誤って顧客データを削除するなどIT業界に起こりうる事故とは

世の中はIT化が進んでいますが、その裏側ではIT企業が様々なリスクを抱える状況になっています。
ITセキュリティやIT事故対策などにも限界があり、システム保守を実践する中でも顧客のシステムを管理するIT事業者が、誤って顧客データを削除するといったこともあるようです。
この場合には、顧客が復旧に要するための超過人件費やその他外注費用などが損害賠償請求されることになるでしょう。

 


IT事業者をとりまくリスク
IT業界では近年システムが高度に、そして複雑になっている上に、グローバル化が進むことで競争は激化しています。
技術者不足によって労働者は過密スケジュールを負うことになり、それによってミスが起きている状況でもあります。
しかしユーザーはミスが起きない完璧なシステム開発を求めてきますので、それに答えるためにはさらにスケジュールが過密化され労働者の負担は増えていくばかりでしょう。
IT業界で想定される事故
IT業界のうち、各分野で抱えるリスクや想定される事故は異なる部分があります。
・システム開発
顧客に物流オンラインシステムを納品した後、不具合によって使用できない期間が発生すれば、代替手段にかかる費用を損害賠償請求される可能性があります。
・システム管理
サーバの保守業務などで予想した最大アクセス量に見合わないサーバを設置したことによって、サーバが停止してしまえば停止期間に臨時的に要した費用について損害賠償請求される可能性があります。
・情報処理サービス
プログラムの不具合で計算の誤りなどが出てしまえば、再計算に要した人件費などの費用を損害賠償請求される可能性があります。
・パッケージソフトウェア開発
顧客先でソフトをカスタマイズ作業している時など、顧客データを誤って消去してしまった場合には、データ復元費用についての損害賠償が請求される可能性があります。
・インターネットサービスプロバイダ(ISP)
提供していたレンタルサーバで管理していた顧客のホームページのコンテンツを誤って消滅させてしまった場合、ホームページの再作成費用やホームページ閉鎖による逸失利益を損害賠償請求される可能性があります。
・ASP、SaaS
代理店と顧客を結ぶ管理システムをSaaSで提供しているケースで、サーバを誤って停止させてしまえば、代理店から徴収できなかったシステム利用料について損害賠償請求される可能性があります。
保険での備えの検討を
IT業界が抱える様々なリスクに備えるためにも「IT事業者賠償責任保険」への加入を検討しましょう。
IT事業者賠償責任保険は一般的な賠償責任保険では対象にならない、IT事業者や電子商取引を実施する企業が、コンピューターシステムやネットワークを構築、運営、利用することに関するIT関連特有の事故をカバーする保険です。
IT事業者が提供するITサービスに欠陥などがあったことで、ユーザーなど第三者に経済的な損害を生じさせ損害賠償責任を負うことになった場合に補償します。

最新の記事

用語集

リスクの眼鏡では、記事に関する用語など簡単に解説したページを開設しております。

用語集のページはこちらへ
 

関連記事

こんな記事も読まれています

中小企業が可能なIT活用は?... 現在は、多くの企業でITの導入が進んでいます。 それは中小企業でも例外ではなく、パソコンやスマート...
技術者不足などによる過密スケジュールがもたらすミス... 2020年問題と言われほど、IT技術者が不足していることはIT業界にとっても深刻な問題になっています...
経営者が認知症・・・事業承継の問題... 中小企業を中心に、後継者不足に悩む企業が増えています。 そのせいで経営者がなかなか引退できず、高齢...
経営者と保険/経営者に関わるリスクと保険(事業承継)... 現代社会で企業は色々なリスクに取り巻かれており、その影響も年々拡大しています。利益を創出しながら成長...
落ち込んだ売り上げを立て直すのに必要な経営体質とは?... 多くの企業にとって現在の会社経営は非常に難しいと言われています。 この記事を書いているこの瞬間にも...

img_01 img_02 img_03 img_04 img_05 img_06 img_07
  1. 2019-5-24

    自然災害に対するリスクマネジメントの方法とは?

    自然災害はいつ起こるか分からず、またその確率もごくわずかですが、いざ起こった時には多大な被害をもたら…

プレミアム記事

  1. 自然災害はいつ起こるか分からず、またその確率もごくわずかですが、いざ起こった時には多大な被害をもたら…
  2. 会社に勤めるのではなく、個人事業主として仕事をしている人は意外と多いのですが、その個人事業主が突然死…
  3. これまで社会の発展の原動力となっていた団塊の世代が、次々に退職を迎える時代となっています。 そこで、…
  4. 会社を興すときは、法務局で登記をする必要があります。 その際に、定款というものを提出することになるの…
  5. 現代企業経営は非常に複雑化しており、難しくなっていると言えます。 続々と新しいサービスが登場し、海…
  6. IT化やボーダレス社会が進むとともに企業経営は非常に複雑化するようになりました。これまでの常識が通用…
  7. 現代において人材確保に困っていない企業はほとんどないように思います。 特に地方の中小・零細企業にな…
  8. キャッシュフロー経営という言葉をご存知でしょうか? 言葉の通り、キャッシュフローを意識した経営方針…
  9. 団塊の世代など、会社の発展に大きく貢献して来た世代が続々と定年を迎えています。そこで問題になるのが退…
  10. 特定の企業に所属せずに自ら契約を獲得し収入を得る個人事業主ですが、働き方改革の波を受けて今後も増加傾…

話題をチェック!

  1. 2019-5-24

    自然災害に対するリスクマネジメントの方法とは?

    自然災害はいつ起こるか分からず、またその確率もごくわずかですが、いざ起こった時には多大な被害をもたら…
  2. 2019-4-5

    定款の目的に定めていない事業は行えない?

    会社を興すときは、法務局で登記をする必要があります。 その際に、定款というものを提出することになるの…
  3. 2016-12-7

    リスクの多様化で倒産急増中!?危ない企業の見分け方とは?

    中小企業の場合、売上を多数上げることだけに躍起となってしまうと、足元のリスクに掬われてしまう可能性が…
  4. 2016-12-4

    業務が中断すれば倒産危機!運送業の経営管理はBCPが重要

    経営資源が利用できず業務が中断してしまえばどうなるでしょう。トラック輸送が機能しないということは、原…
  5. 2016-12-3

    マイナンバー制度のデメリットとは?倒産リスクを抱える?

    マイナンバー制度導入前に国税庁が把握していた法人事業所数と社会保険の加入法人事業所数の間には、約70…
ページ上部へ戻る