中小企業にとって顧問弁護士は必要か?

OZPA_maiine_TP_V4

一昔前は義理人情のビジネスでも成り立っていましたが、近年ではコンプライアンスの重要性が高くなり法律を使いこなす事が必要になっています。
大企業から依頼を受けた弁護士は労働者や顧客(消費者)に対しては法的な保護政策を利用しつつ、労働者や顧客に依頼を受ければ中小企業に対して未払い賃金や損害賠償などの金銭要求を行っています。
中小企業でも弁護士を味方につけたいところですが、行政からも手助けしてもらえない状況の中、弁護士の絶対数も少ない事で法的な攻撃を受けても誰にも頼る事ができない可能性があります。


中小企業で法務部を設置する事は現実的?
ビジネスを行うにあたり様々な法律を守ることが必要でありながらも、経営者がそれらの法律をすべて完ぺきに理解しておく事は難しいでしょう。
法律は常に同じ状態ではなく変更なども行われますので、仮に法令違反をしていても知りませんでしたでは済まされません。そのため大企業などは法務部などを設け、事業活動を行う上で法令違反をしない細心の注意を払っています。
仮に法令違反があった場合、不祥事となって取引先や顧客などから信用を失うリスクは大企業よりも体力が低い中小企業の方が大きいと言えます。しかし現実的に見て法務部の設置などは難しい状況だと考えられるでしょう。

 
法務部のアウトソーシングを可能にする方法とは?
このような場合、ビジネスにおいて予想できる様々なリスクや法的トラブルに対応できる手段が顧問弁護士の活用です。
弁護士と顧問契約を締結する事により、外部委託によって法務部を設ける事ができると言えるでしょう。日頃のリスクマネジメントや万一のトラブル発生時の対応など、顧問弁護士と契約する事は大きなメリットになるとも考えられるでしょう。

 
顧問弁護士には何を相談すれば良い?
中小企業にとって法的攻撃を受けた際に弁護士と契約する事は備えとして必要です。しかし弁護士に顧問になってもらっても、実際には何を相談して良いかわからないという経営者もいるでしょう。
この場合、ビジネスや経営において抱える事の多い問題は何かを考えて行くとわかりやすいと言えます。例えば次のような事で問題を抱えていないかを確認してみましょう。
・従業員とのトラブルなど「人的な問題」
・商品やサービスに不具合などがあった時のリスクヘッジなど「モノの問題」
・回収不能に陥るなど金銭の問題
・企業秘密やノウハウなどが漏えいするための防止策など「情報の問題」

 
ビジネスに専念するためにも・・・
顧問弁護士を味方につける事は、経営において起きるトラブルを解決できるという安心感に加えて、ビジネスが円滑に進むための相談ができるというメリットもあります。
顧客からのクレーム、従業員の不祥事、理解できない契約書、取引先からの要求など、色々な法的問題を弁護士に任せる事ができれば、経営者はビジネスに専念して業績を向上させる事に意識を注ぐ事もできるでしょう。

最新の記事

関連記事

img_01 img_02 img_03 img_04 img_05 img_06 img_07
  1. 0021

    2016-12-7

    リスクの多様化で倒産急増中!?危ない企業の見分け方とは?

    中小企業の場合、売上を多数上げることだけに躍起となってしまうと、足元のリスクに掬われてしまう可能性が…

ピックアップ記事

  1. 0021
    中小企業の場合、売上を多数上げることだけに躍起となってしまうと、足元のリスクに掬われてしまう可能性が…
  2. 6600ccbc30f654464dd4e4ec37d09445_s
    経営資源が利用できず業務が中断してしまえばどうなるでしょう。トラック輸送が機能しないということは、原…
  3. 3e89e46ecdfec52624a5c46c42f28a5f_s
    マイナンバー制度導入前に国税庁が把握していた法人事業所数と社会保険の加入法人事業所数の間には、約70…
  4. 6de15d75a35569cf0bddb9321238ade1_s
    もしも大規模地震が突発的に発生して広い範囲で震度6強が観測されたとします。機械製造業の場合には、工場…
  5. 054
    地震が頻発している中で、もしも大地震が発生すれば受注先や取引先とのルートが途絶え収益に影響が出て事業…
  6. 021
    マイナンバーは国民一人ひとりに割り振られた番号です。税、社会保障、災害対策など行政手続きに使われる番…
  7. 21d1f074051f1ad6eeb2371794bf75c5_s
    企業や個人、そして年代を問わずに年金に対して漠然とした不安を多くの人が抱えています。 年金制度が破…
  8. 5c9bae65656a44f69631d657e4c1de79_s
    個人情報保護に関しての考え方や方針に関する宣言とも言えるものがプライバシーポリシーです。 個人情報…
  9. 15c9339bfaca9d5f58dc98a506def579_s
    会社の組織や運営について根本規則を定めたものが定款ですが、定款の記載事項には1つでも記載がないと無効…
  10. 53b3a0ae8bbf4ffe6902ddb31a2d881f_s
    PL法は正式名称を「製造物責任法」と言い、製品に欠陥があった場合業者の特殊な責任について定めた法律で…

話題をチェック!

  1. 0021

    2016-12-7

    リスクの多様化で倒産急増中!?危ない企業の見分け方とは?

    中小企業の場合、売上を多数上げることだけに躍起となってしまうと、足元のリスクに掬われてしまう可能性が…
  2. 6600ccbc30f654464dd4e4ec37d09445_s

    2016-12-4

    業務が中断すれば倒産危機!運送業の経営管理はBCPが重要

    経営資源が利用できず業務が中断してしまえばどうなるでしょう。トラック輸送が機能しないということは、原…
  3. 3e89e46ecdfec52624a5c46c42f28a5f_s

    2016-12-3

    マイナンバー制度のデメリットとは?倒産リスクを抱える?

    マイナンバー制度導入前に国税庁が把握していた法人事業所数と社会保険の加入法人事業所数の間には、約70…
  4. 6de15d75a35569cf0bddb9321238ade1_s

    2016-11-29

    地震災害による機械製造業のリスクとは?保険での備えを

    もしも大規模地震が突発的に発生して広い範囲で震度6強が観測されたとします。機械製造業の場合には、工場…
  5. 054

    2016-11-27

    会社が倒産したら役員は責任を負うことになる?

    地震が頻発している中で、もしも大地震が発生すれば受注先や取引先とのルートが途絶え収益に影響が出て事業…
ページ上部へ戻る