対策が必要な意味... 上手くM&Aを活用することができれば、会社は企業の金銭的価値を高めることができる傾向がありま...
「ヒューマンエラー」が企業経営にとって深刻な理由... ヒューマンエラーは日本語に訳すと「人為的間違い」という意味になります。 システムで定義された許容限...
地震が発生した場合の従業員の帰宅に対する対応  ...   地震により起こりうる様々なリスク 熊本の震災が最近では記憶に新しいですが、近年日本...

img_01 img_02 img_03 img_04 img_05 img_06 img_07
  1. 2018-1-31

    企業経営においてマーケティングをする必要性は?

    現代企業経営は非常に複雑化しており、難しくなっていると言えます。 続々と新しいサービスが登場し、海…

プレミアム記事

  1. 現代企業経営は非常に複雑化しており、難しくなっていると言えます。 続々と新しいサービスが登場し、海…
  2. IT化やボーダレス社会が進むとともに企業経営は非常に複雑化するようになりました。これまでの常識が通用…
  3. 現代において人材確保に困っていない企業はほとんどないように思います。 特に地方の中小・零細企業にな…
  4. キャッシュフロー経営という言葉をご存知でしょうか? 言葉の通り、キャッシュフローを意識した経営方針…
  5. 団塊の世代など、会社の発展に大きく貢献して来た世代が続々と定年を迎えています。そこで問題になるのが退…
  6. 特定の企業に所属せずに自ら契約を獲得し収入を得る個人事業主ですが、働き方改革の波を受けて今後も増加傾…
  7. 役員が退職する際に支払われる役員退職金について、どれほどの理解があるでしょうか?役員退職金は通常の従…
  8. 中小企業の場合、売上を多数上げることだけに躍起となってしまうと、足元のリスクに掬われてしまう可能性が…
  9. 経営資源が利用できず業務が中断してしまえばどうなるでしょう。トラック輸送が機能しないということは、原…
  10. マイナンバー制度導入前に国税庁が把握していた法人事業所数と社会保険の加入法人事業所数の間には、約70…

話題をチェック!

  1. 2016-12-7

    リスクの多様化で倒産急増中!?危ない企業の見分け方とは?

    中小企業の場合、売上を多数上げることだけに躍起となってしまうと、足元のリスクに掬われてしまう可能性が…
  2. 2016-12-4

    業務が中断すれば倒産危機!運送業の経営管理はBCPが重要

    経営資源が利用できず業務が中断してしまえばどうなるでしょう。トラック輸送が機能しないということは、原…
  3. 2016-12-3

    マイナンバー制度のデメリットとは?倒産リスクを抱える?

    マイナンバー制度導入前に国税庁が把握していた法人事業所数と社会保険の加入法人事業所数の間には、約70…
  4. 2016-11-29

    地震災害による機械製造業のリスクとは?保険での備えを

    もしも大規模地震が突発的に発生して広い範囲で震度6強が観測されたとします。機械製造業の場合には、工場…
  5. 2016-11-27

    会社が倒産したら役員は責任を負うことになる?

    地震が頻発している中で、もしも大地震が発生すれば受注先や取引先とのルートが途絶え収益に影響が出て事業…
ページ上部へ戻る