必要不可欠な経営者のためのリスクコントロールを学ぼう

現代の企業経営はチャレンジとリスクマネジメントのバランスが非常に重要になっています。今回はそんなリスクマネジメントの中でも最初に取り組むべきリスクコントロールについて解説させていただきます。

リスクコントロールとは?

リスクコントロールという言葉を知っている方はどれほどいらっしゃるでしょうか。言葉は知らずとも、すでに実行している方も多いかとは思います。
リスクコントロールとは、リスクそのものの発生を少なくする、もしくは発生した際の被害を最小限にする事を意味します。
ちなみに、リスクが発生してから対応はリスクファイナシングと言われています。
そしてこれら両方の意味を持つ言葉がリスクマネジメントなのです。

リスクコントロールが今、重要な理由

リスクコントロールは今非常に重要になってきています。
その背景には、成熟した日本経済があります。
多くの企業は競合他社との競争の中で、これまでと同じことをただ行っているだけでは存続することが難しくなってきました。
つまり、企業経営のスタイルとして変化を恐れず前進する必要があるのです。
これまで行ってこなかった新たな販促手法や営業活動、新たな業態などへのチャレンジが必要です。
そしてチャレンジには常にリスクがついてくるものです。
経営者はこのチャレンジとリスクのバランスを見ながら、経営判断を行わなければなりません。

リスクコントールの一例

リスクコントロールを実際に行う際の例としては、
建物の耐震構造の改築やスプリンクラーの設置などがあります。
改めてになりますが、リスクコントロールはリスクそのものを排除するか、最小限にすることであるため、耐震構造の改築などはそもそも地震が起きた際の強度を強くすることで、リスクそのものを排除しています。
スプリンクラーの設置は、万が一家事が起きてしまった際の被害を最小限にすることに一役買います。

リスクコントロールの方法は各企業、各業態で違います。
物を扱っているのか、その物にはどんなリスクが潜んでいるのか、物を扱わない場合はどのようなリスクが潜んでいるのか、などリスクは外部だけでなく内部にも潜んでいるのです。
経営者はこのようなリスクをできる限り早く察知して、リスクコントロールを行っていかなければならないのです。
リスクはピンチではありません。
リスクを冒して進むべき時は必ずあるため、その際にリスクコントロールを行っているかどうかが大きな違いを生み出すのです。

You may also like

最新の記事

用語集

リスクの眼鏡では、記事に関する用語など簡単に解説したページを開設しております。

用語集のページはこちらへ
 

関連記事

話題をチェック!

  1. 2020-7-22

    定款を作成するメリットと作成しないデメリット

  2. 2019-5-24

    自然災害に対するリスクマネジメントの方法とは?

  3. 2016-12-7

    リスクの多様化で倒産急増中!?危ない企業の見分け方とは?

  4. 2016-12-4

    業務が中断すれば倒産危機!運送業の経営管理はBCPが重要

  5. 2016-12-3

    マイナンバー制度のデメリットとは?倒産リスクを抱える?

ページ上部へ戻る