事業承継/事業承継準備に時期尚早はなし!

事業を継続するのは後継者問題が大きく関係します。今はまだ関係ないと思っていても、将来引退する時に上手く次に引き継ぐことができるかできるかが重要です。
できるだけ早く事業承継に取り組み、経営理念を継承していくことも大切でしょう。1つの目安として経営者が50歳を過ぎればすぐに着手するようにしましょう。


なぜ事業承継が失敗に終わってしまうのか
事業承継で失敗するケースとして、経営能力がない人へ承継されること、さらに必要な次期経営者像を詰めていないままで承継候補を決定してしまうことが挙げられます。
ただ経営者の身内だからと、意欲ややる気などのない人に事業を承継したとことで、経営がスムーズに運営できるとは言えません。
事業承継には、組織や財務、人事などの管理、そして承継に対する十分な準備が必要です。
家族が数人で事業を運営しているなら1人でも人を雇用しているのであれば経営管理理の感覚なくしての承継の成功はないでしょう。
良き後継者を選び育成するための流れ
事業承継を成功させるために欠かせない後継者選びと育成は、早い時期に取り組むことが必要になります。例えば次のような流れで取り組んでいくことを考えてみてはいかがでしょう。

・後継者選びは?
まずは経営者が50歳を迎えたら、その後10~15年後には引退することを検討して後継者となる気持ちがあるかどうか、子などに確認を行いでしょう。その時に、業種や業態、立地についての再検証も必要です。
さらに5年経ては、引退について再度家族(後継者候補)に予告しましょう。後継者候補となる人に、経営実務を経験させていくことも大切です。
ここで経営者としても素質が見出せない場合には廃業するといった覚悟も必要になるかもしれません。

・後継者候補の育成は?
後継者候補には経営革新計画の作成、認証取得、銀行や仕入先、納品先に対する取引など、自分自身で結果が出るまで取り組ませることも必要です。成功するまで通わせ、その結果によって自身の力の限界を自覚させることも大切でしょう。
後継者候補に対して、今自分が行うべきことを学ばせることは、今後の事業をスムーズに運営できるかの大きな鍵となりますので少し厳しいかな?と思うくらいでも良いでしょう。
早い段階から事業承継準備を
事業承継の準備に早すぎることはありません。むしろ遅くなれば、経営能力が十分備わっていない後継者へと引き継ぐことになり、事業運営の将来には暗雲が立ち込めることになるかもしれません。
そのため家族に承継を考えている場合などは、早い段階から現場での教育なども必要ですし、まずは誰を後継者として迎えるかを判断しておくことが必要です。

記事に関するご意見・ご要望をお聞かせ下さい。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新の記事

 

関連記事

こんな記事も読まれています

飲食・食品業:飲食店が食中毒を出してしまうと行政処分の対象に?... 飲食店などに対する保健所の食品衛生監視指導とは、飲食に起因する衛生上の危害が発生することを防ぐための...
給食による食中毒の賠償や休業リスクを回避するために... 平成8年には全国的に腸管出血性大腸菌O157による食中毒が多発しました。平成23年には飲食店で提供さ...
経営者が論理的思考を身に付ける必要性について考える... 経営者にとって、論理的思考ができるという事は必須条件といってもいいくらい重要なことです。 しかし、...
リーマンショックとは?世界的金融危機による影響... リーマンショックについて 2008年9月、アメリカ第4位の投資銀行だったリーマンブラザーズは、高リ...
教育業界:私学を取り巻く経営環境とは?... 少子高齢化が進む日本ですが、その影響もあって私立学校をめぐる経営環境は近年ますます厳しい状況です。 ...

img_01 img_02 img_03 img_04 img_05 img_06 img_07
  1. 2019-5-24

    自然災害に対するリスクマネジメントの方法とは?

    自然災害はいつ起こるか分からず、またその確率もごくわずかですが、いざ起こった時には多大な被害をもたら…

プレミアム記事

  1. 自然災害はいつ起こるか分からず、またその確率もごくわずかですが、いざ起こった時には多大な被害をもたら…
  2. 会社に勤めるのではなく、個人事業主として仕事をしている人は意外と多いのですが、その個人事業主が突然死…
  3. これまで社会の発展の原動力となっていた団塊の世代が、次々に退職を迎える時代となっています。 そこで、…
  4. 会社を興すときは、法務局で登記をする必要があります。 その際に、定款というものを提出することになるの…
  5. 現代企業経営は非常に複雑化しており、難しくなっていると言えます。 続々と新しいサービスが登場し、海…
  6. IT化やボーダレス社会が進むとともに企業経営は非常に複雑化するようになりました。これまでの常識が通用…
  7. 現代において人材確保に困っていない企業はほとんどないように思います。 特に地方の中小・零細企業にな…
  8. キャッシュフロー経営という言葉をご存知でしょうか? 言葉の通り、キャッシュフローを意識した経営方針…
  9. 団塊の世代など、会社の発展に大きく貢献して来た世代が続々と定年を迎えています。そこで問題になるのが退…
  10. 特定の企業に所属せずに自ら契約を獲得し収入を得る個人事業主ですが、働き方改革の波を受けて今後も増加傾…

話題をチェック!

  1. 2019-5-24

    自然災害に対するリスクマネジメントの方法とは?

    自然災害はいつ起こるか分からず、またその確率もごくわずかですが、いざ起こった時には多大な被害をもたら…
  2. 2019-4-5

    定款の目的に定めていない事業は行えない?

    会社を興すときは、法務局で登記をする必要があります。 その際に、定款というものを提出することになるの…
  3. 2016-12-7

    リスクの多様化で倒産急増中!?危ない企業の見分け方とは?

    中小企業の場合、売上を多数上げることだけに躍起となってしまうと、足元のリスクに掬われてしまう可能性が…
  4. 2016-12-4

    業務が中断すれば倒産危機!運送業の経営管理はBCPが重要

    経営資源が利用できず業務が中断してしまえばどうなるでしょう。トラック輸送が機能しないということは、原…
  5. 2016-12-3

    マイナンバー制度のデメリットとは?倒産リスクを抱える?

    マイナンバー制度導入前に国税庁が把握していた法人事業所数と社会保険の加入法人事業所数の間には、約70…
ページ上部へ戻る