気になる消費生活用製品安全法を正しく知りましょう!

製造業や小売業において製造や販売を行うにあたり守るべき法律が多くあります。今回はその中でも重要消費生活用製品安全法について解説させて頂きます。

消費生活用製品安全法とは?

消費生活用製品安全法とは、消費生活用製品によって一般消費者の生命や身体に危害が及ばないようにするため、そして特定製品の製造や販売を規制、特定保守製品の適切な保守や製品事故に関する情報収拾や情報の提供などを目的とした法律です。
消費生活用製品とは、一般消費者が生活を行う上で必要な商品を意味します。

販売にはPSCマークが必須

消費生活用製品の中で、一般消費者の生命や身体に危害を及ぼす可能性のある商品は国が定めたPSCマークがないと販売できません。
万が一、PSCマークがないまま販売した場合は、製造事業は即座に回収する必要がございます
これらの規制の対象となる製品は、製造事業者における自己確認が求められている特定製品と、その中で更に第3者におけるチェックが義務付けられている特別特定製品があります。
次の製品が特別特定製品とされています。
最も身近な所で言えばライターで、タバコに火をつけるためのものだけでなく、ろうそくや暖炉、木炭またはガス燃焼グリル、キャンプ用ストーブ、ランタンなども含まれています。
次に、浴槽用温水循環器も対象となります。これは家庭において使用することを目的として製造されたものに限り適用されています。
乳児用ベッドも特別特定製品で、出生後24ヶ月位以内の乳幼児の睡眠または保育のために製造されたものに限られています。
他にも携帯用レーザー応用装置も対象となっており、レーザー光を外部に照射して文字や形を表示させることを目的に製造されたものに限られております。
また、特別特定製品以外の特定製品をご紹介しましょう。
身体確保用に製造された登山用ロープや、家庭用圧力鍋や圧力釜、自動二輪や原付バイク用のヘルメット、石油給湯器、石油風呂釜、石油ストーブなどが特定製品として認定されています。
食品や化粧品、医療品、医療器具などこの他にも消費生活用製品は多くありますが、それらは他の法令で個別に安全規則が設定されておりますので、消費生活用製品安全法からは除外されております。

これらの法律は、これまでの規則が当てはまらない製品が出てきたときや、大きな事故が起きた際に常に改定されていくものです。
そのため製造業や小売業の経営者は日々の安全管理を行うとともに、これらの法律の改定にも対応する必要があるのです。

記事に関するご意見・ご要望をお聞かせ下さい。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新の記事

 

関連記事

こんな記事も読まれています

食品販売業のリスク:食品の表示について... 一般消費者が食品を購入する時に注意する情報として、食品の包装やパッケージの賞味期限、消費期限、原材料...
教育の重要性は企業経営においてどれほどあるのか?... 従業員の教育は多くの企業が苦戦している印象です。 しかし、今教育の重要性が存在感を増してきているこ...
社会リスク/インターネットにおける批判・中傷... 今はSNSや掲示板などで、誰でも自由にコミュニケーションできる世の中です。とても便利な世の中になった...
近未来の働き方、車内が移動会議室となる未来とは?... 近未来では、移動手段に関する考え方も大きく変化し「車内が移動会議室となる」といわれています。 近未...
労働基準法に定められた割増賃金とは?みなし残業の場合は?... 時間外労働に対する賃金の規定はご存知ですか? 労働基準法では時間外労働や休日、深夜の労働に対して割...

img_01 img_02 img_03 img_04 img_05 img_06 img_07
  1. 2018-1-31

    企業経営においてマーケティングをする必要性は?

    現代企業経営は非常に複雑化しており、難しくなっていると言えます。 続々と新しいサービスが登場し、海…

プレミアム記事

  1. 現代企業経営は非常に複雑化しており、難しくなっていると言えます。 続々と新しいサービスが登場し、海…
  2. IT化やボーダレス社会が進むとともに企業経営は非常に複雑化するようになりました。これまでの常識が通用…
  3. 現代において人材確保に困っていない企業はほとんどないように思います。 特に地方の中小・零細企業にな…
  4. キャッシュフロー経営という言葉をご存知でしょうか? 言葉の通り、キャッシュフローを意識した経営方針…
  5. 団塊の世代など、会社の発展に大きく貢献して来た世代が続々と定年を迎えています。そこで問題になるのが退…
  6. 特定の企業に所属せずに自ら契約を獲得し収入を得る個人事業主ですが、働き方改革の波を受けて今後も増加傾…
  7. 役員が退職する際に支払われる役員退職金について、どれほどの理解があるでしょうか?役員退職金は通常の従…
  8. 中小企業の場合、売上を多数上げることだけに躍起となってしまうと、足元のリスクに掬われてしまう可能性が…
  9. 経営資源が利用できず業務が中断してしまえばどうなるでしょう。トラック輸送が機能しないということは、原…
  10. マイナンバー制度導入前に国税庁が把握していた法人事業所数と社会保険の加入法人事業所数の間には、約70…

話題をチェック!

  1. 2016-12-7

    リスクの多様化で倒産急増中!?危ない企業の見分け方とは?

    中小企業の場合、売上を多数上げることだけに躍起となってしまうと、足元のリスクに掬われてしまう可能性が…
  2. 2016-12-4

    業務が中断すれば倒産危機!運送業の経営管理はBCPが重要

    経営資源が利用できず業務が中断してしまえばどうなるでしょう。トラック輸送が機能しないということは、原…
  3. 2016-12-3

    マイナンバー制度のデメリットとは?倒産リスクを抱える?

    マイナンバー制度導入前に国税庁が把握していた法人事業所数と社会保険の加入法人事業所数の間には、約70…
  4. 2016-11-29

    地震災害による機械製造業のリスクとは?保険での備えを

    もしも大規模地震が突発的に発生して広い範囲で震度6強が観測されたとします。機械製造業の場合には、工場…
  5. 2016-11-27

    会社が倒産したら役員は責任を負うことになる?

    地震が頻発している中で、もしも大地震が発生すれば受注先や取引先とのルートが途絶え収益に影響が出て事業…
ページ上部へ戻る