企業は女性従業員への健康サポートが重要~その理由とは?~

従業員の健康管理を行う企業が増えつつありますが、その対象として考えられているのは主に男性従業員であり、女性従業員に対しての健康サポートを考えている企業は現在、それほど多くありません。
実は女性従業員への健康サポートこそが重要なのですが、その理由とは何でしょうか?

男性と女性の健康サポートの違いとは?

企業が健康サポートを行うにあたって、その想定する対象が男性従業員の場合と女性従業員の場合ではどのようにサポート内容が異なるのでしょうか?
対象を男性従業員とした場合と、女性従業員とした場合の違いについて考えてみましょう。

まず、対象を男性従業員として考えた場合は、その中心となるのはメタボリックシンドロームや生活習慣病の対策です。
現在、従業員の健康管理を行っている企業もこの点に注目している場合が多いようです。
確かに見た目にもわかりやすく、話題にも上りやすい問題なので対策することは無駄とはいえないでしょう。

しかし、女性の健康問題というのはもっと重要です。
女性特有の健康問題として、月経に伴った様々な症状が考えられます。
この問題に対処しなければならない理由として、上司が男性の場合はこうした問題を相談しにくいことと、相談しても理解を得にくいという点があります。

また、妊娠や不妊治療、更年期などの問題についても同様に相談しにくく、理解を得られるかという不安もあります。
こうした問題は個人差も大きいため、もしも上司が女性であったとしても理解を得られるとは限りません。

たとえ上司から見てサポートが必要だと感じても、デリケートな問題なので口を出しにくく、特に男性の上司であればセクハラと騒がれる可能性も出てきます。
そのため、気兼ねなく相談できるような環境が必要となるのです。

女性従業員の健康サポートに必要なのは?

男性従業員の健康サポートに必要なのは、健康診断やストレスチェック、社員食堂の設置や継続的に生活指導を受けられるように産業医を配置する、といったことでしょう。
それでは、女性従業員の健康サポートには何が必要となるのでしょうか?

女性従業員の健康サポートを行うには、まず職場の環境を整えることが必要となります。
例えばシフトを改善したり、休暇を取りやすくしたり、テレワークを導入したりできるシステムを構築することです。

また、相談窓口も必要となるでしょう。
女性従業員だけではなく、管理をする上司がどのように対応できるか相談できるような産業医、もしくはカウンセラーなどもの窓口を設置することで、お互いの問題についても解決できるようになります。

何よりも重要なのが、体調が悪いときにはきちんとそういえるように、職場内でコミュニケーションを密にすることです。
また、男女の健康問題の違いについて理解できるように、リテラシーを高めるためのセミナーの開催が必要な場合もあるでしょう。

どうしても企業というのは男性が中心と考えることが多いのですが、今や女性従業員は全体の44%を占めています。
男女の人数比にそれほど差がない現状では、女性の健康問題を放置するということはそれだけの労働損失に結びつくということになります。

すでにいくつもの企業が女性の健康問題に取り組み始めています。
その中には女性従業員が多い企業だけではなく、全体の1割程度の企業も含まれていて、女性躍進を推進しています。
女性従業員が少ないから大丈夫と思わずに、健康サポートを行いましょう。

まとめ

日本の企業は、組織の中核を担っているのが男性ということが多いため、どうしても健康サポートというと男性従業員が中心となってしまいがちです。
しかし、女性従業員には女性特有の問題があり、男性には相談しにくいことも多いため、企業としては女性従業員の健康サポートが重要となるのです。
働く女性が増えている現代だからこそ、女性従業員の健康サポートを重視しましょう。

用語集

リスクの眼鏡では、記事に関する用語など簡単に解説したページを開設しております。

用語集のページはこちらへ
 

関連記事

こんな記事も読まれています

中小企業が設立から10年で倒産する確率は9割以上?... 大企業が倒産することは滅多にありませんが、そうなった時の影響は計り知れず、大きなニュースとなります。...
飲食店が損害賠償請求されるケースは?賠償責任保険で備えを... 飲食店には不特定多数の人が来店し、食べるものを提供することで様々な面でのリスクが背中合わせの状態です...
企業の「デジタル化の遅れ」に危機感を!... 野村総合研究所で行った企業のデジタル化に対する意識調査によると、現在日本企業ではIT技術を活用するな...
超スピード時代に超スピード対応する企業の経営スタイルとは?... 現在は言うまでもなく超スピードで社会が変化しています。 例えば、10年前の2008年に今のような社...
株主代表訴訟制度とは?提訴請求に対して取るべき対応は?... 株主代表訴訟とは株主が会社のために、発起人・取締役・監査役・会計参与・執行役・清算人役員など役員に対...

img_01 img_02 img_03 img_04 img_05 img_06 img_07
  1. 2019-5-24

    自然災害に対するリスクマネジメントの方法とは?

    自然災害はいつ起こるか分からず、またその確率もごくわずかですが、いざ起こった時には多大な被害をもたら…

プレミアム記事

  1. 自然災害はいつ起こるか分からず、またその確率もごくわずかですが、いざ起こった時には多大な被害をもたら…
  2. 会社に勤めるのではなく、個人事業主として仕事をしている人は意外と多いのですが、その個人事業主が突然死…
  3. これまで社会の発展の原動力となっていた団塊の世代が、次々に退職を迎える時代となっています。 そこで、…
  4. 会社を興すときは、法務局で登記をする必要があります。 その際に、定款というものを提出することになるの…
  5. 現代企業経営は非常に複雑化しており、難しくなっていると言えます。 続々と新しいサービスが登場し、海…
  6. IT化やボーダレス社会が進むとともに企業経営は非常に複雑化するようになりました。これまでの常識が通用…
  7. 現代において人材確保に困っていない企業はほとんどないように思います。 特に地方の中小・零細企業にな…
  8. キャッシュフロー経営という言葉をご存知でしょうか? 言葉の通り、キャッシュフローを意識した経営方針…
  9. 団塊の世代など、会社の発展に大きく貢献して来た世代が続々と定年を迎えています。そこで問題になるのが退…
  10. 特定の企業に所属せずに自ら契約を獲得し収入を得る個人事業主ですが、働き方改革の波を受けて今後も増加傾…

話題をチェック!

  1. 2019-5-24

    自然災害に対するリスクマネジメントの方法とは?

    自然災害はいつ起こるか分からず、またその確率もごくわずかですが、いざ起こった時には多大な被害をもたら…
  2. 2019-4-5

    定款の目的に定めていない事業は行えない?

    会社を興すときは、法務局で登記をする必要があります。 その際に、定款というものを提出することになるの…
  3. 2016-12-7

    リスクの多様化で倒産急増中!?危ない企業の見分け方とは?

    中小企業の場合、売上を多数上げることだけに躍起となってしまうと、足元のリスクに掬われてしまう可能性が…
  4. 2016-12-4

    業務が中断すれば倒産危機!運送業の経営管理はBCPが重要

    経営資源が利用できず業務が中断してしまえばどうなるでしょう。トラック輸送が機能しないということは、原…
  5. 2016-12-3

    マイナンバー制度のデメリットとは?倒産リスクを抱える?

    マイナンバー制度導入前に国税庁が把握していた法人事業所数と社会保険の加入法人事業所数の間には、約70…
ページ上部へ戻る