事業承継/会社の清算と株式譲渡での税金の違い

企業を廃業して清算することになれば、これまでの技術やノウハウはすべて台無しになり、さらには雇用や取引先に対しても色々な影響を及ぼすでしょう。
ただし実は廃業や清算ということを選択した場合には、資産の処分価格は低く抑えることができ、さらには会社の資産処分と株主配当に対する二重の税負担が必要となり、手取り金額は減少してしまうことがほとんどです。
清算ではなく売却することを選択した場合には、これまで築き上げた企業が存続するための精神的な充実感に繋げることができ、税金面でも負担が軽くなるケースが多いと言えます。


手取額を大きくしたいならM&A?
株式譲渡により会社を売却することは、譲渡相手の存在が不可欠ですので売却の意思決定を会社でしていたとしても即実行が可能になるわけではありません。
そのためオーナー経営者は引退と同時に清算ということを検討するケースもあります。中小企業の経営者は後継者が見つからないことで清算するしかないと思うかもしれません。
ただし清算する場合でも株式譲渡でも、納税義務が発生することには変わりないことを理解しておくようにしましょう。
そして清算と同時にM&Aも検討の視野に入れながら、どちらが有利かなど考えることも必要です。
清算と株式譲渡時の税金の違い
会社を清算する場合とM&Aでの売却とを比較すると、M&Aのほうが株主の手取額は大きくなります。
その理由として、株式譲渡は事業を継続していくことが前提となることがほとんどですので、廃業や清算という結末と比べれば評価額が高くなるからです。
会社を清算する場合には、会社の保有資産を全て現金化し、借入金など負債を返済することになります。差し引き残が清算所得となりますが、法人税等の税金が約40%かかります。
さらにこの税金分を差し引いた残を株主に配当した場合、個人の配当所得に総合課税が最大約 47%課税されます。
一方、株主が個人の場合での株式譲渡の税金は、譲渡益に対する20%で済みます。
どちらもリタイアでありながらメリットが異なる?
清算も株式譲渡も前経営者がリタイアすることには変わりがありません。ただし手取額が大きく異なる可能性があります。
さらに株式譲渡の場合には会社は存続し続けるため、従業員の雇用や取引先との関係も維持することができます。
また、会長として関与することもできれば、会社の行く末を見守ることも可能となるでしょう。
清算と株式譲渡のどちらも検討できる状況を
株式譲渡を検討したくても、受け入れる相手がすぐに見つからないという場合には清算という方法を選ぶことになり損になる可能性があります。どちらも検討できる状況を作ることが必要だと言えるでしょう。

記事に関するご意見・ご要望をお聞かせ下さい。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新の記事

 

関連記事

こんな記事も読まれています

経営者は経営理念をどのように従業員に伝えればいいのか?... 会社は99%社長で決まると言われていますが、その社長の考えを実現するために従業員がいます。つまり、従...
海外展開でよくある現地パートナーとのトラブルを回避しよう... 海外に拠点をおいてビジネスを行うためには、 独資の会社を作るかその国の企業と合弁、つまりジョイント...
労働安全衛生法の改正でよりよい職場づくりは可能となるのか?... 労働安全衛生法の目的は、労働者が安全にそして健康を継続して働くことができることです。 それは労働災...
給食による食中毒の賠償や休業リスクを回避するために... 平成8年には全国的に腸管出血性大腸菌O157による食中毒が多発しました。平成23年には飲食店で提供さ...
会社の組織力強化を効率的に行う方法とは??... 「会社の業績を伸ばすために組織力強化を行う!」 このような目標を立てたは良いものの、何から取り組ん...

img_01 img_02 img_03 img_04 img_05 img_06 img_07
  1. 2018-1-31

    企業経営においてマーケティングをする必要性は?

    現代企業経営は非常に複雑化しており、難しくなっていると言えます。 続々と新しいサービスが登場し、海…

プレミアム記事

  1. 現代企業経営は非常に複雑化しており、難しくなっていると言えます。 続々と新しいサービスが登場し、海…
  2. IT化やボーダレス社会が進むとともに企業経営は非常に複雑化するようになりました。これまでの常識が通用…
  3. 現代において人材確保に困っていない企業はほとんどないように思います。 特に地方の中小・零細企業にな…
  4. キャッシュフロー経営という言葉をご存知でしょうか? 言葉の通り、キャッシュフローを意識した経営方針…
  5. 団塊の世代など、会社の発展に大きく貢献して来た世代が続々と定年を迎えています。そこで問題になるのが退…
  6. 特定の企業に所属せずに自ら契約を獲得し収入を得る個人事業主ですが、働き方改革の波を受けて今後も増加傾…
  7. 役員が退職する際に支払われる役員退職金について、どれほどの理解があるでしょうか?役員退職金は通常の従…
  8. 中小企業の場合、売上を多数上げることだけに躍起となってしまうと、足元のリスクに掬われてしまう可能性が…
  9. 経営資源が利用できず業務が中断してしまえばどうなるでしょう。トラック輸送が機能しないということは、原…
  10. マイナンバー制度導入前に国税庁が把握していた法人事業所数と社会保険の加入法人事業所数の間には、約70…

話題をチェック!

  1. 2016-12-7

    リスクの多様化で倒産急増中!?危ない企業の見分け方とは?

    中小企業の場合、売上を多数上げることだけに躍起となってしまうと、足元のリスクに掬われてしまう可能性が…
  2. 2016-12-4

    業務が中断すれば倒産危機!運送業の経営管理はBCPが重要

    経営資源が利用できず業務が中断してしまえばどうなるでしょう。トラック輸送が機能しないということは、原…
  3. 2016-12-3

    マイナンバー制度のデメリットとは?倒産リスクを抱える?

    マイナンバー制度導入前に国税庁が把握していた法人事業所数と社会保険の加入法人事業所数の間には、約70…
  4. 2016-11-29

    地震災害による機械製造業のリスクとは?保険での備えを

    もしも大規模地震が突発的に発生して広い範囲で震度6強が観測されたとします。機械製造業の場合には、工場…
  5. 2016-11-27

    会社が倒産したら役員は責任を負うことになる?

    地震が頻発している中で、もしも大地震が発生すれば受注先や取引先とのルートが途絶え収益に影響が出て事業…
ページ上部へ戻る