これからの経営には組織力が必要不可欠!チームワークを高めよう

現在多くの企業が売り上げの低迷に悩まされています。
その背景には様々な要因がありますが、大きく言えば時代の変化についていけていないという企業が多いようです。
そこで今回はこれからの経営に必要な組織力、そしてそれを発揮するためのチームワークの重要さについて解説させて頂きます。

なぜ組織力が今求められているのか?

組織力という言葉を経営において意識されたことはありますか?
組織力がある企業は、その会社が持つすべてのリソース(資源)を最大限活用することにより、より大きな成果を残しています。
そして今この組織力が非常に重要になってきているのです。
最初にも触れたように、現代は大きな変化の真っ只中であるため、これまで常識であったことなどが変化してきています。
そのような時代の中で企業が勝ち残っていくには、その変化に柔軟に対応するしかありません。
そのためには、経営者が向かうべき旗印を立て、従業員一人ひとりがその旗印にめがけて持てる力を集結させるしかありません。
個人がそれぞれやりたいベクトルに向けて行うのではなく、協力することにより1+1を2ではなく、3、4、10と大きな成果を残さなければならないのです。

チームワークの高め方とは?

すでにご理解いただいていると思いますが、組織力を高めるにはチームワークが必要です。
全従業員が協力し、助け合う事が組織力の強化につながります。
しかし、実際多くの企業ではこの協力や助け合いができていないケースが多い傾向にあります。
例えば、部署間で壁があるケースなどはよく見かける事があります。
製造と営業はあまり仲が良くないなど、この記事をお読みの方でも当てはまるという人も多いのではないでしょうか?
このような状態は組織力が高いとは言えませんし、本来意識すべき相手を見誤っています。
そうならないために重要なことはやはり経営者です。
会社の9割は経営者で決まるとも言われていますが、まさにその通りで経営者の発信力が弱ければこのような問題が起きてしまうのです。
先ほど触れたように、経営者はこの厳しい時代の中で会社がどの方向に向かうべきかという旗印を立てなければなりません。
これはただ目標をたてるという話ではなく、従業員一人一人がなぜその方向に向かうのかを理解できていなければ全く効果は発揮しないのです。

中小企業の経営者は比較的従業員との距離感は近いものです。
それをうまく活用してコミュニケーションをとり、一人一人の意識を旗印に向けていくようにしましょう。

記事に関するご意見・ご要望をお聞かせ下さい。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

 

関連記事

こんな記事も読まれています

経営に関するリスク/社員による不正・不法行為... 企業を経営する上で様々なリスクがありますが、どのような規模の企業でも考えておくべきリスクに「社員や従...
社内のコミュニケーション不足は企業にとってデメリットしかない... 突然ですが、あなたの企業ではコミュニケーションが活発に行われているでしょうか?もし、この答えがノーの...
超スピード時代に超スピード対応する企業の経営スタイルとは?... 現在は言うまでもなく超スピードで社会が変化しています。 例えば、10年前の2008年に今のような社...
未払い残業/トラブル回避策・定額残業手当制... 契約上残業代は支払わないと取り決めているのに、労働者に未払い残業代を請求された場合には応じなくてはい...
法人が加入しておくべき賠償責任保険とは?... 法人が抱える賠償責任に対するリスクとは、他人の身体や財産などに損害を与え法律上の損害賠償責任を負うこ...

img_01 img_02 img_03 img_04 img_05 img_06 img_07
  1. 2018-1-31

    企業経営においてマーケティングをする必要性は?

    現代企業経営は非常に複雑化しており、難しくなっていると言えます。 続々と新しいサービスが登場し、海…

プレミアム記事

  1. 現代企業経営は非常に複雑化しており、難しくなっていると言えます。 続々と新しいサービスが登場し、海…
  2. IT化やボーダレス社会が進むとともに企業経営は非常に複雑化するようになりました。これまでの常識が通用…
  3. 現代において人材確保に困っていない企業はほとんどないように思います。 特に地方の中小・零細企業にな…
  4. キャッシュフロー経営という言葉をご存知でしょうか? 言葉の通り、キャッシュフローを意識した経営方針…
  5. 団塊の世代など、会社の発展に大きく貢献して来た世代が続々と定年を迎えています。そこで問題になるのが退…
  6. 特定の企業に所属せずに自ら契約を獲得し収入を得る個人事業主ですが、働き方改革の波を受けて今後も増加傾…
  7. 役員が退職する際に支払われる役員退職金について、どれほどの理解があるでしょうか?役員退職金は通常の従…
  8. 中小企業の場合、売上を多数上げることだけに躍起となってしまうと、足元のリスクに掬われてしまう可能性が…
  9. 経営資源が利用できず業務が中断してしまえばどうなるでしょう。トラック輸送が機能しないということは、原…
  10. マイナンバー制度導入前に国税庁が把握していた法人事業所数と社会保険の加入法人事業所数の間には、約70…

話題をチェック!

  1. 2016-12-7

    リスクの多様化で倒産急増中!?危ない企業の見分け方とは?

    中小企業の場合、売上を多数上げることだけに躍起となってしまうと、足元のリスクに掬われてしまう可能性が…
  2. 2016-12-4

    業務が中断すれば倒産危機!運送業の経営管理はBCPが重要

    経営資源が利用できず業務が中断してしまえばどうなるでしょう。トラック輸送が機能しないということは、原…
  3. 2016-12-3

    マイナンバー制度のデメリットとは?倒産リスクを抱える?

    マイナンバー制度導入前に国税庁が把握していた法人事業所数と社会保険の加入法人事業所数の間には、約70…
  4. 2016-11-29

    地震災害による機械製造業のリスクとは?保険での備えを

    もしも大規模地震が突発的に発生して広い範囲で震度6強が観測されたとします。機械製造業の場合には、工場…
  5. 2016-11-27

    会社が倒産したら役員は責任を負うことになる?

    地震が頻発している中で、もしも大地震が発生すれば受注先や取引先とのルートが途絶え収益に影響が出て事業…
ページ上部へ戻る