企業の成長にはナレッジマネジメントが重要

新しい働き方を導入することは、メリットばかりではありません。
当然、失敗することや職場には合わないことも出てきますが、それらは企業の成長にとって大事な要素になりますよね。
その際には、ナレッジマネジメントが大切になります。
ナレッジマネジメントはどのような経営手法なのかを、ここでご紹介しましょう!

知識の共有を前提とする経営手法

ナレッジマネジメントとは、個人の経験やノウハウを共有することで業績のアップを目指そうとする手法になります。
簡単に言うと、知識や情報を共有を徹底して行うことです。
ですが、情報共有のような行動は、今までもやっていると思う人もいますよね。

それは、その通りなのです。
この経営手法は今登場した新しい概念ではありませんから、みなさんも日常的に業務で行っている内容になるでしょう。
例えば、部署内でのちょっとしたミーティングも、大切な情報共有の場になりますよね。

この手法を用いることで、企業には2つのメリットが出てきます。

1つは、個人の業務レベルの底上げが期待できることで、優秀な人材の育成がしやすくなることでしょう。
業務のノウハウは、自分の独学だけで身につけることはできません。
例えば、先輩からやり方やコツを教わることで、少しずつできるようになっていきますよね。
個人でアレンジをするにしても、基礎が分からなければ成り立ちません。

2つ目は、業務の効率化に繋がるということです。
例えば、同じ内容の業務であっても、効率よく作業できる方法を知っている人とそうでない人では、作業にかかる時間が違いますよね。
ちょっとしたことかもしれませんが、それが残業を解消したり、新しい内容にチャレンジしたりすることを阻害する要因になるのです。

ですが、効率的な方法を全員が知ることで、今までその業務にかかっていた時間を短縮することができますよね。
その結果、余剰分の時間で新しい業務を行ったり、アイディアを生み出す時間にしたりすることができるでしょう。
つまり、一人一人の生産性に影響を与えると思って下さい。

多様な働き方を導入するなら、絶対に活用したい手法

ナレッジマネジメントは、多様な働き方を導入しようとする企業ほど、実施すると大きな効果が得られます。
その理由は、共有される知識の内容にあります。
ナレッジマネジメントの最大の目玉は、個人の業務に関わるコツや経験を他者に伝えるところにありますよね。

ですが、多様な働き方の下では、同じ職場に人が集まって仕事をしているとは限りません。
そのため、有用な知識であっても伝達できないというリスクが懸念されていました。
ですが、ここでちょっとした工夫をしてみましょう。

例えば、優秀な社員の業務のコツやノウハウを、文書等でまとめ、その内容を全体で見ることができる環境を作るのです。
データ化されて誰でも見ることができると、直接伝達する必要はありませんよね。
また、業務のポイント等が記載されていると、それを参考にして業務に当たることができるでしょう。

つまり、個人のカンやコツ、ノウハウといった情報を、誰でも分かるように形式化してしまうのです。
例えば、対象者にちょっとした業務マニュアルを作成してもらう形でも構いません。
作成するのは大変かもしれませんが、マニュアルがあるのとないのでは業務に大きな差が出るのは明らかですよね。

ですので、多様な働き方を導入する企業ほど、個人のノウハウをいかにして全体に共有できるかが、成功のポイントになるでしょう。
特に、優秀な人の業務のやり方を、いかに分かりやすい状態で共有するかが重要になりますね。

参考URL  LightworksBLOG
(https://lightworks-blog.com/knowledge-management)

まとめ

優秀な人材のノウハウを、どうやって全体に共有するか。
これがナレッジマネジメントのポイントになると同時に、悩ましい部分でもあります。
定番の方法としては、業務マニュアルを作成することです。
これなら、全ての社員が目を通しますよね。
こうした手法は、対面での業務が少ない職場ほど重要になりますので、まずは情報や知識を共有できるシステムの確立が優先事項になるでしょう。

You may also like

用語集

リスクの眼鏡では、記事に関する用語など簡単に解説したページを開設しております。

用語集のページはこちらへ
 

関連記事

話題をチェック!

  1. 2019-5-24

    自然災害に対するリスクマネジメントの方法とは?

  2. 2016-12-7

    リスクの多様化で倒産急増中!?危ない企業の見分け方とは?

  3. 2016-12-4

    業務が中断すれば倒産危機!運送業の経営管理はBCPが重要

  4. 2016-12-3

    マイナンバー制度のデメリットとは?倒産リスクを抱える?

  5. 2016-11-29

    地震災害による機械製造業のリスクとは?保険での備えを

ページ上部へ戻る