M&A/MBIとMBOとは何か?

企業の買収や合併をあらわす言葉には様々なものがありますが、それぞれどのような意味を持つのか理解しておくと良いでしょう。


MBOとは?
会社や事業部門の経営陣や責任者が、社外投資家たちと一緒に出資をしてその会社や事業部門の買収を行い、買収後にも同じく現在の経営陣の下で経営を行うという買収手法です。
買収の主体や目的の違いで呼び名は様々
MBOは、会社の現在の経営陣がその会社を買収する方法がMBOです。他にも買収の方法は色々ありますが、買収の主体が誰なのか、何が目的かによって呼び名が異なります。
・MEBO
MBOの経営陣プラス一部の従業員による出資で会社を買収する方法
・EBO
従業員が会社を買収して経営を行う方法
・MBI
買収対象となる会社の外部のマネジメントチームにより、会社と事業を買収する方法
・BIMBO
会社の外部から新しい経営陣を迎え、新たな経営手法を導入しながら現状の経営陣と一緒に買収や経営を行う方法
MBIはMBOの一類型
MBIとは会社の買収と一緒に外部から経営陣を招き入れ経営の再建を行う方法です。通常のMBOは現在の経営陣が経営権を掌握することになりますが、MBIは外部から経営陣を新しく招き入れて行います。
経営に対するマネジメント専門の人を招き入れることによって、会社が再建できる方向へと目指すことが可能です。
MBOはのれん分け、MBIは?
MBOの場合はこれまで事業に携わっていた経営陣が、会社や事業部門自体を買い取ることになりますので「のれん分け」のような感覚があります。
しかしMBIは外部の経営陣が会社の一部門や子会社を買収して、経営陣が新しくなるという買収方法です。
どのような目的で利用されやすい?
MBOとMBIなどの違いは、内部の経営陣のみならず外部から経営の専門家や会社再建のプロフェッショナルを呼び入れ、現在の経営陣と一緒にマネジメントを行うかどうかでしょう。次のような目的で利用されることになります。

・子会社の独立目的で
まずは子会社の独立ですが、これまで経営の意思決定を本社に委ねてしたことでマネジメントに不安がある場合、またはマネジメント力が不足していることでの経営リスクを次の経営陣が背負うことを躊躇している場合などに、子会社が独立するという目的で利用されます。

・会社の再建目的で
不採算部門などの切り離し独立の場合、次の経営陣のマネジメント能力は期待できるけれど再建には不安があるという場合もあるでしょう。
この場合には、会社再建の専門家をコンサルタント会社やファンドから呼び会社を建て直すことになります。再建した後は、株式上場したり会社を売却したりして、売買差益を狙えます。

・事業承継目的で
技術やブランドとしては力を持っていても、次の経営陣にマネジメントする力がないという場合には、外部から経営の専門家が経営改革を行い、経営陣で営業や商品開発を実践しておくという役割分担によるマネジメントが必要です。
MBOを成功させるために
MBOを成功させるには、キャッシュフローを重視して買収価額の妥当性を検討し、採算性や継続性の高い事業を選定しましょう。また、強靭な企業体質を構築できるように、外部の専門家を活用することが必要になります。

記事に関するご意見・ご要望をお聞かせ下さい。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新の記事

 

関連記事

こんな記事も読まれています

福祉・医療事業:給食による食中毒での賠償問題について... 毎年食中毒の問題は起こることがありますが、小学校の給食でO-157による食中毒も以前起きたことがあり...
近未来の働き方、時間と場所にとらわれない働き方とは?... 近未来の働き方のモデルケースのひとつとして、時間と場所にとらわれない働き方というのが検討されています...
法人が加入しておくべき賠償責任保険とは?... 法人が抱える賠償責任に対するリスクとは、他人の身体や財産などに損害を与え法律上の損害賠償責任を負うこ...
従業員の低い就業意識を向上させる効果的な研修とは?... 会社経営を行う上で、従業員の就業意識は非常に大きな問題です。 経営者は会社の中でも最もモチベーショ...
転職・再就職支援の採用機会拡大に向けた支援・環境整備とは?... 働き方改革実行計画には、「雇用吸収力の高い産業への転職・再就職支援、格差を固定化させない教育の充実」...

img_01 img_02 img_03 img_04 img_05 img_06 img_07
  1. 2019-5-24

    自然災害に対するリスクマネジメントの方法とは?

    自然災害はいつ起こるか分からず、またその確率もごくわずかですが、いざ起こった時には多大な被害をもたら…

プレミアム記事

  1. 自然災害はいつ起こるか分からず、またその確率もごくわずかですが、いざ起こった時には多大な被害をもたら…
  2. 会社に勤めるのではなく、個人事業主として仕事をしている人は意外と多いのですが、その個人事業主が突然死…
  3. これまで社会の発展の原動力となっていた団塊の世代が、次々に退職を迎える時代となっています。 そこで、…
  4. 会社を興すときは、法務局で登記をする必要があります。 その際に、定款というものを提出することになるの…
  5. 現代企業経営は非常に複雑化しており、難しくなっていると言えます。 続々と新しいサービスが登場し、海…
  6. IT化やボーダレス社会が進むとともに企業経営は非常に複雑化するようになりました。これまでの常識が通用…
  7. 現代において人材確保に困っていない企業はほとんどないように思います。 特に地方の中小・零細企業にな…
  8. キャッシュフロー経営という言葉をご存知でしょうか? 言葉の通り、キャッシュフローを意識した経営方針…
  9. 団塊の世代など、会社の発展に大きく貢献して来た世代が続々と定年を迎えています。そこで問題になるのが退…
  10. 特定の企業に所属せずに自ら契約を獲得し収入を得る個人事業主ですが、働き方改革の波を受けて今後も増加傾…

話題をチェック!

  1. 2019-5-24

    自然災害に対するリスクマネジメントの方法とは?

    自然災害はいつ起こるか分からず、またその確率もごくわずかですが、いざ起こった時には多大な被害をもたら…
  2. 2019-4-5

    定款の目的に定めていない事業は行えない?

    会社を興すときは、法務局で登記をする必要があります。 その際に、定款というものを提出することになるの…
  3. 2016-12-7

    リスクの多様化で倒産急増中!?危ない企業の見分け方とは?

    中小企業の場合、売上を多数上げることだけに躍起となってしまうと、足元のリスクに掬われてしまう可能性が…
  4. 2016-12-4

    業務が中断すれば倒産危機!運送業の経営管理はBCPが重要

    経営資源が利用できず業務が中断してしまえばどうなるでしょう。トラック輸送が機能しないということは、原…
  5. 2016-12-3

    マイナンバー制度のデメリットとは?倒産リスクを抱える?

    マイナンバー制度導入前に国税庁が把握していた法人事業所数と社会保険の加入法人事業所数の間には、約70…
ページ上部へ戻る