興行中止保険って知っていますか?

近年は、食や音楽イベントといった、屋外で行われる催し物がたくさんありますよね。
これらの多くは賑やかで、参加している私たちも楽しめることが多いでしょう。
しかし、外でのイベントは、少なからず天候の状況に左右されてしまいますよね。
みなさんは、屋外イベントの開催に備えた保険あるって、ご存知でしょうか?

イベント開催には重要な保険~興行中止保険とは?~

イベントを開催する側は、常に万全の対策をして、終了まで運営を続けています。
しかし、いくら運営側が万全の態勢を取っていても、どうにもならない事情があって、中止しなければならない時があるかもしれません。
例えば、台風等の悪天候の影響だったり、出演者がインフルエンザ等の急な体調不良で来られなくなったりということが挙げられるでしょう。
これらの事情では、やむを得ないですよね。

しかし、中止にした後はチケットの返金作業をする等、お金が絡んでくることがあるでしょう。
そのような時の備えとして、興行中止保険というものがあります。
これは、どのような保険になるのでしょうか?

興行中止保険は、悪天候等でイベントがやむを得ない状況で中止になった場合に、契約者に対して補償がなされる保険になります。
補償内容は、基本的にイベントを実施するためにかかった費用になります。
例えば、会場の費用や準備にかかった費用、中止するにあたり改めてかかった費用が挙げられるでしょう。

費用は、準備段階でも高額になる場合が多く、加えて中止した時にさらに出費がかかるとなると大変ですよね。
それらを全額負担しようとすると、主催者やその企業の負担は大きいことが予想できるでしょう。
ですので、この保険は主催者の負担や利益を守るためにあると、思って良いかもしれません。

対象となるイベントには、例えばコンサートや映画の製作、花火大会やスポーツ大会が代表的なものとして挙げられます。
その一方で、例えイベントっぽいものであっても、通常の業務と変わらない内容は対象になりませんので注意しましょう。
例えば、遊園地や新車の展示会、塾の講習会といった内容が、これに該当します。

どのような範囲まで補償してくれるのか?

保険に加入すると、以下の範囲が補償の対象となります。
例えば、会場の使用料やチケット代の払い戻しに関わる手続きにかかった費用、印刷費が挙げられるでしょう。
また、イベントの規模によっては、運営スタッフをアルバイトで賄っている場合もありますよね。
補償範囲には、スタッフにかかる人件費全体や警備にかかった費用まで対象となります。

そのため、イベントの規模に関わらず加入をしておくと、必要経費のほとんどをフォローすることが可能になるでしょう。
主催者側にとっては、非常に心強いですよね。
さらに、イベントに出演をする予定だった人も、出演料の未払いという事態にはなりません。
このように、主催をするにあたって想定されるリスクを、フォローすることができるでしょう。

一方で、イベント中に事故や怪我があった場合は、この保険の内容では対応することができません。
あくまでも、イベントが中止になった時を想定していますので、事故等のフォローはこの保険の対象外になります。
そのため、イベント開催中の怪我等に対応するためには、別途損害保険に加入する必要があるでしょう。
念入りにリスク対応したい場合は、手間かもしれませんがオススメです。

イベントを無事に成功させるためには、このような保険は必須になります。
イベントの規模が大きければ大きいほど、備えとして加入しておくと助かることもあるかもしれません。
主催者や参加者が良かったと思えるイベントにするためには、大切なものになるでしょう。

まとめ

今回は、興行中止保険についてご紹介しました。
どんなに万全な準備をしていても、何らかの事情でイベントが中止になってしまうというケースは少なからずあります。
中止になった際の負担は、準備に必要な費用にプラスされますので、大きな出費に繋がる可能性がありますよね。
大規模なイベントになるほど、かかる費用も高額になってきますので、保障があると心強いでしょう。

用語集

リスクの眼鏡では、記事に関する用語など簡単に解説したページを開設しております。

用語集のページはこちらへ
 

関連記事

こんな記事も読まれています

気になる消費生活用製品安全法を正しく知りましょう!... 製造業や小売業において製造や販売を行うにあたり守るべき法律が多くあります。今回はその中でも重要消費生...
企業のリスクコントロールシステム... リスクの発生は、企業を経営するうえでは避けられないものです。 しかし、そのリスクを管理していくこと...
製品の輸送中のリスク 海外取引ではその地域の文化や考え方、そして商習慣など日本とは違った部分が多くある一方で、ビジネスを進...
なぜ、死亡保険は見直しが必要なのか?... 死亡保険に加入している人は多いと思いますが、実はただ加入していればいい、というものでもないのです。 ...
事業承継/中小企業経営者の高齢化問題... 中小企業や小規模事業者の場合、企業を運営していく基盤となるのは経営者の経営能力や意欲であることが多い...

img_01 img_02 img_03 img_04 img_05 img_06 img_07
  1. 2019-5-24

    自然災害に対するリスクマネジメントの方法とは?

    自然災害はいつ起こるか分からず、またその確率もごくわずかですが、いざ起こった時には多大な被害をもたら…

プレミアム記事

  1. 自然災害はいつ起こるか分からず、またその確率もごくわずかですが、いざ起こった時には多大な被害をもたら…
  2. 会社に勤めるのではなく、個人事業主として仕事をしている人は意外と多いのですが、その個人事業主が突然死…
  3. これまで社会の発展の原動力となっていた団塊の世代が、次々に退職を迎える時代となっています。 そこで、…
  4. 会社を興すときは、法務局で登記をする必要があります。 その際に、定款というものを提出することになる…
  5. 現代企業経営は非常に複雑化しており、難しくなっていると言えます。 続々と新しいサービスが登場し、海…
  6. IT化やボーダレス社会が進むとともに企業経営は非常に複雑化するようになりました。これまでの常識が通用…
  7. 現代において人材確保に困っていない企業はほとんどないように思います。 特に地方の中小・零細企業にな…
  8. キャッシュフロー経営という言葉をご存知でしょうか? 言葉の通り、キャッシュフローを意識した経営方針…
  9. 団塊の世代など、会社の発展に大きく貢献して来た世代が続々と定年を迎えています。そこで問題になるのが退…
  10. 特定の企業に所属せずに自ら契約を獲得し収入を得る個人事業主ですが、働き方改革の波を受けて今後も増加傾…

話題をチェック!

  1. 2019-5-24

    自然災害に対するリスクマネジメントの方法とは?

    自然災害はいつ起こるか分からず、またその確率もごくわずかですが、いざ起こった時には多大な被害をもたら…
  2. 2019-4-5

    定款の目的に定めていない事業は行えない?

    会社を興すときは、法務局で登記をする必要があります。 その際に、定款というものを提出することになる…
  3. 2016-12-7

    リスクの多様化で倒産急増中!?危ない企業の見分け方とは?

    中小企業の場合、売上を多数上げることだけに躍起となってしまうと、足元のリスクに掬われてしまう可能性が…
  4. 2016-12-4

    業務が中断すれば倒産危機!運送業の経営管理はBCPが重要

    経営資源が利用できず業務が中断してしまえばどうなるでしょう。トラック輸送が機能しないということは、原…
  5. 2016-12-3

    マイナンバー制度のデメリットとは?倒産リスクを抱える?

    マイナンバー制度導入前に国税庁が把握していた法人事業所数と社会保険の加入法人事業所数の間には、約70…
ページ上部へ戻る