インターネットトラブルによる企業のダメージは?

誰もが気軽に情報を発信でき、また、見ることのできるインターネットは、今や生活に欠かせないツールとなっています。
しかし、最近ではインターネットトラブルが急増していて、そのせいでダメージを受ける企業も少なくありません。
インターネットトラブルによる企業のダメージとは、どういったものなのでしょうか?

インターネットトラブルとは?

それではまず、インターネット上ではどのようなトラブルが生じるのでしょうか?
かつて、企業におけるインターネットのトラブルと言えば、ハッキング被害などが目立っていました。
ハッキングにより機密情報が盗まれる等の事例もありましたが、最近のインターネットトラブルはまた内容が異なっています。

最近起こりやすいトラブルとしては、従業員によるインターネット上での不用意な発言や、不適切な行動などです。
例えば、「店舗に有名人の○○が来店して、これを買っていった」、「俳優の○○が女性を連れてうちの店に来た」などの情報を、従業員が発信するのです。

また、最近では減ってきたものの、店員が閉店後の店内で友人と悪ふざけをして、アイスの冷凍ケースに入ってみたり、調理場のシンクをお風呂のように使ったりする写真を公開していたこともあります。

今はSNSにより、誰でも気軽に情報を発信できるようになっています。
販促活動などで、TwitterやLINE、FacebookなどのSNSを利用している企業も多いでしょう。
しかし、何でもない情報でも気軽に発信できるため忘れがちになるのですが、このSNSというのは全世界に情報を公開するということなのです。

そのため、発信した情報は多くの人が目にすることとなるのですが、内輪で話題にするような感覚でSNSなどに公開する人が多いため、不適切な内容と判断されてトラブルになります。
その結果、後悔したSNSなどは炎上と言われる騒ぎを引き起こしてしまうのです。

昨今のインターネットトラブルというとこのような内容が多いのですが、このトラブルによって企業にはどのようなダメージがあるのでしょうか?

企業が被るダメージとは?

インターネットトラブルが起こると、企業もダメージを被ることがあります。
例えば、従業員が店舗に来店した客に対する不用意な発言を、SNS上で公開した場合には、企業にどのようなダメージがあるのでしょうか?

店舗での出来事を従業員がプライベートなアカウントで公開したとしても、その店舗が特定できれば経営する企業についても分かります。
そうなると、このような不用意な発言をする人を従業員として雇用しているとして、企業の信用問題に関わってくるのです。

また、店舗内での不適切な行為を写真にとってSNS上で公開した場合も同様です。
そのような行為をした従業員が解雇されるのは当然ですが、同時にその写真を撮られた店舗が閉店に追いやられることも多いのです。
そうなっても、騒ぎとなった企業名については悪いイメージと共に覚えられてしまうため、印象は悪くなるでしょう。

また、消費者側がSNSで企業に対する不満などを投稿することもあります。
特に多いのが、カスタマーサービスの対応が不満だという内容のものでしょう。
本人にとって不満というだけのこともありますが、中には不誠実な対応をしている場合もあり、その内容をSNS上で公開されて炎上することもあります。

こうしたインターネットトラブルによって、企業が受けるダメージを最小限に抑えるためには、あらかじめ備えておくことが大切です。
トラブルを未然に防げるように、社内での教育をしっかりとしておくことはもちろんですが、トラブルが起こってしまった際も誠実な対応ができるように、対応策を考えておきましょう。

まとめ

インターネットが身近なものとなった昨今では、インターネットトラブルも増えつつあり、そのことで企業がダメージを受けるケースも少なくありません。
企業がインターネットトラブルによって被るダメージを最小限にするためには、まず、トラブルが起こらないように社員の教育をしっかりと行い、一人ひとりが心がけるようにすることが大切です。
それでもトラブルが起こってしまった場合は、すみやかに誠意ある対応をしましょう。

記事に関するご意見・ご要望をお聞かせ下さい。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

 

関連記事

こんな記事も読まれています

マイナンバー制度の導入で税務調査が厳しくなった?... 税金確定申告の内容が正しいかを調査するための税務調査は、税務署が確定申告の内容を確認した結果、疑問に...
従業員の健康管理からみる経営戦略... 高齢化社会が進む日本では、生産年齢人口(15歳から~64歳)の減少が進み慢性的な人材不足となっていま...
海外進出における失敗しないコンサルタントの選び方とは?... 海外進出を検討する経営者が増えています。 特に成長著しい&物価の安いアジア諸国は非常に高い注目を集...
社内規定や就業規則変更の際は不利益変更に注意しよう... 多くの企業には社内規定や就業規則などが定められており、その内容に沿って実際の労働が行われています。 ...
従業員の福利厚生を充実させよう!退職金の準備について... 従業員にとっては最終目標にもなる退職金の存在 企業が社員など従業員を大切にしているかどうかの目安は...

img_01 img_02 img_03 img_04 img_05 img_06 img_07
  1. 2019-5-24

    自然災害に対するリスクマネジメントの方法とは?

    自然災害はいつ起こるか分からず、またその確率もごくわずかですが、いざ起こった時には多大な被害をもたら…

プレミアム記事

  1. 自然災害はいつ起こるか分からず、またその確率もごくわずかですが、いざ起こった時には多大な被害をもたら…
  2. 会社に勤めるのではなく、個人事業主として仕事をしている人は意外と多いのですが、その個人事業主が突然死…
  3. これまで社会の発展の原動力となっていた団塊の世代が、次々に退職を迎える時代となっています。 そこで、…
  4. 会社を興すときは、法務局で登記をする必要があります。 その際に、定款というものを提出することになるの…
  5. 現代企業経営は非常に複雑化しており、難しくなっていると言えます。 続々と新しいサービスが登場し、海…
  6. IT化やボーダレス社会が進むとともに企業経営は非常に複雑化するようになりました。これまでの常識が通用…
  7. 現代において人材確保に困っていない企業はほとんどないように思います。 特に地方の中小・零細企業にな…
  8. キャッシュフロー経営という言葉をご存知でしょうか? 言葉の通り、キャッシュフローを意識した経営方針…
  9. 団塊の世代など、会社の発展に大きく貢献して来た世代が続々と定年を迎えています。そこで問題になるのが退…
  10. 特定の企業に所属せずに自ら契約を獲得し収入を得る個人事業主ですが、働き方改革の波を受けて今後も増加傾…

話題をチェック!

  1. 2019-5-24

    自然災害に対するリスクマネジメントの方法とは?

    自然災害はいつ起こるか分からず、またその確率もごくわずかですが、いざ起こった時には多大な被害をもたら…
  2. 2019-4-5

    定款の目的に定めていない事業は行えない?

    会社を興すときは、法務局で登記をする必要があります。 その際に、定款というものを提出することになるの…
  3. 2016-12-7

    リスクの多様化で倒産急増中!?危ない企業の見分け方とは?

    中小企業の場合、売上を多数上げることだけに躍起となってしまうと、足元のリスクに掬われてしまう可能性が…
  4. 2016-12-4

    業務が中断すれば倒産危機!運送業の経営管理はBCPが重要

    経営資源が利用できず業務が中断してしまえばどうなるでしょう。トラック輸送が機能しないということは、原…
  5. 2016-12-3

    マイナンバー制度のデメリットとは?倒産リスクを抱える?

    マイナンバー制度導入前に国税庁が把握していた法人事業所数と社会保険の加入法人事業所数の間には、約70…
ページ上部へ戻る