コンプライアンスとはどういう意味?

 

法令遵守とは法令を守るのみではない

コンプライアンスは直訳すると「法令遵守」。企業が法律や規則など基本ルールに従い活動することです。重要とされるのは、法令だけではなく、企業規則・倫理、マニュアルなど。そして社会貢献の遵守や企業リスク回避するためにはどのようなルール設定のもとで運用していくかの環境整備が問われます。社員数などが多い企業で社内コンプライアンスを教育・実施していくためにはそれなりのコストが発生します。そのため効率的にコンプライアンスを実施していく必要があります。

 

効率良くコンプライアンスを実施するために

例えばネット上でアンケートシステムを導入するという方法があります。既に所有済みのパソコンを用いて行うため、特に大きなコスト負担が発生するわけではありません。

教育用コンテンツを作成して配信を行い、閲覧した社員は、既読チェックしていくこと必須にしておけば閲覧したかどうかの状況把握が可能です。社員から集まった意見については、次回の教育方法の改善に役立てるための資料となります。

 

コンプライアンスの理解度確認も可能

また、このアンケート形式はコンプライアンスの理解度を確認するテストとして実施することも可能です。どのくらい社員が理解できているかを確認することができ、理解できていない社員には追加で教育を実施する度チェックにもなるため、どの社員が理解度に欠けているか、追加でコンプライアンス教育を実施しなければならないかなど把握することができます。

 

社員の学習意欲向上にも

また、アンケート形式にすることで社員が直接参加して回答を行うことができます。これは講演を黙って聴いているだけではなく、自発的に教育に参加しているという意識付けにも繋がります。実施したテストなどを集計し、その結果をグラフ化して公開すればさらに社員自身で自分の理解度を確認することができます。その中で学習意欲の刺激に繋げることも可能です。

 

積極的なコンプライアンス実施のすすめ

遵守すべき範囲は各企業によって取り組み方も色々ですが、最低限のコンプライアンスを追求する企業もあれば、積極的な実施を行う企業まで様々です。法令だけでなく、社会貢献や企業理念までを遵守の範囲とすることで、企業文化や社風の改善に繋がり、信用やブランド力の向上を勝ち取ることができるでしょう。

 

コンプライアンスを確実に進めるために

社内コンプライアンスは全社で取り組むことが必要です。

全ての役員や社員が参加することが大切で、最終目標は役員を含む全社員が企業の掲げる理念や姿勢、考えを共有することです。そのため社員教育は定期的に行う必要があり、教育成果の確認も必要です。

 

コンプライアンス違反のペナルティは?

法律は完璧ではありませんので、解釈がわかれる場合もあるでしょう。ただ法律を守り違法行為しばければ良いというだけではなく、その先の社会貢献までが広く遵守できるような環境整備が企業には求められます。日頃からそういった社員への意識付けが違法行為防止にも繋がるでしょう。コンプライアンスに違反した場合には、賠償責任や営業停止というペナルティが発生する場合もあります。その際これまで築いてきた信用などを失う結果となれば、努力が水の泡です。企業を活性化し、運営していくためにも社員教育をしっかりと行うことが大切です。

You may also like

最新の記事

用語集

リスクの眼鏡では、記事に関する用語など簡単に解説したページを開設しております。

用語集のページはこちらへ
 

関連記事

話題をチェック!

  1. 2020-7-22

    定款を作成するメリットと作成しないデメリット

  2. 2019-5-24

    自然災害に対するリスクマネジメントの方法とは?

  3. 2016-12-7

    リスクの多様化で倒産急増中!?危ない企業の見分け方とは?

  4. 2016-12-4

    業務が中断すれば倒産危機!運送業の経営管理はBCPが重要

  5. 2016-12-3

    マイナンバー制度のデメリットとは?倒産リスクを抱える?

ページ上部へ戻る