旅行キャンセル保険を知っていますか?

どんなに楽しみにしていた旅行でも、急な事情で行けなくなった経験のある人もいるでしょう。
当日に行けなくなったとなるとキャンセル料が発生しますから、お金が戻ってくることはありませんよね。
それは仕方がない…と思っている人に朗報です。
実は、旅行のキャンセルに対応した保険があるのです。

急なキャンセルに対応!~旅行キャンセル保険の概要を知ろう~

今までみなさんが旅行をする前に、やむを得ない事情でキャンセルをしたということがあるかもしれません。
その時は、出発前の日数に応じて返金がなされますが、当日になるとほとんど戻ってくることはないでしょう。
近場の旅行ならともかく、遠方への旅行となると、それなりの費用にもなりますよね。
事情が事情だし仕方ないよね、と思っている人は、ちょっと待って下さい!

近年は、様々な事情に対応できる、旅行キャンセル保険が登場しているのです。
気になる保険料は、保障される金額によって違ってきますので、みなさんの旅行代金に応じて選ぶことができるでしょう。
例えば、保障金額が10万円の場合、保険会社によっては1000円程度で手続きできますので、そこまで大きな負担にはなりませんよね。

そして、ほとんどの場合、保険の申し込みは旅行の代金が確定してからになります。
どのくらい費用がかかるのかが分からない段階では、どのプランや保険料が良いのかの判断はできませんよね。
費用が確定した段階で、みなさんに合った保障内容や保険料のプランが選べますから、大切なお金を無駄にしない仕組みになっているでしょう。
旅行には、移動費だけでも結構なお金がかかりますから、このような仕組みで手続きできるのは有難いですよね。

早い段階で旅行の申し込みをすると、不測の事態に不安になってしまいます。
無事に旅行ができるに越したことはありませんが、急な体調不良は誰にも予測できませんよね。
旅行費用が高額になっている場合は、加入の検討をしてみても良いかもしれません。

旅行キャンセル保険の目玉はキャンセル内容の広さにアリ

ところで、一般的に保険に加入をしなくても、キャンセル事項に当てはまる場合は返金が認められる場合もありますよね。
ですが、その許容範囲は限られています。
例えば、身内に不幸があったり、旅行先に渡航できない事情があったりすることが挙げられるでしょう。

旅行キャンセル保険の魅力は、そのキャンセルの範囲対象にあると言えます。
例えば、急な会社の出張や体調不良、交通機関の遅延によって間に合わなかったという場合も含まれます。
これらの事情は、個人的な事情になりますから、返金対象にならないことがほとんどですよね。

しかし、旅行キャンセル保険だと、これらの事情にすべて対応できます。
寒くなってくる時期だと、例えばインフルエンザの流行もありますから、急な病気になってしまっても、旅行費用の心配をする必要はありません。
さらに、補償内容によっては、台風等の自然災害にも対応できる内容がありますから、みなさん自身で内容を選択することが可能です。

ですので、キャンセル事情が旅行者自身だけでなく、外的な要因であっても保障が得られるでしょう。
もちろん、保険によっては本人だけでなく、一緒に旅行をする家族にも適用されますから、大人数での旅行でも安心できますよね。
例えば、体調に不安がある人や、子ども連れの旅行の場合は、加入しておくともしもの時に助かるかもしれません。

取り扱っている保険会社も近年増えていますので、みなさんの旅行事情に合った内容を見比べてみて下さい。

参考URL日本のほけん
(https://nippon-insurance.com/overseas/cancel.html)

まとめ

今回は、旅行キャンセル保険についてご説明しました。
無事に旅行ができるまで不測の事態は付き物かもしれませんが、全くできなくなったとなると残念ですよね。
その上、お金が戻ってこないとなると、気持ち的にはダブルパンチを受けてしまいます。
特に、体調が安定しないような事情を抱えている場合は、キャンセルの可能性も高めになりますので、金銭的な安心感を得るためにも検討してみてはいかがでしょうか?

You may also like

用語集

リスクの眼鏡では、記事に関する用語など簡単に解説したページを開設しております。

用語集のページはこちらへ
 

関連記事

話題をチェック!

  1. 2019-5-24

    自然災害に対するリスクマネジメントの方法とは?

  2. 2019-4-5

    定款の目的に定めていない事業は行えない?

  3. 2016-12-7

    リスクの多様化で倒産急増中!?危ない企業の見分け方とは?

  4. 2016-12-4

    業務が中断すれば倒産危機!運送業の経営管理はBCPが重要

  5. 2016-12-3

    マイナンバー制度のデメリットとは?倒産リスクを抱える?

ページ上部へ戻る