健康経営/健康経営優良法人認定・ホワイト500とは?

企業で働く従業員、新たに企業への就職を希望する人、取引先や金融機関などが、社会的に優良企業かを判断することができる認定制度が「健康経営優良法人認定制度」です。
健康経営優良法人認定制度は、中小規模の法人や医療法人を対象とする「中小規模法人部門」と、大規模な法人や医療法人などを対象とする「大規模法人部門」に分かれています。
「ホワイト500」と言われる企業は、このうち大規模法人部門の認定法人を指す愛称です。


ホワイト500の名称の由来
認定制度を運営する日本健康会議から、平成29年2月に2017年度の認定法人として大規模法人部門235法人、中小規模法人部門95法人が認定されました。
なお、今後も健康経営に取り組む大規模法人対して認定を行い、2020年までにホワイト500と呼ばれる企業数を500法人以上にすることを目指しています。
ホワイト500の「500」という数字は、この認定を目指す数500社にちなみ、名付けられています。
健康経営優良法人認定制度で社会的な評価が上がる?
地域の健康課題への取り組み、そして日本健康会議が進めている健康増進への取り組みなどで、優良な健康経営を実践している大企業や中小企業に対して認定される制度が健康経営優良法人認定制度です。
認定されれば健康経営に取り組む法人として明確になり、その企業で働く従業員だけでなく、求職者や取引先、金融機関などからも社会的な評価を受ける環境が整備されます。
中小規模法人部門では追加認定が実施に
中小規模法人部門では中小企業等が対象となりますが、更に健康経営が普及されるために「健康経営優良法人2017」の中小規模法人部門に限っては追加認定が実施されることになり、申請受付が2017年6月1日から開始されます。
追加認定では中小規模の法人、医療法人が対象で、日本健康会議の認定委員会で審査が行われ2017年8月下旬認定予定となっています。
大規模法人部門(ホワイト500)は「健康経営優良法人認定2018」の受付が秋頃を目安に中小規模法人部門と併せて実施される予定になっています。
ホワイト500は本当にホワイト企業?
「ホワイト500」は健康経営に取り組んでいる企業の指標だと言えます。認定を受けることを希望する場合には、経済産業省が実施する「健康経営度調査」に回答し基準に適合するかの判定を受けることになります。
認定条件は経営理念、組織体制、制度・施策実行、評価・改善、法令遵守・リスクマネジメントなどです。企業に対する聞き取り調査、経済界や医療関係団体などからの意見なども入るため、実際に現場で働く人が考えているホワイト企業とは少し異なる側面もあると言えるかもしれません。
しかし社会的な評価が上がることで従業員の労働に対する意欲が向上し、結果として業績向上に良い影響があると考えられていますので、企業としては取り組むべき制度だと言えるでしょう。

記事に関するご意見・ご要望をお聞かせ下さい。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新の記事

 

関連記事

こんな記事も読まれています

社内のコミュニケーション不足は企業にとってデメリットしかない... 突然ですが、あなたの企業ではコミュニケーションが活発に行われているでしょうか?もし、この答えがノーの...
リスクと保険/業務に関わるリスクと保険(建設業)... 建設業を営む上で、情勢の悪化や不測の事態などが起きれば、建設投資は著しく減少し業績は影響を受ける可能...
事業承継/経営陣による会社買収はなぜ困難か... 事業承継に関して、中小企業は世襲で承継される事例が多いと考えられますが、中小企業経営者は後継者に血縁...
知っておくべき「顧客視点」と「お客様の声」の違いとは?... 近年のマーケティングにおいて「顧客視点」に立つことの重要性がよく語られています。この顧客視点と勘違い...
医療誤診により医療者は損害賠償義務を負うことになる?... 医療者が患者側に不適切な医療行為を行い、患者に損害が及んだ場合には債務不履行責任、もしくは不法行為責...

img_01 img_02 img_03 img_04 img_05 img_06 img_07
  1. 2018-1-31

    企業経営においてマーケティングをする必要性は?

    現代企業経営は非常に複雑化しており、難しくなっていると言えます。 続々と新しいサービスが登場し、海…

プレミアム記事

  1. 現代企業経営は非常に複雑化しており、難しくなっていると言えます。 続々と新しいサービスが登場し、海…
  2. IT化やボーダレス社会が進むとともに企業経営は非常に複雑化するようになりました。これまでの常識が通用…
  3. 現代において人材確保に困っていない企業はほとんどないように思います。 特に地方の中小・零細企業にな…
  4. キャッシュフロー経営という言葉をご存知でしょうか? 言葉の通り、キャッシュフローを意識した経営方針…
  5. 団塊の世代など、会社の発展に大きく貢献して来た世代が続々と定年を迎えています。そこで問題になるのが退…
  6. 特定の企業に所属せずに自ら契約を獲得し収入を得る個人事業主ですが、働き方改革の波を受けて今後も増加傾…
  7. 役員が退職する際に支払われる役員退職金について、どれほどの理解があるでしょうか?役員退職金は通常の従…
  8. 中小企業の場合、売上を多数上げることだけに躍起となってしまうと、足元のリスクに掬われてしまう可能性が…
  9. 経営資源が利用できず業務が中断してしまえばどうなるでしょう。トラック輸送が機能しないということは、原…
  10. マイナンバー制度導入前に国税庁が把握していた法人事業所数と社会保険の加入法人事業所数の間には、約70…

話題をチェック!

  1. 2016-12-7

    リスクの多様化で倒産急増中!?危ない企業の見分け方とは?

    中小企業の場合、売上を多数上げることだけに躍起となってしまうと、足元のリスクに掬われてしまう可能性が…
  2. 2016-12-4

    業務が中断すれば倒産危機!運送業の経営管理はBCPが重要

    経営資源が利用できず業務が中断してしまえばどうなるでしょう。トラック輸送が機能しないということは、原…
  3. 2016-12-3

    マイナンバー制度のデメリットとは?倒産リスクを抱える?

    マイナンバー制度導入前に国税庁が把握していた法人事業所数と社会保険の加入法人事業所数の間には、約70…
  4. 2016-11-29

    地震災害による機械製造業のリスクとは?保険での備えを

    もしも大規模地震が突発的に発生して広い範囲で震度6強が観測されたとします。機械製造業の場合には、工場…
  5. 2016-11-27

    会社が倒産したら役員は責任を負うことになる?

    地震が頻発している中で、もしも大地震が発生すれば受注先や取引先とのルートが途絶え収益に影響が出て事業…
ページ上部へ戻る