IT業界の労災リスク

人材不足が問題となっているIT業界は、労働者の過重労働が問題になっています。
過重労働が重なることで、家に持ち帰って作業せざるを得なくなり、そこから情報が漏洩するリスクに繋がるケースや、疲れが溜まってミスを起こす要因になるケースなど、色々なリスクに繋がっている状況です。

さらには精神的な疾患を抱えるケースも増えています。精神障害に関して労災補償が請求される件数が、全体件数と比較した時に圧倒的に多いわけではありませんが、社会的にIT業界はうつやストレス障害を抱えることが多いと認識されつつあります。
労災認定の基準
精神障害は外部から、例えば仕事や私生活の上での心理的負荷が大きくなることによるストレス、そしてそのス卜レスに対して個人で対応できる強さを超えてしまうと疾患に至る可能性があります。
精神疾患が労災だと認定されるのは、発症が仕事による強いス卜レスに起因するものだと判断できるケースです。
仕事によるス卜レスが強かった場合でも、私生活上でもス卜レスを強く抱えている場合や、個人に既往症やアルコール依存症などがあることで影響している可能性がある場合は、簡単に労災認定されないでしょう。

 

精神障害が労災認定を受ける条件
労災認定されるには、認定基準の対象になるうつ病などの精神障害を発症していること、その証明として医師の診断書等が必要になるでしょう。
その精神障害が発症する前の6か月間に、業務で強いストレスがあったことが認められる必要があります。
業務上に強いストレスがあったと認められやすいケースは、月160時間の残業や重大なケガ、セクハラやパワハラといった事実がある場合です。
そして私生活や個人的な要因で発症したのではないことが認められる必要があります。
従業員がストレスでうつ病になった時の企業の負うリスク
労働災害が起きた場合、原則として使用者は医療費や休業補償を負担することになります。補償に対する保険として労災保険制度が用意されていますが、労災保険料を企業が支払い、労災事故が起きた場合には労災保険から医療費などが補償されます。
ただし労災保険制度による補償対象に、精神的損害に対する慰謝料や逸失利益に対しての賠償は含まれていません。
労働災害を防ぐために
労災認定されれば労働環境は改善することが求められますので、企業の社会的な印象や信用が下がり、経営に支障をきたすことになります。それによって優秀な人材が流出してしまうことになるかもしれません。
このようなリスクを負わないために、労働災害が起こることを徹底して防止する必要があります。
労働時間の管理や従業員の健康状態、職場環境への配慮など、労働環境の整備に努めていく必要があります。
IT企業が特に配慮すべきこと
厚生労働省は「IT業におけるストレス対処への支援」を公表しており、IT業における特徴的な職業性ストレスの状況を挙げています。
労働者の心の健康を保持増進するためには、企業がどのように対応していくべきかを具体的に説明しています。労働災害の防止するために、労働環境の整備に役立てましょう。

記事に関するご意見・ご要望をお聞かせ下さい。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新の記事

 

関連記事

こんな記事も読まれています

企業の廃業増加?後継者不足問題解決のヒントとは?... 現在日本の多くの企業は世代交代のタイミングを迎えています。 しかし、実際後継者が見つかっている企業...
リスクと保険/業務に関わるリスクと保険(病院)... 病院や医院の業務が様々な事故が起きる可能性を秘めています。特有の事故が多いため、しっかりとリスクマネ...
ブランドと商標を巡る対策を企業はどう考える?... 企業のイメージを決定するものとして、ブランドや商標は大きな役割を持っています。 しかし、中には似た...
介護離職問題/なぜ起きるのか?... 年齢を重ねるごとに介護が必要になっていく状態に近くなります。介護が必要になる年齢は人それぞれですが、...
金融緩和が経済に与えた影響とは!?プラスの影響は?... 日本銀行は2016年9月の金融政策決定会合により、異次元金融緩和の総括的な検証を実施すると発表してい...

img_01 img_02 img_03 img_04 img_05 img_06 img_07
  1. 2019-5-24

    自然災害に対するリスクマネジメントの方法とは?

    自然災害はいつ起こるか分からず、またその確率もごくわずかですが、いざ起こった時には多大な被害をもたら…

プレミアム記事

  1. 自然災害はいつ起こるか分からず、またその確率もごくわずかですが、いざ起こった時には多大な被害をもたら…
  2. 会社に勤めるのではなく、個人事業主として仕事をしている人は意外と多いのですが、その個人事業主が突然死…
  3. これまで社会の発展の原動力となっていた団塊の世代が、次々に退職を迎える時代となっています。 そこで、…
  4. 会社を興すときは、法務局で登記をする必要があります。 その際に、定款というものを提出することになるの…
  5. 現代企業経営は非常に複雑化しており、難しくなっていると言えます。 続々と新しいサービスが登場し、海…
  6. IT化やボーダレス社会が進むとともに企業経営は非常に複雑化するようになりました。これまでの常識が通用…
  7. 現代において人材確保に困っていない企業はほとんどないように思います。 特に地方の中小・零細企業にな…
  8. キャッシュフロー経営という言葉をご存知でしょうか? 言葉の通り、キャッシュフローを意識した経営方針…
  9. 団塊の世代など、会社の発展に大きく貢献して来た世代が続々と定年を迎えています。そこで問題になるのが退…
  10. 特定の企業に所属せずに自ら契約を獲得し収入を得る個人事業主ですが、働き方改革の波を受けて今後も増加傾…

話題をチェック!

  1. 2019-5-24

    自然災害に対するリスクマネジメントの方法とは?

    自然災害はいつ起こるか分からず、またその確率もごくわずかですが、いざ起こった時には多大な被害をもたら…
  2. 2019-4-5

    定款の目的に定めていない事業は行えない?

    会社を興すときは、法務局で登記をする必要があります。 その際に、定款というものを提出することになるの…
  3. 2016-12-7

    リスクの多様化で倒産急増中!?危ない企業の見分け方とは?

    中小企業の場合、売上を多数上げることだけに躍起となってしまうと、足元のリスクに掬われてしまう可能性が…
  4. 2016-12-4

    業務が中断すれば倒産危機!運送業の経営管理はBCPが重要

    経営資源が利用できず業務が中断してしまえばどうなるでしょう。トラック輸送が機能しないということは、原…
  5. 2016-12-3

    マイナンバー制度のデメリットとは?倒産リスクを抱える?

    マイナンバー制度導入前に国税庁が把握していた法人事業所数と社会保険の加入法人事業所数の間には、約70…
ページ上部へ戻る