企業のリスクコントロールシステム

リスクの発生は、企業を経営するうえでは避けられないものです。
しかし、そのリスクを管理していくことで、リスクの影響による損失の回避や低減を図ることはできます。
そのための方法となるのがリスクコントロールですが、どういったシステムで行われるのでしょうか?

リスクコントロールシステムとは?

企業の経営には、多くのリスクが伴っています。
リスクの内容は様々で、発生した際に受ける損害の大きさやその発生する可能性も、個々に異なります。
そのリスクを分類し、システム的に対処するのがリスクコントロールシステムです。

リスクコントロールを行うためには、まずリスクがどういうものかを知る必要があります。
そのためには、リスクについて情報を集めその原因や与える影響、発生する可能性などからリスクを評価する必要があるでしょう。

リスクというのは、どこにでも潜んでいます。
例えば、床が濡れていることが原因となってコーヒーをこぼしてしまい、そのせいでパソコンが故障してデータが破損する、という結果につながるかもしれません。
この場合、床が濡れていることとコーヒーがリスクの原因といえます。

ただ床が濡れている、というだけのことでも、起こした結果が会社の危機につながる可能性もあります。
ただし、こうしたリスクを想定しておけば、あらかじめその対策をとることでリスクを軽減、もしくは抑止することができます。

この対策を、あらかじめいくつかの方法に分類してリスクに合わせて選択できるようにしておくのが、リスクコントロールシステムです。

リスクコントロールシステムの分類は?

リスクコントロールシステムを定めるにあたって、まずはリスクに対する対処方法をどのように分類していくべきかを知る必要があるでしょう。
リスクコントロールシステムにおける、分類について解説します。

対処方法の分類は、リスクの回避、頻度の抑制、金額の抑制、リスクの分散、リスクの移転の5種類です。
リスクによって有効な対処方法は異なるので、それぞれのリスクに対してどの方法が有効かを検討してから行う必要があるでしょう。

また、リスクには直接的な要因と、間接的な要因があります。
そのどちらの要因を取り除くべきか、ということについてもその対処方法の容易さ、および発生する可能性への影響などを検討する必要があるでしょう。

現在、リスクというのは全て押さえていればいいという訳ではありません。
リスクにうまく対処することで、企業の利益を最大化することもできるため、リスクコントロールが求められるのです。

しかし、リスクというのは可能性を含めると無数に存在するため、そのすべてに対してあらかじめ対策を取っておくというのは不可能にちかいものがあります。
そこで、リスクの中でも特に危険性が高いもの、および状況によってその危険性が高くなったものに対して、素早く対処できるように備えておく必要があるでしょう。

そのために用意しておくのが、リスクコントロールシステムです。
リスクコントロールシステムを構築しておくことで、リスクが生じた際にはその対処方法を素早く選択して、リスクが広がらないようにすることができます。
企業は、これからリスクコントロールシステムの構築が重要な課題となるでしょう。

まとめ

企業の活動において、リターンを追求する場合はリスクも同時に生じやすくなります。
そのため、企業が発展するにはそのリスクをコントロールして、リスクによる影響を最小限にする必要があります。
リスクには様々な種類があり、その対処法としてもいくつもの選択肢があるので、素早く対処するためにはリスクコントロールシステムを構築して、対処法を選択できるようにしておくといいでしょう。

用語集

リスクの眼鏡では、記事に関する用語など簡単に解説したページを開設しております。

用語集のページはこちらへ
 

関連記事

こんな記事も読まれています

顧問弁護士は、自社が社外に持つ法務部のようなもの... 大企業では、法律トラブルが起こった時に備えて社内に法務部を置いている事が多いのですが、中小企業ではそ...
もしも会社が破産した場合、連帯保証人への影響は?... 運営している法人が破産してしまった際に、代表者や取締役など個人は通常であれば法人の負債に法的責任は負...
訴訟が起きるケースとは?様々な企業のリスクについて... 近年、危機管理は企業にとって他人ごとではありません。 もしも不祥事などが発生すれば、直ちに信用を失...
介護離職を防ぐ先進的な取り組みを行う企業とは?... 介護離職が問題視される中でも、企業の取り組みや対策は十分とは言えない状況です。しかし大企業を中心とし...
コンビニ24時間営業問題について解説します... コンビニといえば、24時間営業が当たり前のように思っていますが、最近では人手不足から24時間営業が困...

img_01 img_02 img_03 img_04 img_05 img_06 img_07
  1. 2019-5-24

    自然災害に対するリスクマネジメントの方法とは?

    自然災害はいつ起こるか分からず、またその確率もごくわずかですが、いざ起こった時には多大な被害をもたら…

プレミアム記事

  1. 自然災害はいつ起こるか分からず、またその確率もごくわずかですが、いざ起こった時には多大な被害をもたら…
  2. 会社に勤めるのではなく、個人事業主として仕事をしている人は意外と多いのですが、その個人事業主が突然死…
  3. これまで社会の発展の原動力となっていた団塊の世代が、次々に退職を迎える時代となっています。 そこで、…
  4. 会社を興すときは、法務局で登記をする必要があります。 その際に、定款というものを提出することになるの…
  5. 現代企業経営は非常に複雑化しており、難しくなっていると言えます。 続々と新しいサービスが登場し、海…
  6. IT化やボーダレス社会が進むとともに企業経営は非常に複雑化するようになりました。これまでの常識が通用…
  7. 現代において人材確保に困っていない企業はほとんどないように思います。 特に地方の中小・零細企業にな…
  8. キャッシュフロー経営という言葉をご存知でしょうか? 言葉の通り、キャッシュフローを意識した経営方針…
  9. 団塊の世代など、会社の発展に大きく貢献して来た世代が続々と定年を迎えています。そこで問題になるのが退…
  10. 特定の企業に所属せずに自ら契約を獲得し収入を得る個人事業主ですが、働き方改革の波を受けて今後も増加傾…

話題をチェック!

  1. 2019-5-24

    自然災害に対するリスクマネジメントの方法とは?

    自然災害はいつ起こるか分からず、またその確率もごくわずかですが、いざ起こった時には多大な被害をもたら…
  2. 2019-4-5

    定款の目的に定めていない事業は行えない?

    会社を興すときは、法務局で登記をする必要があります。 その際に、定款というものを提出することになるの…
  3. 2016-12-7

    リスクの多様化で倒産急増中!?危ない企業の見分け方とは?

    中小企業の場合、売上を多数上げることだけに躍起となってしまうと、足元のリスクに掬われてしまう可能性が…
  4. 2016-12-4

    業務が中断すれば倒産危機!運送業の経営管理はBCPが重要

    経営資源が利用できず業務が中断してしまえばどうなるでしょう。トラック輸送が機能しないということは、原…
  5. 2016-12-3

    マイナンバー制度のデメリットとは?倒産リスクを抱える?

    マイナンバー制度導入前に国税庁が把握していた法人事業所数と社会保険の加入法人事業所数の間には、約70…
ページ上部へ戻る