技術者不足などによる過密スケジュールがもたらすミス

2020年問題と言われほど、IT技術者が不足していることはIT業界にとっても深刻な問題になっています。
人材が不足していることから、外国籍の人の受け入れや年齢の上限の引き上げを行うなど、様々な部分でエンジニア採用のハードルも下げている傾向にあります。

業務や基幹などシステム案件だけでなく、WEBサイトやアプリ製作、ソーシャルゲーム領域など様々な分野でエンジニアを中心とした技術者が不足しています。
このように技術者が不足していることは、現在働いている技術者のスケジュールを過密化させ、様々な問題を引き起こす原因になっています。
IT技術者やエンジニアが不足している理由
IT技術者が不足していることには理由があります。どのようなことが背景になっているのかは次のとおりです。

・IT技術者を求める業界が拡大したこと
ゲームやソーシャル、通常事業などもITを活用して分野を拡大させています。アプリベースのサービスの増加や、家電のIoT、様々な分野でIT技術は欠かせないものになっています。

・技術者の高齢化
これまで基幹システムを構築していた技術者たちが、定年を迎えて退職したことも理由です。

・IT技術の進化
必要になるIT技術はその時代ごとに常に変化していきます。習得した技術が廃れていくこともあり、近年さらにスピードが高まっている状況です。
技術者に求められるスキルが高まれば、企業側のニーズと合致するスキルを持つ技術者は不足することになります。
IT業界で問題視される過密スケジュール
当初時代の最先端とイメージが強かったIT業界ですが、時代の流れとともに現在では厳しい労働条件のある業界というイメージが定着しつつあります。
納期が短縮されコストも削減されてしまう中で、期日までに製品を完成させる必要があります。さらにシステムに障害が発生すれば対応に追われることになるでしょう。
過密化されたスケジュールの中で疲労が溜まればミスに繋がり、賠償責任問題へと発展するケースもあります。
技術者不足を解消するためには?
IT業界の優秀なエンジニアは1人で3~10人分の業務をこなせるほど、生産性の高さがあります。
しかし外資系大手IT企業、インターネットベンチャー、大手メガベンチャー、ITコンサルティングファームなどで勤務していることが多く、活躍できるのは会社内のみです。
このような状況で優秀な技術者を今すぐ国内で確保することは困難です。東南アジアなどの会社を利用しならがオフショア型開発を進めるという方法もあります。
ただしその場合には国内の地方企業が衰退すると問題が出てくるため、活性化させるためにニアショア型で開発を進めることも注目されています。
新卒者を育てていくことも大切
クラウドソーシングサービスを使ってフリーエンジニアを活用する方法もありますが、人材育成という意味でも新卒者向けのインターンシップの導入なども検討していきましょう。
確かに中途採用のほうが即戦力になりますが、新卒採用よりも会社に対する帰属意識が低い可能性もあります。
さらに労働条件が厳しくなる可能性も
厚生労働省は、一定要件を満たすホワイトカラーに対して、労働基準法に定める労働時間や休憩、時間外や休日出勤に関する規定や割増賃金に関する規定を適用しないという「ホワイトカラー・エグゼンプション」の対象にシステムエンジニアなどのIT技術者を加える検討に入っています。
ますます労働が厳しくなる可能性があるため、企業としてはどのように対応していくかが問われてくることになるでしょう。

最新の記事

用語集

リスクの眼鏡では、記事に関する用語など簡単に解説したページを開設しております。

用語集のページはこちらへ
 

関連記事

こんな記事も読まれています

企業は安全配慮義務を怠ってしまうと?... 会社は従業員が働く際に、安全に、そして健康を維持できるように配慮する義務があります。この義務を安全配...
経営者と保険/経営者に関わるリスクと保険(勇退退職金)... 業務に日夜精励する経営者にとって、功労にふさわしい退職金の準備が必要です。業務良否に関わらず、さらに...
もしかして倒産寸前!?倒産前の企業にあらわれる兆候とは?... 絶対大丈夫だと思っていた大企業が次々に事実上の倒産となる中、はたして自社や取引先などは大丈夫なのだろ...
人材確保につながる福利厚生の充実... 多くの企業が人手不足に悩んでいる現在、求職者も重視するポイントが変化してきています。 有効求人倍率...
福祉・医療事業:介護職員の人材不足問題!他産業に比べて賃金が低い?... 厚生労働省が発表している受給推計では、介護職員は2025年度には全国で約38万人不足すると見込まれて...

img_01 img_02 img_03 img_04 img_05 img_06 img_07
  1. 2019-5-24

    自然災害に対するリスクマネジメントの方法とは?

    自然災害はいつ起こるか分からず、またその確率もごくわずかですが、いざ起こった時には多大な被害をもたら…

プレミアム記事

  1. 自然災害はいつ起こるか分からず、またその確率もごくわずかですが、いざ起こった時には多大な被害をもたら…
  2. 会社に勤めるのではなく、個人事業主として仕事をしている人は意外と多いのですが、その個人事業主が突然死…
  3. これまで社会の発展の原動力となっていた団塊の世代が、次々に退職を迎える時代となっています。 そこで、…
  4. 会社を興すときは、法務局で登記をする必要があります。 その際に、定款というものを提出することになるの…
  5. 現代企業経営は非常に複雑化しており、難しくなっていると言えます。 続々と新しいサービスが登場し、海…
  6. IT化やボーダレス社会が進むとともに企業経営は非常に複雑化するようになりました。これまでの常識が通用…
  7. 現代において人材確保に困っていない企業はほとんどないように思います。 特に地方の中小・零細企業にな…
  8. キャッシュフロー経営という言葉をご存知でしょうか? 言葉の通り、キャッシュフローを意識した経営方針…
  9. 団塊の世代など、会社の発展に大きく貢献して来た世代が続々と定年を迎えています。そこで問題になるのが退…
  10. 特定の企業に所属せずに自ら契約を獲得し収入を得る個人事業主ですが、働き方改革の波を受けて今後も増加傾…

話題をチェック!

  1. 2019-5-24

    自然災害に対するリスクマネジメントの方法とは?

    自然災害はいつ起こるか分からず、またその確率もごくわずかですが、いざ起こった時には多大な被害をもたら…
  2. 2019-4-5

    定款の目的に定めていない事業は行えない?

    会社を興すときは、法務局で登記をする必要があります。 その際に、定款というものを提出することになるの…
  3. 2016-12-7

    リスクの多様化で倒産急増中!?危ない企業の見分け方とは?

    中小企業の場合、売上を多数上げることだけに躍起となってしまうと、足元のリスクに掬われてしまう可能性が…
  4. 2016-12-4

    業務が中断すれば倒産危機!運送業の経営管理はBCPが重要

    経営資源が利用できず業務が中断してしまえばどうなるでしょう。トラック輸送が機能しないということは、原…
  5. 2016-12-3

    マイナンバー制度のデメリットとは?倒産リスクを抱える?

    マイナンバー制度導入前に国税庁が把握していた法人事業所数と社会保険の加入法人事業所数の間には、約70…
ページ上部へ戻る