リーマンショックとは?世界的金融危機による影響

リーマンショックについて

2008年9月、アメリカ第4位の投資銀行だったリーマンブラザーズは、高リスクの住宅論であるサブプライムローンでの大規模な損失を出したことによる事実上の破産となりました。これが世界的に金融危機をもたらしたリーマンショックで、リーマンクライシスとも呼ばれています。株式や為替市場は大混乱を起こし、急激なドル安など日本市場も大きな影響がありました。

サブプライムローンとは?

リーマンショックが起きた背景にあったのはサブプライムローンです。このサブプライムローンは低所得者向けに用意された住宅ローンで、通常住宅ローンを組む際には金融機関から年収や勤務状況など信用情報によって様々な審査が厳しく行われます。しかしサブプライムローンは通常であれば金融機関でローンが組めない人もローンの対象としていたリスクの高いローンでした。例えば年収の半分以上借り入れがある人や過去1年間で30日間の返済滞納を2回以上起こしている人、過去5年以内に自己破産の履歴がある人などもローンの対象になっていたようです。

返済できなくなった理由とは

リスクの高さはらローンを組んだ最初の数年は通常より金利と返済金額を低く設定して、後に金額が高くなるという仕組みだったため、最初は良かったものの元々返済能力の低い人たちが契約していることで数年後には支払困難という状況になり次々に住宅を手放していきました。このサブプライムローンが焦げ付いたことでヘッジファンドの株や債券などの金融商品が次々に売却され価格は暴落しました。

リーマンショックの日本経済への影響

本来であれば日本の金融機関はサブプライムローンにさほど着手していなかったことでリーンショックによる影響は小さいといわれていました。しかしヘッジファンドによって売却されて行き場を失った投機マネーの存在が日本に大きな影響を与えます。経済黒字国であった日本に目をつけた投機マネーは外国為替市場で円買いに流れていきました。日本経済は不況に突入、株式市場は大暴落、円高は2011年3月には史上最高値である76円まで進みました。この円高はアベノミクス政策が始まる2012年まで維持し続けていました。

リーマンショック後の現在の日本

現在バブル期並みの低水準で倒産が激減している状況です。しかし倒産は減っても休業や廃業、解散は高水準のままです。そもそも倒産件数が減少したという数値は政策的に作られており、リーマン・ショック後の中小企業金融円滑化法により、借金返済が猶予されましたが既に期限が過ぎているのにも関わらず事実上まだ続いている状況です。返済猶予が終わっても金融機関に対して猶予を続けるよう指導が金融庁から入り、少しでも倒産する企業が出ないようにしているのが現状です。

記事に関するご意見・ご要望をお聞かせ下さい。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新の記事

 

関連記事

こんな記事も読まれています

中小企業経営者が頭を悩ます後継者問題はなぜ起きるのか?... 中小企業が抱える問題の一つに後継者問題があります。 日本にある企業の99%が中小企業であることから...
役員の損害賠償責任は相続財産である... 取締役の会社に対する責任追及の方法として株主代表訴訟があります。責任追及は本来であれば監査役が行うべ...
経営の危機的状況に追い込まれた時に行うべきこととは?... 企業経営を行っていれば業績の波は経験するものです。 しかし、現代は非常に変化が波へしく昨日まで好調...
介護離職問題を解消するための法改正の内容とは?... 親と離れて生活していたけれど、介護が必要となったことで離職する必要ができるなど、これまで培った経験や...
介護離職は40~50代に多い!今後避けるための知恵とは?... いつ何がきっかけで親や家族が要介護状態になるかは誰にもわかりません。 厚生労働省の調査では、介護で...

img_01 img_02 img_03 img_04 img_05 img_06 img_07
  1. 2018-1-31

    企業経営においてマーケティングをする必要性は?

    現代企業経営は非常に複雑化しており、難しくなっていると言えます。 続々と新しいサービスが登場し、海…

プレミアム記事

  1. 現代企業経営は非常に複雑化しており、難しくなっていると言えます。 続々と新しいサービスが登場し、海…
  2. IT化やボーダレス社会が進むとともに企業経営は非常に複雑化するようになりました。これまでの常識が通用…
  3. 現代において人材確保に困っていない企業はほとんどないように思います。 特に地方の中小・零細企業にな…
  4. キャッシュフロー経営という言葉をご存知でしょうか? 言葉の通り、キャッシュフローを意識した経営方針…
  5. 団塊の世代など、会社の発展に大きく貢献して来た世代が続々と定年を迎えています。そこで問題になるのが退…
  6. 特定の企業に所属せずに自ら契約を獲得し収入を得る個人事業主ですが、働き方改革の波を受けて今後も増加傾…
  7. 役員が退職する際に支払われる役員退職金について、どれほどの理解があるでしょうか?役員退職金は通常の従…
  8. 中小企業の場合、売上を多数上げることだけに躍起となってしまうと、足元のリスクに掬われてしまう可能性が…
  9. 経営資源が利用できず業務が中断してしまえばどうなるでしょう。トラック輸送が機能しないということは、原…
  10. マイナンバー制度導入前に国税庁が把握していた法人事業所数と社会保険の加入法人事業所数の間には、約70…

話題をチェック!

  1. 2016-12-7

    リスクの多様化で倒産急増中!?危ない企業の見分け方とは?

    中小企業の場合、売上を多数上げることだけに躍起となってしまうと、足元のリスクに掬われてしまう可能性が…
  2. 2016-12-4

    業務が中断すれば倒産危機!運送業の経営管理はBCPが重要

    経営資源が利用できず業務が中断してしまえばどうなるでしょう。トラック輸送が機能しないということは、原…
  3. 2016-12-3

    マイナンバー制度のデメリットとは?倒産リスクを抱える?

    マイナンバー制度導入前に国税庁が把握していた法人事業所数と社会保険の加入法人事業所数の間には、約70…
  4. 2016-11-29

    地震災害による機械製造業のリスクとは?保険での備えを

    もしも大規模地震が突発的に発生して広い範囲で震度6強が観測されたとします。機械製造業の場合には、工場…
  5. 2016-11-27

    会社が倒産したら役員は責任を負うことになる?

    地震が頻発している中で、もしも大地震が発生すれば受注先や取引先とのルートが途絶え収益に影響が出て事業…
ページ上部へ戻る