雇用環境を考える 高齢者の就業促進について

日系企業の多くは現在人材確保に大きな不安を抱えております。
この記事を読んでいるあなたの企業でも思うように人材確保が進んでおらず、業績が伸び悩んでいる、なんてことがあるのではないでしょうか?
そういった現状を受けて我が国では働き方改革が進められております。
そこで今回は働き方改革の中の高齢者の就業促進についてご紹介させて頂きます。

なぜ高齢者が注目されるのか?

誰もがご存知のように日本の人口は減少し続けており、それに付随して生産年齢人口も減少し続けています。
生産年齢人口とは、15歳以上65歳未満を表す言葉で、言い換えれば労働者と言えるでしょう。つまり、労働者が年々減少しており、これから十数年で800万人以上の労働者がいなくなるという恐るべき数字すら出てきています。
しかし、企業が存続していくためには人材確保が必須事項です。
そこで注目されているのが、女性が外国人、そして今回テーマの高齢者なのです。
女性活用において大きなハードルとなるのが、育児による休職です。
現在では、まだまだ環境が整っておらず出産をタイミングに退職するケースも多くありますし、仮に職場復帰できても本来の力を発揮でていないことがほとんどです。
外国人にしても、活用できれば非常に大きなメリットがありますが、ほとんどの企業にとっては初めての試みになりますから、これもまた非常にハードルが高いものです。そういった点から考えれば、高齢者の活用は比較的容易と言えるかもしれません。
何十年も企業に勤めてきた経験やスキルがそのまま活かせる可能性が非常に高く、ある意味では誰よりも即戦力として期待できるかもしれません。
また、少子高齢化が今後ますます加速することや、健康寿命がv伸びていることからも今のうちから高齢者活用ができる環境整備を整えておくことは非常に優位になるかもしれません。

高齢者活用の注意点

さて、なんだか良いことづくめのように感じる高齢者活用ですが、注意するべき点もあります。
それは経験の豊富さ故に、新たなチャレンジに動けないことやスピードが出ないことです。
現在はスピード経済とも言われ、日々ものすごいスピードで変化しています。
そのような変化を最前線で受けるのはさすがに高齢者では厳しい部分もあるかと思いますから、適材適所で最もポテンシャルが発揮できる業務を見つけて、任せる必要があるでしょう。

高齢者活用は比較的取り組みやすい人材確保の手段ですから、
今のうちから少しずつチャレンジしてみてはいかがでしょか。

記事に関するご意見・ご要望をお聞かせ下さい。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

 

関連記事

こんな記事も読まれています

海外展開!意外と知らない現地人材の採用問題とは?... 日本国内はすでにあらゆる業種で成熟期を迎え、商品やサービスの同質化・価格競争の激化など会社経営を行う...
業務のマニュアル化が中小企業には必要な理由とは?... 日本に存在する会社の90%以上は中小企業です。 つまり中小企業の業績は日本経済に大きく影響を及ぼす...
従業員の平均年齢は何歳?職場の年齢構成で受ける影響とは?... あなたの会社の平均年齢は何歳ですか? 業種や業態により平均年齢は様々ですが、どの年代の従業員が多い...
人生100年時代の働き方~その神髄とはいったい?~... 近年話題となった書籍の中で、「人生100年時代」というキーワードが提言されて話題となりました。 そ...
M&A/M&Aで失敗してしまうケースとは?... M&Aで成功する企業と失敗してしまう企業が出てくることには理由があります。成功する確立は5~30%と...

img_01 img_02 img_03 img_04 img_05 img_06 img_07
  1. 2018-1-31

    企業経営においてマーケティングをする必要性は?

    現代企業経営は非常に複雑化しており、難しくなっていると言えます。 続々と新しいサービスが登場し、海…

プレミアム記事

  1. 現代企業経営は非常に複雑化しており、難しくなっていると言えます。 続々と新しいサービスが登場し、海…
  2. IT化やボーダレス社会が進むとともに企業経営は非常に複雑化するようになりました。これまでの常識が通用…
  3. 現代において人材確保に困っていない企業はほとんどないように思います。 特に地方の中小・零細企業にな…
  4. キャッシュフロー経営という言葉をご存知でしょうか? 言葉の通り、キャッシュフローを意識した経営方針…
  5. 団塊の世代など、会社の発展に大きく貢献して来た世代が続々と定年を迎えています。そこで問題になるのが退…
  6. 特定の企業に所属せずに自ら契約を獲得し収入を得る個人事業主ですが、働き方改革の波を受けて今後も増加傾…
  7. 役員が退職する際に支払われる役員退職金について、どれほどの理解があるでしょうか?役員退職金は通常の従…
  8. 中小企業の場合、売上を多数上げることだけに躍起となってしまうと、足元のリスクに掬われてしまう可能性が…
  9. 経営資源が利用できず業務が中断してしまえばどうなるでしょう。トラック輸送が機能しないということは、原…
  10. マイナンバー制度導入前に国税庁が把握していた法人事業所数と社会保険の加入法人事業所数の間には、約70…

話題をチェック!

  1. 2016-12-7

    リスクの多様化で倒産急増中!?危ない企業の見分け方とは?

    中小企業の場合、売上を多数上げることだけに躍起となってしまうと、足元のリスクに掬われてしまう可能性が…
  2. 2016-12-4

    業務が中断すれば倒産危機!運送業の経営管理はBCPが重要

    経営資源が利用できず業務が中断してしまえばどうなるでしょう。トラック輸送が機能しないということは、原…
  3. 2016-12-3

    マイナンバー制度のデメリットとは?倒産リスクを抱える?

    マイナンバー制度導入前に国税庁が把握していた法人事業所数と社会保険の加入法人事業所数の間には、約70…
  4. 2016-11-29

    地震災害による機械製造業のリスクとは?保険での備えを

    もしも大規模地震が突発的に発生して広い範囲で震度6強が観測されたとします。機械製造業の場合には、工場…
  5. 2016-11-27

    会社が倒産したら役員は責任を負うことになる?

    地震が頻発している中で、もしも大地震が発生すれば受注先や取引先とのルートが途絶え収益に影響が出て事業…
ページ上部へ戻る