大企業のリストラする年齢がやばい

みなさんの中にも「大企業に就職したら安心だ」と思っている人は多いでしょう。
有名な企業への就職は誰もが羨みますし、安定した生活の保障にもなりますよね。
しかし近年は、そのような考えが変化してきていることを、多くの人が感じ始めています。
リストラは、誰にでも容赦なく迫ってきているのです。

リストラは、果たして業績の悪い会社がする手段か?

みなさんも近ごろ、有名企業がリストラを行っているというニュースを耳にする機会があるでしょう。
誰もが知っている有名企業の場合、そのような事などあり得ないと思っている人もいるかもしれませんが、最近になって、安定して問題ない、大丈夫だと思っていた考えが崩れ始めているのです。

これらが顕著に見られるのは、40代や50代だと言われています。
この世代は、家庭での出費が多く見られるようになる世代ですし、職場内でも重要なポジションになっている人もいますよね。
職場を支えるような世代が、なぜリストラの対象となっているのでしょうか?

その理由は、単純に言うならば人件費の削減になります。
ここで少し、今までの日本の雇用形態を思い出してみて下さい。
従来の形態としては、就職したら転職等がない限りは、定年までずっと働くことができる年功序列制でしたよね。
この仕組みのメリットは、安定して仕事ができることですから、急に仕事が無くなってしまうという不安を抱えることが少ないでしょう。

その一方で、実力があるかどうかに関わらず、年数によってはそれなりの立場につくことができるという点がありますよね。
しかし、最近の雇用の動向を見てみると、ガラリと変わってきていることは、みなさんもご存知の通りでしょう。
成果主義が導入されたことにより、どのような成果を残すことができたのかが、重要視されるようになりました。

すると、人によっては目立った活躍がなくても働いている、という人が出てきてしまいますよね。
企業の経営の立場から考えると、利益に繋がる仕事をしてくれる社員は有難いですが、そのような社員を働かせているメリットはあるでしょうか?
これは厳しいことではありますが、結構シビアな問題になるのです。
そのため、上記の世代であまり成果を残せていない人を対象に、人員の整理を行おうとする動きが見られるようになったと言えるでしょう。

再就職で悩んでしまう人が多い

リストラの対象になった人の多くは、まだ家庭での支払いや生活費を自力で稼がないといけない世代になりますよね。
そのため、再就職先を探さなければなりませんが、中々上手くいかないという人も結構いるのです。
上手くいかない理由は、年齢的な問題もありますが、それに加えて収入面で妥協ができないという人もいるでしょう。

例えば、若い世代ならば、その先の可能性を見据えて転職先が決まりやすい傾向がありますよね。
しかし、40代以降となると、よほど魅力的なスキルや実力がない限りは、その人を魅力的に感じてくれる会社が少ないかもしれません。
また、社内である程度の収入を貰っていた場合は、収入が下がってしまうことに対し、プライドが許さないということもあるでしょう。
このような事情から、スムーズな次の居場所探しが難しくなってしまっているという人もいるのです。

従って、大企業に就職したからと言って、安泰だとは言い切れなくなってきました。
これからはどのような仕事をしていても、何かあった時に自ら稼ぐ、アピールすることができるスキルを身につけていく必要があるかもしれません。
それがなければ、どんどん市場から取り残されてしまう可能性があるでしょう。
最近は、上記の年齢だけでなく、若い世代にも声がかかる場合も出てきましたので、世代を問わずスキルを磨くことはしておいた方が良いかもしれませんね。

参考URL退職Assist
(https://www.taishoku-a.net/retirement/restructuring.html)

まとめ

リストラの話題は、決して他人事ではなくなってきました。
年功序列だからと言って安心して良い理由にはなりませんし、誰もがそのリスクと隣り合わせの状況にあるでしょう。
成果が重視されるようになっているからこそ、自分にしかない魅力やスキルを高めていくことが大切になります。
社会の状況は変わってきていますから、昔のまま取り残されないようにしたいですね。

用語集

リスクの眼鏡では、記事に関する用語など簡単に解説したページを開設しております。

用語集のページはこちらへ
 

関連記事

こんな記事も読まれています

会社役員個人に対して訴訟になるケースは3つのパターン... 役員が果たすべき義務に違反して会社に損害を生じさせた場合、その損害を賠償する責任を負うことになります...
雇用環境を考える 長時間労働の是正... 長時間労働は近年大きな問題としてニュースに頻繁に取り上げられています。 このような注目を集めている...
介護の現場/介護施設での人間関係問題... 職場における人間関係はどの業種でも共通の悩みですが、特に介護業界の場合は人員の募集をかけても人が集ま...
クラウドファンディングで把握しておくべきリスクとは?... ここ数年、芸能人だけでなく、一般の人でもクラウドファンディングを活用している人が多いですよね。 「...
弁護士の【セカンドオピニオン制度】は必要なのか?... 病院などにかかる際、一人の医者による診断だけではなく他の医者にも診断してもらって意見を聞いてみる、セ...

話題をチェック!

  1. 2019-5-24

    自然災害に対するリスクマネジメントの方法とは?

  2. 2019-4-5

    定款の目的に定めていない事業は行えない?

  3. 2016-12-7

    リスクの多様化で倒産急増中!?危ない企業の見分け方とは?

  4. 2016-12-4

    業務が中断すれば倒産危機!運送業の経営管理はBCPが重要

  5. 2016-12-3

    マイナンバー制度のデメリットとは?倒産リスクを抱える?

ページ上部へ戻る