機関法務(会社法等)

法務リスク

会社設立時における法律の予備知識

これから会社を設立しようと思っている多くの人にとって、会社設立に関する法律などは初めて触れることになるでしょう。 そのため、どのようなことに気を付ければいいのかわからないことも多いですよね。 会社設立時に、あらかじめ把握しておきたい法律...
法務リスク

法改正による時間外労働の上限規制の導入とは?

時間外労働に上限規制ができることをご存知でしょうか? 働き方改革の一環で導入される「時間外労働の上限規制」では、これまで暗黙の了解となっていた特別条項付36協定締結の場合の残業時間数に制限を設けることになっておりますので、今回はその内容を...
法務リスク

未払い残業/労基法は経営者には厳しい!

近年では労働者が自身の権利について意識を持つことが高まり、労使間でのトラブル件数も増えています。 労働者と未払い残業代を巡ってのトラブルになるケースも多く、企業では労使間のトラブルが起きないように勤務体制や職場環境を整備し、労働者が安全に...
法務リスク

介護離職問題を解消するための法改正の内容とは?

親と離れて生活していたけれど、介護が必要となったことで離職する必要ができるなど、これまで培った経験やキャリアを手放す事はかなりの覚悟を要します。 離職すれば生活収入源もなくなるため、再就職する必要も出てきますがそう簡単に次の就職先が見つか...
法務リスク

時間外労働時間の上限規制

日本労働組合総連合会と日本経済団体連合会は、長時間労働に依存した企業や職場の風土や文化を根本的に見直すことを図り、過労死や過労自殺を防ぐため、そして若年者や女性、高齢者などの人材も活躍できるために働き方改革を強力に推し進めています。 そこ...
法務リスク

企業は安全配慮義務を怠ってしまうと?

会社は従業員が働く際に、安全に、そして健康を維持できるように配慮する義務があります。この義務を安全配慮義務といいますが、もしも会社がその義務を怠った場合には安全配慮義務違反に課せられます。 仕事で使う器具や設備の準備や従業員の働く場所を指...
法務リスク

社員の長時間労働が企業に大ダメージを

最近では社員の過労死や過労自殺が社会問題になりつつあり、企業の労働時間についての管理などへの責任が問われている状況です。 労働時間が長いことによって社員に対する身体や精神的負担が大きくなることはもちろんですが、それ以外にも様々な問題が生じ...
法務リスク

法令違反・重大な欠陥・社会的責任を考える?

製造業を営む上で、倫理観を持つと同時に法令を遵守し事業活動を行うことは重要事項の1つであり、最も基本的なことです。 日常業務の中で対外的なものは取引先との契約業務になるでしょうが、企業の代表として業務を進める中で法令や社会規範を守っていく...
法務リスク

運送事業の最低車両台数は貨物自動車運送事業法の定め?

貨物自動車運送事業の運営を適正、そして合理的なものにするために貨物自動車運送事業法というものが定められています。輸送の安全を確保し、事業が健全に発達するための法律です。
法務リスク

取締役の善管注意義務とは?従業員とは違う重い責任について

日本の企業では従業員から取締役へと昇進する例が多く見られます。 従業員と取締役を兼務する使用人兼取締役なども多く存在するため、従業員の延長線として考えてしまうこともあるでしょう。 しかし実際は一従業員と取締役は責任の大きさが異な...
タイトルとURLをコピーしました