コンビニ24時間営業問題について解説します

コンビニといえば、24時間営業が当たり前のように思っていますが、最近では人手不足から24時間営業が困難とする店舗が出てきており、それが契約違反とされたことなどで問題となっています。
なぜ、問題となったのでしょうか?
また、24時間営業の必要性はあるのでしょうか?

問題の原因

今回問題の発端となったのは、大阪にあるセブン・イレブンでした。
加盟店となっている店舗が人手不足となったことで、オーナーが深夜の営業を中止して19時間営業をしていたところ、それがフランチャイズ契約に違反するとして本部から1700万円の違約金を請求されたのです。

その店舗は納得がいかず本部と対立することになったのですが、それを皮切りとして他の加盟店からも、同様の問題があるため短縮営業を認めてほしいという訴えが続出し、本部との軋轢が深まっていったのです。

この問題について、セブン・イレブン・ジャパンでは社長を交代し、これまで組織的な問題としてコミュニケーション不足があったため、現場の情報に詳しい副社長を社長とすることでその問題を解決することを表明しました。

コンビニエンスストアは、フランチャイズという形式で店舗数を増やしていて、どの店舗でも同一のサービスを提供できるようマニュアル化を徹底しています。
セブン・イレブンだけでも、現在の店舗数は2万店以上になっています。

しかし、この店舗が増えたことでマニュアルだけでは対処しきれない問題も増えてきました。
以前問題となったのが、ロスチャージについてです。

これは、弁当やおにぎりなどを中心に賞味期限切れとなった商品を廃棄した際、その分も売り上げに含めてロイヤリティを支払うというもので、店舗側にとっては損にしかならないものでした。

これは不当な請求だと訴えたオーナーが提訴して、東京高裁では勝訴したもののその後の最高裁では敗訴となっています。
その際に、期限が近い品物を割引して販売する見切り販売の制限も問題となりましたが、これは独占禁止法に該当するとして制限が解除されることになりました。

なぜ24時間営業しなくてはいけないのか?

そもそも、なぜこれほど24時間営業にこだわるのでしょうか?
コンビニにとって、24時間営業を続けることのメリットとしてはどのようなことがあるのかを考えてみましょう。

繁華街などの一部の地域を除いて、深夜営業というのは大した売り上げにはなりません。
特に田舎の店舗などは、深夜の時間帯に1人の来客もないことは珍しくないでしょう。
それでも、開店していることで電気代や人件費などはかかることになります。

しかし、深夜営業を辞めた店舗を見てみると、深夜営業をしていた時と比較して日中の売り上げが3割減ったそうです。
理由ははっきりしないものの、小売店での売上高が3割減るというのは大きなダメージとなります。

また、深夜の営業というのは来客を目当てにしているというよりも、店内の管理や棚卸の時間として考えられていることもあります。
店員が2人程度の店舗では、日中に来客の対応をしながら行うのが困難なので、深夜にそれらの業務を行いながら来客があれば対応する、という考えで開店していることも多いのです。

また、店舗を訪れる客にとっては、閉店時間に間に合うか、もう開店しているかと気にしながら訪れるよりも、いつでも開いているという安心感でコンビニを訪れる人も多いようです。
この心理が、日中の売り上げにも関わってきているのかもしれません。

24時間開いているからこそコンビニだ、という考え方もありますが、人手不足が目立ってきた現在では継続していくことが難しくなるでしょう。
今後のコンビニは、営業時間の短縮や店舗数の削減なども考慮していく必要があるかもしれません。

まとめ

社会全体で人手不足といわれ、コンビニでも店員が不足していく中で24時間営業を続けようと思った場合、そのしわ寄せはオーナーにかかってきます。
高齢のオーナーもいる中で、各コンビニは店舗の状況によっては今後短縮営業も視野に入れていくべきでしょう。
すでに短縮営業の実験を始めているコンビニチェーンもあるので、その結果によっては深夜営業が減ることになるでしょう。

用語集

リスクの眼鏡では、記事に関する用語など簡単に解説したページを開設しております。

用語集のページはこちらへ
 

関連記事

こんな記事も読まれています

地震BCP(事業継続計画)の整備はどのように?... BCP(Business Continuity Plan)は事業継続計画のことで、中小企業庁は「緊急...
中小企業での従業員退職金制度によるリスク?... 中小企業が従業員の退職金を確保することは、従業員の働く意欲やモチベーションを向上させ、企業経営の発展...
介護離職問題従業員の介護支援制度利用実態... 少子高齢化が進むことでこの先人口は減少していくことが予想され、働き手となる人材も同時に不足することに...
個人事業主が突然死!知っておきたい相続のこと。... 特定の企業に所属せずに自ら契約を獲得し収入を得る個人事業主ですが、働き方改革の波を受けて今後も増加傾...
悪影響!企業におけるぶら下がり社員の対策方法とは?... 会社をはじめとして、組織が肥大化すると必ずといっていいほど増えてくるのが、ぶら下がり社員といわれる社...

img_01 img_02 img_03 img_04 img_05 img_06 img_07
  1. 2019-5-24

    自然災害に対するリスクマネジメントの方法とは?

    自然災害はいつ起こるか分からず、またその確率もごくわずかですが、いざ起こった時には多大な被害をもたら…

プレミアム記事

  1. 自然災害はいつ起こるか分からず、またその確率もごくわずかですが、いざ起こった時には多大な被害をもたら…
  2. 会社に勤めるのではなく、個人事業主として仕事をしている人は意外と多いのですが、その個人事業主が突然死…
  3. これまで社会の発展の原動力となっていた団塊の世代が、次々に退職を迎える時代となっています。 そこで、…
  4. 会社を興すときは、法務局で登記をする必要があります。 その際に、定款というものを提出することになるの…
  5. 現代企業経営は非常に複雑化しており、難しくなっていると言えます。 続々と新しいサービスが登場し、海…
  6. IT化やボーダレス社会が進むとともに企業経営は非常に複雑化するようになりました。これまでの常識が通用…
  7. 現代において人材確保に困っていない企業はほとんどないように思います。 特に地方の中小・零細企業にな…
  8. キャッシュフロー経営という言葉をご存知でしょうか? 言葉の通り、キャッシュフローを意識した経営方針…
  9. 団塊の世代など、会社の発展に大きく貢献して来た世代が続々と定年を迎えています。そこで問題になるのが退…
  10. 特定の企業に所属せずに自ら契約を獲得し収入を得る個人事業主ですが、働き方改革の波を受けて今後も増加傾…

話題をチェック!

  1. 2019-5-24

    自然災害に対するリスクマネジメントの方法とは?

    自然災害はいつ起こるか分からず、またその確率もごくわずかですが、いざ起こった時には多大な被害をもたら…
  2. 2019-4-5

    定款の目的に定めていない事業は行えない?

    会社を興すときは、法務局で登記をする必要があります。 その際に、定款というものを提出することになるの…
  3. 2016-12-7

    リスクの多様化で倒産急増中!?危ない企業の見分け方とは?

    中小企業の場合、売上を多数上げることだけに躍起となってしまうと、足元のリスクに掬われてしまう可能性が…
  4. 2016-12-4

    業務が中断すれば倒産危機!運送業の経営管理はBCPが重要

    経営資源が利用できず業務が中断してしまえばどうなるでしょう。トラック輸送が機能しないということは、原…
  5. 2016-12-3

    マイナンバー制度のデメリットとは?倒産リスクを抱える?

    マイナンバー制度導入前に国税庁が把握していた法人事業所数と社会保険の加入法人事業所数の間には、約70…
ページ上部へ戻る