プライバシーポリシーとは?個人情報保護方針について

個人情報保護に関しての考え方や方針に関する宣言とも言えるものがプライバシーポリシーです。

個人情報をどのように取得し、どのような目的で使用し、どのように管理して、さらに問い合わせ先の管轄部門などを第三者にわかるように明文化してまとめています。

 

プライバシーポリシーの役割

利用規約とプライバシーポリシーはどちらもサービス提供に関しての条件などを記載している文書ですので、プライバシーポリシーの内容を利用規約の中へ組み込むことも可能です。

しかし個人情報やプライバシー情報を取り扱うインターネットサービスなどでは、独立してプライバシーポリシーを用意していることがほとんどなのでそれほど個人情報の取り扱いは慎重になることが求められている状況であると言えるでしょう。

 

プライバシーポリシーのまとめ方は?

プライバシーポリシーをまとめるには、まず個人情報の取り扱い方についての基本的な考え方、利用目的(個人情報を取得する目的を明示)、共同利用(グループ企業同士で情報を共有する場合はその旨の明示)、第三者への提供(本人に同意を得ずに個人データを第三者へ提供することは原則禁止)、開示、利用停止とその手続き方法などを内容として定めましょう。

個人情報を収集して利用する際には、一定の事項を公表することが義務付けられていますが、「プライバシーマーク」を取得している企業の場合はさらに厳しいルールが適用されています。

 

プライバシーマークとは

個人情報保護に関する一定の要件を満たした事業者などが、一般財団法人日本情報経済社会推進協会が使用を認めている登録商標をプライバシーマークと言います。

個人情報を適切に取り扱うことができる企業や事業者に対して認定される制度ですので、取得しておくと消費者などが個人情報を安心して提供することができるでしょうし信頼を得ることができます。

プライバシーポリシーは個人情報保護法での公表の義務と、プライバシーマークの要請に対応するという役割を持っていると言えるでしょう。

 

プライバシーポリシーの対象となる情報とは?

従来型のプライバシーポリシーの場合、個人情報保護法で定められた個人情報のみが対象でした。

例えば生存する個人に関する情報であり、当該情報に含まれる氏名、生年月日、他の記述等で特定の個人が識別できる情報、もしくは他の情報と容易に照合できる状況でそれによって特定の個人を識別することができる情報です。

しかし、端末固有のIDやサイトの閲覧履歴、GPSログなど、特定の個人を識別できずに個人情報保護法によって保護を受けることができない情報でもプライバシーに深い関わりがある情報であればプライバシー権によって保護される可能性があります。

プライバシーポリシーの公開を

個人情報保護法は、個人情報を収集するにあたって様々なルールを設けています。

個人情報についての収集や活用、管理、保護といった取り扱いの方針を明文化したものが「プライバシーポリシー」ですので作成して公開するようにしましょう。

最新の記事

用語集

リスクの眼鏡では、記事に関する用語など簡単に解説したページを開設しております。

用語集のページはこちらへ
 

関連記事

こんな記事も読まれています

あなたは廃業を決断するデッドラインを決めていますか?... 会社経営を行っていれば、常につきまとうのが廃業のリスクです。 特に現代は非常に変化が激しく、たった...
中小企業においてなぜストレスチェックが必要なのか?... 企業が従業員に対して行うストレスチェックは、平成27年から50人以上の労働者を抱える企業に対して、実...
就業規則に潜むリスクとは?... 現在労務トラブルが激増していますが、解決するための根拠となるのは就業規則です。しかし就業規則は作成し...
今からでも遅くない!クレーム対策に取り組みましょう... 会社の売り上げを伸ばすためにはマーケティング活動は必要不可欠です。 しかし、売り上げが伸びるほど、...
リスクと保険/経営者に関わるリスクと保険(死亡)... 日本には公的な保障制度の備えがありますが、経営者に対しての保障はけして厚いとは言えず、万一のことがあ...

img_01 img_02 img_03 img_04 img_05 img_06 img_07
  1. 2019-5-24

    自然災害に対するリスクマネジメントの方法とは?

    自然災害はいつ起こるか分からず、またその確率もごくわずかですが、いざ起こった時には多大な被害をもたら…

プレミアム記事

  1. 自然災害はいつ起こるか分からず、またその確率もごくわずかですが、いざ起こった時には多大な被害をもたら…
  2. 会社に勤めるのではなく、個人事業主として仕事をしている人は意外と多いのですが、その個人事業主が突然死…
  3. これまで社会の発展の原動力となっていた団塊の世代が、次々に退職を迎える時代となっています。 そこで、…
  4. 会社を興すときは、法務局で登記をする必要があります。 その際に、定款というものを提出することになるの…
  5. 現代企業経営は非常に複雑化しており、難しくなっていると言えます。 続々と新しいサービスが登場し、海…
  6. IT化やボーダレス社会が進むとともに企業経営は非常に複雑化するようになりました。これまでの常識が通用…
  7. 現代において人材確保に困っていない企業はほとんどないように思います。 特に地方の中小・零細企業にな…
  8. キャッシュフロー経営という言葉をご存知でしょうか? 言葉の通り、キャッシュフローを意識した経営方針…
  9. 団塊の世代など、会社の発展に大きく貢献して来た世代が続々と定年を迎えています。そこで問題になるのが退…
  10. 特定の企業に所属せずに自ら契約を獲得し収入を得る個人事業主ですが、働き方改革の波を受けて今後も増加傾…

話題をチェック!

  1. 2019-5-24

    自然災害に対するリスクマネジメントの方法とは?

    自然災害はいつ起こるか分からず、またその確率もごくわずかですが、いざ起こった時には多大な被害をもたら…
  2. 2019-4-5

    定款の目的に定めていない事業は行えない?

    会社を興すときは、法務局で登記をする必要があります。 その際に、定款というものを提出することになるの…
  3. 2016-12-7

    リスクの多様化で倒産急増中!?危ない企業の見分け方とは?

    中小企業の場合、売上を多数上げることだけに躍起となってしまうと、足元のリスクに掬われてしまう可能性が…
  4. 2016-12-4

    業務が中断すれば倒産危機!運送業の経営管理はBCPが重要

    経営資源が利用できず業務が中断してしまえばどうなるでしょう。トラック輸送が機能しないということは、原…
  5. 2016-12-3

    マイナンバー制度のデメリットとは?倒産リスクを抱える?

    マイナンバー制度導入前に国税庁が把握していた法人事業所数と社会保険の加入法人事業所数の間には、約70…
ページ上部へ戻る