従業員の健康リスク「座りすぎ問題」を問う!

内勤業務の場合、業務時間の間はほとんど椅子に座ってデスクワークをしていることが多いでしょう。
しかし、最近注目される従業員の健康リスクとして、「座りすぎ問題」に注目が集まっています。
ここでは、座りすぎ問題というのはどのような内容かについて、知っておきましょう。

「座りすぎ問題」とは?

「座りすぎ問題」というのは、椅子に座る時間が長いことが健康リスクにつながる、という問題です。
欧米では2000年頃からすでに問題とされていて、協力して警鐘を鳴らす動画を流すなどの対策を行っています。

イギリスで制作されたガイドラインでは、就業中に座る時間を最低でも2時間、できれば4時間は減らして、その分立つ、歩くなどの動きをするべきという勧告がなされています。
アメリカでも、立ったままでデスクワークを行うことができるスタンディングデスクというものがシリコンバレーにあるIT企業などで導入されています。

もし座りすぎ問題を放置した場合は、肥満や糖尿病、がんといった病気を誘発する危険性があり、死亡リスクが高まるという研究結果がでています。
この結果を受けて、日本でも注目されるようになりました。
特に、大腸がんのリスクは30%、乳がんについても17%高くなるといわれています。

死亡リスクは座っている時間に応じて高くなり、1日の着席時間が8時間以上11時間の場合は15%、11時間以上の場合は40%、4時間未満の人と比較した際にリスクが増えるとオーストラリアの研究機関による研究結果として発表されています。
たとえ1日30分のウォーキングやランニングなどの運動を、週に5日行った場合でも、このリスク増は相殺できないといわれています。

なぜ、座りすぎが問題となるのか

それでは、具体的に座りすぎは何が問題となるのでしょうか?
エコノミー症候群などでもいわれるように、座った状態というのは動作が少ないため、筋肉がほとんど使われることがありません。
そうなると、動いている時であればふくらはぎの筋肉の働きによって上半身に戻っていくはずの血流が滞り、下半身に溜まってしまうのです。

血液が下半身に溜まっていると、その血液と共に送られていく栄養や酸素などが全身に行きわたらなくなります。
長くその状態が続くと、血管内に血流を妨げる血栓ができやすくなり、様々な病気の原因となってしまうのです。

また、太ももには最も大きな筋肉があるため、この部位がどの程度運動されるかによって全体的なエネルギー代謝も大きく影響を受けます。
特に脂肪を分解する酵素の活性、および糖の代謝機能なども低下することになるので、太ももを動かすことは肥満や糖尿病の罹患にも関係してくるのです。

日本人は、座っている時間が世界20カ国の中で最も長いといわれています。
あくまでも平均なので、この時間よりも長い人は当然少なからずいます。
仕事中だけではなく自宅での行動も関わってくるため、「考えてみると意外と長い」と思うこともあるでしょう。

「座り方問題」の対策としては、1時間に1回以上はトイレ休憩、書類の整理などで離席するなどした方がいいでしょう。
特に長時間離席する必要はなく、長くても5分程度です。
もしも離席が難しい場合は、座ったままでもできる足の運動などを行うようにしましょう。

健康リスクを避けるためには、様々な対策をしっかりと行うようにしましょう。

まとめ

「座りすぎ問題」については、欧米では早くから注目されていて、日本での注目度も高まりました。
デスクワーク中心の場合は、こまめに離席するなどの対策を行い、それが難しい場合でもこまめに足の運動をするなどの対策を行いましょう。
大切なことは、自主的に対策を行い、それを継続していく事です。
同時に、ウォーキングやランニングなども継続していくといいでしょう。

コメントは利用できません。
 

関連記事

こんな記事も読まれています

企業が従業員の健康リスクの為に行うメタボ対策とは?... 最近では、従業員の健康管理を行う企業も増えてきています。 しかし、その中で重視されているのはストレス...
経営者は経営理念をどのように従業員に伝えればいいのか?... 会社は99%社長で決まると言われていますが、その社長の考えを実現するために従業員がいます。つまり、従...
会社役員なら知っておくべき!リスクを補う会社役員賠償責任保険... 会社を経営していく上で、様々なリスクに対応していく必要がありますし、備えも必要です。 その中でも、...
経営に関するリスク/リコール・欠陥製品... 製造物の特性や通常の使用形態、引き渡し時期などを考慮した上で、製造物が有すべき安全性を欠いた製品は欠...
未払い残業/労基法は経営者には厳しい!... 近年では労働者が自身の権利について意識を持つことが高まり、労使間でのトラブル件数も増えています。 ...

img_01 img_02 img_03 img_04 img_05 img_06 img_07
  1. 2019-5-24

    自然災害に対するリスクマネジメントの方法とは?

    自然災害はいつ起こるか分からず、またその確率もごくわずかですが、いざ起こった時には多大な被害をもたら…

プレミアム記事

  1. 自然災害はいつ起こるか分からず、またその確率もごくわずかですが、いざ起こった時には多大な被害をもたら…
  2. 会社に勤めるのではなく、個人事業主として仕事をしている人は意外と多いのですが、その個人事業主が突然死…
  3. これまで社会の発展の原動力となっていた団塊の世代が、次々に退職を迎える時代となっています。 そこで、…
  4. 会社を興すときは、法務局で登記をする必要があります。 その際に、定款というものを提出することになるの…
  5. 現代企業経営は非常に複雑化しており、難しくなっていると言えます。 続々と新しいサービスが登場し、海…
  6. IT化やボーダレス社会が進むとともに企業経営は非常に複雑化するようになりました。これまでの常識が通用…
  7. 現代において人材確保に困っていない企業はほとんどないように思います。 特に地方の中小・零細企業にな…
  8. キャッシュフロー経営という言葉をご存知でしょうか? 言葉の通り、キャッシュフローを意識した経営方針…
  9. 団塊の世代など、会社の発展に大きく貢献して来た世代が続々と定年を迎えています。そこで問題になるのが退…
  10. 特定の企業に所属せずに自ら契約を獲得し収入を得る個人事業主ですが、働き方改革の波を受けて今後も増加傾…

話題をチェック!

  1. 2019-5-24

    自然災害に対するリスクマネジメントの方法とは?

    自然災害はいつ起こるか分からず、またその確率もごくわずかですが、いざ起こった時には多大な被害をもたら…
  2. 2019-4-5

    定款の目的に定めていない事業は行えない?

    会社を興すときは、法務局で登記をする必要があります。 その際に、定款というものを提出することになるの…
  3. 2016-12-7

    リスクの多様化で倒産急増中!?危ない企業の見分け方とは?

    中小企業の場合、売上を多数上げることだけに躍起となってしまうと、足元のリスクに掬われてしまう可能性が…
  4. 2016-12-4

    業務が中断すれば倒産危機!運送業の経営管理はBCPが重要

    経営資源が利用できず業務が中断してしまえばどうなるでしょう。トラック輸送が機能しないということは、原…
  5. 2016-12-3

    マイナンバー制度のデメリットとは?倒産リスクを抱える?

    マイナンバー制度導入前に国税庁が把握していた法人事業所数と社会保険の加入法人事業所数の間には、約70…
ページ上部へ戻る