従業員の健康管理に新たなサービスが続々と

かつては自己責任と言われていた従業員の健康管理ですが、今は企業の責任であるという考え方が広まりつつあります。
その考えを受けて、従業員の健康管理に取り組む企業が増えているのですが、その中でも新しいサービスが次々と生まれています。
一体、どのようなサービスが誕生しているのでしょうか?

従業員の健康管理はどう行うか

企業が従業員の健康管理を行う場合、どのようにして行えばいいのでしょうか?
従業員の健康管理を行う場合、精神面と身体面との両方が考えられますが、その中でも特に注目されているのは精神面の健康管理でしょう。

精神面の健康を守るために、企業が行うべきなのはストレスチェックです。
このストレスチェックは、通常年1回の定期健診と共に行われますが、それでは間が空きすぎて不十分という考え方もあります。
そのため、いつでも気軽にストレスチェックができるサービスが新しく登場しています。

その一例として、簡単にストレスチェックを行うためのアプリケーションが開発されています。
15秒の音声を分析する事で、ストレス状態のチェックやメンタル疾患の早期発見、予防が可能となるサービスで、利用者が該当した場合は管理者にメールなどで知らせます。

また、測定器に人差し指を入れて数分待ち、脈拍と心拍を計測してそこから自律神経の様子を分析する事で、ストレス状況を判断するサービスもあります。
このサービスでは、ネットワークを経由して計測データをデータセンターに送信し、そのデータを分析する事で結果をすぐに返します。
様々な要素から3段階に分けた結果が出るので、簡単に判断できます。

ストレス状態の診断だけでもこうしたサービスが登場していますが、それ以外にも様々なサービスが登場しています。

様々な面で従業員の健康を管理するサービス

従業員の健康管理は、ストレスによる問題だけとは限りません。
ストレス以外の様々な問題に対しても、健康管理のためのサービスが登場しています。
より多くの問題に対処できるサービスについても知っておきましょう。

例えば、仕事が忙しくてなかなか病院に行けないせいで、病気だという確信が持てず、気づいたら重篤化しているというケースもあるでしょう。
そうならないよう、チャットで専門医師にいつでも相談できるというサービスもあるのです。

このサービスでは、年中無休で24時間対応しており、精神科や内科をはじめとした全12科の専門医師がそれぞれ病状に応じて相談に応えてくれます。
テレビ電話サービスもあり、忙しい人にはとても頼りになるでしょう。
家族の健康についての相談も可能で、少数の職場でも導入しやすいサービスです。

チャットによる相談だけではなく、ヘルスデータをクラウドでまとめて管理したり、ストレスチェックを代行したりできるサービスもあります。
メンタル相談や不眠などの悩み相談を受け付けたり、産業医を紹介したりもしてくれるため、健康管理ができる環境作りにも役立つサービスです。

精神科産業医の監修によって作られたサービスもあります。
従業員の心身の健康状態について分析を行い、そのリスク要因の分析や改善アドバイスまで行うサービスで、健康状態についてはスコアとして表示してくれます。
アドバイスによって、改善の方法がわかりやすいという点が魅力的なサービスです。

現在は、企業が従業員の健康管理を行うためにこういったサービスが登場しています。
健康経営にも注目が集まっている現在、本格的に健康管理を行うのであればこういったサービスを活用していきましょう。

まとめ

企業による従業員の健康管理という考え方が広まりつつある昨今、その健康管理のための新しいサービスが次々と登場しています。
特に注目されているのが、手軽に健康状態のチェックができるようなサービスで、中にはその原因の分析から改善のためのアドバイスまでできるサービスもあります。
企業による健康管理が義務化しつつある中で、本格的に始めていくにはやはり、早い方がいいでしょう。

用語集

リスクの眼鏡では、記事に関する用語など簡単に解説したページを開設しております。

用語集のページはこちらへ
 

関連記事

こんな記事も読まれています

マイナンバー制度のデメリットとは?倒産リスクを抱える?... マイナンバー制度導入前に国税庁が把握していた法人事業所数と社会保険の加入法人事業所数の間には、約70...
スイスチーズモデルで組織事故を考える... スイスチーズモデルというのを聞いたことがあるでしょうか? 安全管理のモデルとしてよく引用されており...
生産性を向上させるために必要なプログラム「EAP」とは... 職場パフォーマンスを向上させるためのプログラム Employee Assistance Progr...
徹底した顧客視点がこれからの企業戦略に必要になる... 2020年東京オリンピックが決まったことで、日本経済は勢いづきました。 では、2020年以降はどう...
福祉・医療事業:天災が起きた時のための医療機関ができる事前対策とは?... 大災害が発生した場合、建物やライフラインが被害を受けるだけでなく医療ニーズが高まる事態になるでしょう...

話題をチェック!

  1. 2019-5-24

    自然災害に対するリスクマネジメントの方法とは?

  2. 2019-4-5

    定款の目的に定めていない事業は行えない?

  3. 2016-12-7

    リスクの多様化で倒産急増中!?危ない企業の見分け方とは?

  4. 2016-12-4

    業務が中断すれば倒産危機!運送業の経営管理はBCPが重要

  5. 2016-12-3

    マイナンバー制度のデメリットとは?倒産リスクを抱える?

ページ上部へ戻る