福祉・医療事業:病院での火災や爆発は賠償責任に!回避するための対策を

病院で火災が発生した場合、施設内で起きた事故は病院側の責任として損害賠償責任が問われることになるでしょう。
医療法人が加入する保険として施設賠償責任保険などがありますが、加入していない場合には遺族に対して賠償金の支払いに追われることになります。


賠償責任保険に加入してなかった場合
賠償金を支払うためには、保有資産の売却、預金の解約など、様々な手段で賠償資金をかき集めることになります。
それで足りればまだ良いものの、不足が出れば経営者個人の財産で補うことになるでしょう。
そのようなことのないように、万一の保険への加入は必要ですし、まず火災事故などが起きないような対策が必要になります。
消防計画などの作成は実施しているか
消防法上は収容人数 30 人以上の病院等の場合、防火管理者の選任と消防計画を作成する必要があります。
いずれにしても、消防訓練や消火・警報・避難設備は設置されているか、消防計画は作成や変更がされているかなどを確認しましょう。
万一事故が発生した場合のために
火災事故を発生させないことは重要ですが、万一発生した場合にも被害を最小限にとどめることを検討しておく必要があります。防火について実施するべき事項としては次のようなものがあります。

・防火設備の設置
自動火災報知設備と火災通報装置は連動できているか、自動火災報知器設備の受信機についてベルスイッチが常時オンの状態かどうかを確認しましょう。さらにスプリンクラーの設置、防炎物品(カーテン、ブラインド、絨毯、寝具)の使用についても確認が必要です。

・電気設備状況
コードがねじれたままや束ねた状態で使用していないか、使用電気量を超えたコンセントの使用などについて確認しましょう。
プラグの差し込みが十分かどうか、ホコリが溜まっていたり水がかかる設備が近くにあったりすることがないかも注意が必要です。電気製品の周囲に可燃物を置いている場合には移動させましょう。

・消防計画の確認
消防計画を作成して必要な場合には届出が行われているかを確認しましょう。連絡網、緊急時の連絡体制も最新のものに更新していくことが必要です。
消防火訓練、夜間や患者の身体状態に応じた避難誘導訓練の実施なども行い、消防署や地域の消防団などと連携体制を構築しておく必要もあります。

・設置義務の実施
設置義務のある消防火設備の設置と有効性、点検、防火戸やシャッターの確認、避難経路の有効性など法令等違反の有無の確認も行います。
緊急時に入院患者に対しての迅速な対応も問われますので、入院時の避難経路や避難場所の説明、入院患者の避難区分の明示なども見直すようにしましょう。
防火管理体制の構築を
病院や診療所などは一般的な施設と違って、緊急事態が起きても自力で避難することが出来ない患者も多くいます。
今後、 65 歳以上の入院患者数が増加する可能性も高くなることも踏まえて、利用者と従業員が安全でいられる防火管理体制を構築することを目指しましょう。

 

用語集

リスクの眼鏡厳選の用語集のページを開設いたしました。

用語集はこちらへ

記事に関するご意見・ご要望をお聞かせ下さい。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新の記事

 

関連記事

こんな記事も読まれています

大企業だけでない!中小も介護離職を防ぐ対策が必要な理由... これから先、10年経てば日本の65歳以上の高齢者の数は数百万人一気に増えます。団塊世代は75歳以上の...
リスクと保険/業務に関わるリスクと保険(病院)... 病院や医院の業務が様々な事故が起きる可能性を秘めています。特有の事故が多いため、しっかりとリスクマネ...
中小企業はなぜ両立支援を考えなければならないのか?... 中小企業において人材獲得は非常に大きな課題です。 ただ求人を出せば来ると言う簡単なものでなくなって...
海外ビジネスで知っておくべきカントリーリスク(政情不安)とは?... 海外でビジネスを行っていれば、日本では考えられないリスクに巻き込まれることがあります。そういったリス...
中小企業のBCP策定の重要性は?... BCP(事業継続計画)は上場企業など規模の大きな会社のものであり、中小企業には関係がない、それほど必...

img_01 img_02 img_03 img_04 img_05 img_06 img_07
  1. 2018-1-31

    企業経営においてマーケティングをする必要性は?

    現代企業経営は非常に複雑化しており、難しくなっていると言えます。 続々と新しいサービスが登場し、海…

プレミアム記事

  1. 現代企業経営は非常に複雑化しており、難しくなっていると言えます。 続々と新しいサービスが登場し、海…
  2. IT化やボーダレス社会が進むとともに企業経営は非常に複雑化するようになりました。これまでの常識が通用…
  3. 現代において人材確保に困っていない企業はほとんどないように思います。 特に地方の中小・零細企業にな…
  4. キャッシュフロー経営という言葉をご存知でしょうか? 言葉の通り、キャッシュフローを意識した経営方針…
  5. 団塊の世代など、会社の発展に大きく貢献して来た世代が続々と定年を迎えています。そこで問題になるのが退…
  6. 特定の企業に所属せずに自ら契約を獲得し収入を得る個人事業主ですが、働き方改革の波を受けて今後も増加傾…
  7. 役員が退職する際に支払われる役員退職金について、どれほどの理解があるでしょうか?役員退職金は通常の従…
  8. 中小企業の場合、売上を多数上げることだけに躍起となってしまうと、足元のリスクに掬われてしまう可能性が…
  9. 経営資源が利用できず業務が中断してしまえばどうなるでしょう。トラック輸送が機能しないということは、原…
  10. マイナンバー制度導入前に国税庁が把握していた法人事業所数と社会保険の加入法人事業所数の間には、約70…

話題をチェック!

  1. 2016-12-7

    リスクの多様化で倒産急増中!?危ない企業の見分け方とは?

    中小企業の場合、売上を多数上げることだけに躍起となってしまうと、足元のリスクに掬われてしまう可能性が…
  2. 2016-12-4

    業務が中断すれば倒産危機!運送業の経営管理はBCPが重要

    経営資源が利用できず業務が中断してしまえばどうなるでしょう。トラック輸送が機能しないということは、原…
  3. 2016-12-3

    マイナンバー制度のデメリットとは?倒産リスクを抱える?

    マイナンバー制度導入前に国税庁が把握していた法人事業所数と社会保険の加入法人事業所数の間には、約70…
  4. 2016-11-29

    地震災害による機械製造業のリスクとは?保険での備えを

    もしも大規模地震が突発的に発生して広い範囲で震度6強が観測されたとします。機械製造業の場合には、工場…
  5. 2016-11-27

    会社が倒産したら役員は責任を負うことになる?

    地震が頻発している中で、もしも大地震が発生すれば受注先や取引先とのルートが途絶え収益に影響が出て事業…
ページ上部へ戻る