勤怠管理はなぜ必要なのか?

会社は働く従業員に対して、労働状況に見合う対価を給与として支払う必要があります。そのためにはしっかりと勤怠管理を行う事が大切ですが、近年ではコンプライアンスなどの関係から重要性が増している状況です。
勤怠管理をしっかり行うことが従業員の働きやすい環境にも繋がりますので、必要性について確認していく様にしましょう。


勤怠管理がずさんだと適正な給与が支払われなくなる
近年ではメディアなどを賑わせるブラック企業問題など、労働基準法に違反する労働時間は厳しい取り締まりに遭います。その様な事の無い様に、従業員の労働時間が規定を超えない様に管理していきましょう。
ずさんな勤怠管理は労働に対する評価も出来なくなるので、従業員に適正な給与が支払えなくなります。
ブラック企業に認定されれば・・・?
もし勤怠管理を行っていなかったらどの様に給与計算を行うのでしょう。勤務時間や遅刻・早退、欠勤、残業した時間など、色々な要素を考慮しながら給与計算を行いますので、正確な情報が得られない事で正しい給与が算出できません。
特に残業時間が正しくカウントされていない事でブラック企業に認定されれば、会社のイメージは低下し、取引先や従業員からの信頼を失うだけでなく、社会的な信用も失います。
反対に従業員が給与をもらいすぎているケースもある
また、労働時間に見合う給与が支払われる必要があるという事は、従業員が給与をもらいすぎる事態を防ぐ事にも繋がると考えられます。
本来の労働時間より長く働いていると判断してしまい、給与を多く支払ってしまうケースもあるかもしれません。
長時間労働で従業員は疲労が溜まっているかも?
労働時間としてカウントされる・されないは別として、長時間労働はいずれにしても従業員の肉体や精神を疲れさせます。健全な心身で働いてもらう事が、会社の業績に貢献してもらう事に繋がると言えるでしょう。
従業員の労働時間を管理し、長く働き過ぎていないかなどを確認する上でも、勤怠管理は重要です。
なるべく効率的な勤怠管理を
勤怠管理の重要性が理解できたとしても、不必要に時間や人件費をかける事は会社の負担になります。
効率的に勤怠管理を行うには、一般的な手書きの出勤簿やタイムカードを導入するという方法以外に、勤怠管理システムを導入するといったIT化なども可能です。
コストの負担が大きいと思うかもしれませんが、時間や手間を考えると反対にコスト削減に繋がる可能性もありますし、法改正にも対応できるといったメリットがあります。
また、データを蓄積できるという部分でも経営の効率化の支援になる可能性がありますので、検討してみると良いでしょう。

You may also like

最新の記事

用語集

リスクの眼鏡では、記事に関する用語など簡単に解説したページを開設しております。

用語集のページはこちらへ
 

関連記事

話題をチェック!

  1. 2020-7-22

    定款を作成するメリットと作成しないデメリット

  2. 2019-5-24

    自然災害に対するリスクマネジメントの方法とは?

  3. 2016-12-7

    リスクの多様化で倒産急増中!?危ない企業の見分け方とは?

  4. 2016-12-4

    業務が中断すれば倒産危機!運送業の経営管理はBCPが重要

  5. 2016-12-3

    マイナンバー制度のデメリットとは?倒産リスクを抱える?

ページ上部へ戻る