放射能など環境汚染へのリスクを回避するためには?

多発する様々な災害は放射能リスクと無縁というわけにはいられない状況と言えます。

原子炉は地方だけでなく首都圏にも存在しており、例えば神奈川県川崎市浮島には東芝原子力技術研究所などがあります。

多くの実験炉は東日本大震災の後解体されていますが、一部はまだ稼動している状態です。

もしもまた地震が発生したら?

今後M7レベルの地震が30年以内に発生する確率は、内閣府によると約70%と発表されています。

浮島は埋立地なのでハザードマップでも水没地域ですし、液状化現象を起こすという心配もあります。

他にも放射能のリスクが高いと考えられる場所は次のような場所です。

・神奈川県川崎市、横須賀市
放射能関連企業や研究所が中秋している場所のため

・群馬県榛名湖周辺
高水準の放射線が観測されているため

・茨城県成田町
高速実験炉「常陽」が設置されているため

工場などからの汚染は?

放射能に対するリスクも心配ですし、工場などを所有している企業は環境汚染という問題にも取り組む必要があります。

震災以降、放射線での環境汚染だけでなく、ダイオキシン問題なども過去にはありました。

工場や施設からの汚染は少しずつ蓄積されるため、年月が経過してから環境汚染が認知されると言う場合もあります。

時間差という問題によって、リスクヘッジが困難ですしどう対応するかによって企業の信用問題を大きく左右します。

今できるリスクヘッジとは?

ただし環境汚染というリスクを回避することは実際なかなか困難です。

今の段階で有効なリスクヘッジの手段として考えられるのは、やはり保険に加入して賠償責任が発生した際に対応できる状況を確保しておくことでしょう。

施設などから発生した環境汚染が原因で、第三者に障害を残したり財物の損壊が発生したことによって負う賠償責任について補償される「環境汚染賠償責任保険」への加入を検討しましょう。

環境保全を前向きに捉える

環境リスクを未然に防ぐことは大切です。日本の企業の環境問題に対しての基本認識は受け身の傾向にあるため、企業自身が取り組んでいく必要があります。

一部の企業では多少コストが増えたとしてもビジネスチャンスと考えて取り組んでいます。

エネルギー供給業や製造業では既に意識を高く持ち続けており、運輸業、建設業、流通業なども取り組む姿勢を見せています。

将来的に金融業なども必須条件としているなど、企業の今後の活動に期待が持てるでしょう。

環境保全に取り組む企業の業績

既に企業活動の一環として環境保全に取り組む企業も増えており、企業のイメージアップ、そして他社との商品やサービスの差別化を図る意味でも取り組まれています。

環境によって付加価値を付けることを目的としており、例えばエコブランドというイメージを確立したことで業績を伸ばす企業も存在しています。

最新の記事

用語集

リスクの眼鏡では、記事に関する用語など簡単に解説したページを開設しております。

用語集のページはこちらへ
 

関連記事

こんな記事も読まれています

事業承継/M&A対策が必要な意味... 上手くM&Aを活用することができれば、会社は企業の金銭的価値を高めることができる傾向がありま...
金融緩和が経済に与えた影響とは!?プラスの影響は?... 日本銀行は2016年9月の金融政策決定会合により、異次元金融緩和の総括的な検証を実施すると発表してい...
過労死に対する労災の適用はどうなっているのか?... 近年は、働き方に対して様々な改革がなされていますよね。 長時間働き続けると体調を崩してしまいますし...
個人事業主が突然死!知っておきたい相続のこと。... 会社に勤めるのではなく、個人事業主として仕事をしている人は意外と多いのですが、その個人事業主が突然死...
システムの脆弱性がIT企業にもたらすリスクとは?... 脆弱性とはセキュリティホールとも呼ばれていますが、ソフトウェアやOSでプログラムの不具合、そして設計...

話題をチェック!

  1. 2019-5-24

    自然災害に対するリスクマネジメントの方法とは?

  2. 2019-4-5

    定款の目的に定めていない事業は行えない?

  3. 2016-12-7

    リスクの多様化で倒産急増中!?危ない企業の見分け方とは?

  4. 2016-12-4

    業務が中断すれば倒産危機!運送業の経営管理はBCPが重要

  5. 2016-12-3

    マイナンバー制度のデメリットとは?倒産リスクを抱える?

ページ上部へ戻る