雇用環境を考える 柔軟な働き方がしやすい環境整備

働き方改革を進める上で働き方の多様性を認めることは必要不可欠になります。
つまり、一人一人にあった柔軟な働き方ができる環境作りを企業は行っていかなければなりません。
そこで今回は働き方改革の一つである、柔軟な働き方について紹介をさせていただきます。

柔軟な働き方がなぜ必要なのか?

働き方改革が求められるようになった背景には、日本の社会問題があります。
このままでは日本経済の成長が止まってしまう危険性があるため、その改善策が働き方改革なのです。
ご存知のような日本は少子高齢化が進んでおり、生産年齢人口が減少し続けています。向こう10年は生産年齢人口が減り続けることは確実になっており、労働者は減り続けるのです。
おそらくこの記事を読んでいる経営者の方も、働き手の確保が年々難しくなっていると感じている人も多いでしょう。
労働者の確保は今後ますます難しくなっていきます。
昔から外すことのできない経営資源は「ヒト・モノ・カネ」だと言われています。
この中でも人は最初に書かれていることからも、企業にとって非常に重要です。
実際、「人材確保ができれば業績が伸ばせるのに・・・」という企業も少なくありません。
そしてこの人材確保を行う上で柔軟な働き方を認めることが一役買っているのです。

柔軟な働き方とは?

では、柔軟な働き方とは具体的にはどのような働き方でしょうか?
ここではいくつか具体例をあげさせていただきます。
例えば、最近副業をOKにするかどうかが大きな争点になっています。
これも働き方の多様性を認める一つで、副業をOKとすることでこれまで企業を辞めざるおえなかった人も、会社に属しながら新たなチャレンジを行うことができます。企業にとっては離職防止にもつながりますから、働き手の確保にプラスに働くことは誰でも理解できるかとおもいます。
他にも、在宅ワークも注目されています。
これまで出産や育児、介護などで仕事を行うことができなかった方の労働参画は日本経済を成長させるためには必須であり、少しずつ在宅ワーカーを活用する企業が増加しています。
ただし、企業として在宅ワークを進めるには、業務の棚卸や、コミュニケーション手段の構築、情報セキュリティ対策なども合わせて準備する必要があることを忘れてはなりません。
特に、在宅ワーカーの業務管理やコミュニケーションは直接会って行うことはできないですし、企業側も不慣れなことですからより一層の注意を行う必要があるでしょう。

これからの時代、会社の競争力をアップさせ続けるためには、柔軟な働き方がしやすい環境整備を行うことが必要条件になるでしょう。

You may also like

用語集

リスクの眼鏡では、記事に関する用語など簡単に解説したページを開設しております。

用語集のページはこちらへ
 

関連記事

話題をチェック!

  1. 2020-7-22

    定款を作成するメリットと作成しないデメリット

  2. 2019-5-24

    自然災害に対するリスクマネジメントの方法とは?

  3. 2016-12-7

    リスクの多様化で倒産急増中!?危ない企業の見分け方とは?

  4. 2016-12-4

    業務が中断すれば倒産危機!運送業の経営管理はBCPが重要

  5. 2016-12-3

    マイナンバー制度のデメリットとは?倒産リスクを抱える?

ページ上部へ戻る