企業のリスクコントロールシステム

リスクの発生は、企業を経営するうえでは避けられないものです。
しかし、そのリスクを管理していくことで、リスクの影響による損失の回避や低減を図ることはできます。
そのための方法となるのがリスクコントロールですが、どういったシステムで行われるのでしょうか?

リスクコントロールシステムとは?

企業の経営には、多くのリスクが伴っています。
リスクの内容は様々で、発生した際に受ける損害の大きさやその発生する可能性も、個々に異なります。
そのリスクを分類し、システム的に対処するのがリスクコントロールシステムです。

リスクコントロールを行うためには、まずリスクがどういうものかを知る必要があります。
そのためには、リスクについて情報を集めその原因や与える影響、発生する可能性などからリスクを評価する必要があるでしょう。

リスクというのは、どこにでも潜んでいます。
例えば、床が濡れていることが原因となってコーヒーをこぼしてしまい、そのせいでパソコンが故障してデータが破損する、という結果につながるかもしれません。
この場合、床が濡れていることとコーヒーがリスクの原因といえます。

ただ床が濡れている、というだけのことでも、起こした結果が会社の危機につながる可能性もあります。
ただし、こうしたリスクを想定しておけば、あらかじめその対策をとることでリスクを軽減、もしくは抑止することができます。

この対策を、あらかじめいくつかの方法に分類してリスクに合わせて選択できるようにしておくのが、リスクコントロールシステムです。

リスクコントロールシステムの分類は?

リスクコントロールシステムを定めるにあたって、まずはリスクに対する対処方法をどのように分類していくべきかを知る必要があるでしょう。
リスクコントロールシステムにおける、分類について解説します。

対処方法の分類は、リスクの回避、頻度の抑制、金額の抑制、リスクの分散、リスクの移転の5種類です。
リスクによって有効な対処方法は異なるので、それぞれのリスクに対してどの方法が有効かを検討してから行う必要があるでしょう。

また、リスクには直接的な要因と、間接的な要因があります。
そのどちらの要因を取り除くべきか、ということについてもその対処方法の容易さ、および発生する可能性への影響などを検討する必要があるでしょう。

現在、リスクというのは全て押さえていればいいという訳ではありません。
リスクにうまく対処することで、企業の利益を最大化することもできるため、リスクコントロールが求められるのです。

しかし、リスクというのは可能性を含めると無数に存在するため、そのすべてに対してあらかじめ対策を取っておくというのは不可能にちかいものがあります。
そこで、リスクの中でも特に危険性が高いもの、および状況によってその危険性が高くなったものに対して、素早く対処できるように備えておく必要があるでしょう。

そのために用意しておくのが、リスクコントロールシステムです。
リスクコントロールシステムを構築しておくことで、リスクが生じた際にはその対処方法を素早く選択して、リスクが広がらないようにすることができます。
企業は、これからリスクコントロールシステムの構築が重要な課題となるでしょう。

まとめ

企業の活動において、リターンを追求する場合はリスクも同時に生じやすくなります。
そのため、企業が発展するにはそのリスクをコントロールして、リスクによる影響を最小限にする必要があります。
リスクには様々な種類があり、その対処法としてもいくつもの選択肢があるので、素早く対処するためにはリスクコントロールシステムを構築して、対処法を選択できるようにしておくといいでしょう。

You may also like

用語集

リスクの眼鏡では、記事に関する用語など簡単に解説したページを開設しております。

用語集のページはこちらへ
 

関連記事

話題をチェック!

  1. 2020-7-22

    定款を作成するメリットと作成しないデメリット

  2. 2019-5-24

    自然災害に対するリスクマネジメントの方法とは?

  3. 2016-12-7

    リスクの多様化で倒産急増中!?危ない企業の見分け方とは?

  4. 2016-12-4

    業務が中断すれば倒産危機!運送業の経営管理はBCPが重要

  5. 2016-12-3

    マイナンバー制度のデメリットとは?倒産リスクを抱える?

ページ上部へ戻る