徹底した顧客視点がこれからの企業戦略に必要になる

2020年東京オリンピックが決まったことで、日本経済は勢いづきました。
では、2020年以降はどうなるでしょうか?
一時的な特需だけに目を向けていると、経営はあっという間に傾いてしまいます。
そこで、今回は現在の企業戦略に必要な顧客視点について解説させていただきます。

企業戦略は時流適応が基本

時代が変化する中で、倒産する企業と生き残る企業は何が違うのでしょうか?
この問いについての答えはたくさんあげることはでいますが、一言でいえば時代の変化に適応できていたかどうかです。
つまり、時流適応が企業経営の基本になるということです。
どんなに素晴らしい商品を作っていても時代に適応していなければ生き残ることはできません。
何代にもわたって継承されている職人技を使った素晴らしい商品を作っていたとしても、時代にあった販促活動を行っていなければお客さんが来ない、という例は非常にわかりやすいかと思います。
では、この時流とは一体何でしょうか?
時流とは顧客の心理が現れたものです。つまり、時流適応とは、顧客心理の変化に対応することなのです。
時代とともに顧客のライフスタイルは変わります。
この変化に常に寄り添いながら企業経営を行うことが必要なのです。

顧客視点がなぜ重要になるのか?

これからの企業戦略には徹底した顧客視点が必要になります。
これまで解説させていただいた様に時流適応するためには、そもそも顧客視点は必要不可欠です。
しかし、現代ではこの顧客視点のレベルや精度を高めなければなりません。
この背景には、顧客の目が肥えたことで、購買行動を起こすきっかけに変化があるからです。
行きすぎた生産競争や価格競争により、現在の世の中には似たような商品が溢れるようになりました。
企業としては、そのような厳しい環境の中で自社商品を選んでもらう必要があります。
そのためには、ターゲティングをより具体的に行い、万人受けではなく、自社が狙う顧客層にとって魅力的な商品を開発するべきです。
つまり、狙う顧客層の視点を徹底的に磨くことで、他社商品との差別化を行うことができ、物が溢れた市場の中で自社独自のポジショニングを見つけることができるのです。

これまでお読みいただきご理解いただいたように、今後の企業戦略を決める上で顧客視点は必要不可欠です。なぜなら、商品開発や販売促進などあらゆるマーケティングにこの顧客視点が必要になるからです。
その精度がたければ高いほど、この変化の激しい現代の中で生き残ることがでいるでしょう。

用語集

リスクの眼鏡では、記事に関する用語など簡単に解説したページを開設しております。

用語集のページはこちらへ
 

関連記事

こんな記事も読まれています

中小企業のM&Aは増加する傾向に... 近年、国内におけるM&Aの件数は増えつつあります。 特に、中小企業ではその傾向がより強くなっている...
会社の倒産が続出?マイナンバー制度による企業への影響とは... 平成28年からいよいよスタート マイナンバー制度がついに始まりました。住民票を有する全ての人に1つ...
経営者が認知症・・・任意後見人制度... 経営者の高齢化が進む現代において、経営者が認知症となってしまい、問題となる事態が増えています。 そ...
経営の危機的状況に追い込まれた時に行うべきこととは?... 企業経営を行っていれば業績の波は経験するものです。 しかし、現代は非常に変化が波へしく昨日まで好調...
運送業:運送コストを考える?... 運送業を営む上で検討していかなければならないのは運送にかかるコスト削減です。企業を経営していくにあた...

img_01 img_02 img_03 img_04 img_05 img_06 img_07
  1. 2019-5-24

    自然災害に対するリスクマネジメントの方法とは?

    自然災害はいつ起こるか分からず、またその確率もごくわずかですが、いざ起こった時には多大な被害をもたら…

プレミアム記事

  1. 自然災害はいつ起こるか分からず、またその確率もごくわずかですが、いざ起こった時には多大な被害をもたら…
  2. 会社に勤めるのではなく、個人事業主として仕事をしている人は意外と多いのですが、その個人事業主が突然死…
  3. これまで社会の発展の原動力となっていた団塊の世代が、次々に退職を迎える時代となっています。 そこで、…
  4. 会社を興すときは、法務局で登記をする必要があります。 その際に、定款というものを提出することになるの…
  5. 現代企業経営は非常に複雑化しており、難しくなっていると言えます。 続々と新しいサービスが登場し、海…
  6. IT化やボーダレス社会が進むとともに企業経営は非常に複雑化するようになりました。これまでの常識が通用…
  7. 現代において人材確保に困っていない企業はほとんどないように思います。 特に地方の中小・零細企業にな…
  8. キャッシュフロー経営という言葉をご存知でしょうか? 言葉の通り、キャッシュフローを意識した経営方針…
  9. 団塊の世代など、会社の発展に大きく貢献して来た世代が続々と定年を迎えています。そこで問題になるのが退…
  10. 特定の企業に所属せずに自ら契約を獲得し収入を得る個人事業主ですが、働き方改革の波を受けて今後も増加傾…

話題をチェック!

  1. 2019-5-24

    自然災害に対するリスクマネジメントの方法とは?

    自然災害はいつ起こるか分からず、またその確率もごくわずかですが、いざ起こった時には多大な被害をもたら…
  2. 2019-4-5

    定款の目的に定めていない事業は行えない?

    会社を興すときは、法務局で登記をする必要があります。 その際に、定款というものを提出することになるの…
  3. 2016-12-7

    リスクの多様化で倒産急増中!?危ない企業の見分け方とは?

    中小企業の場合、売上を多数上げることだけに躍起となってしまうと、足元のリスクに掬われてしまう可能性が…
  4. 2016-12-4

    業務が中断すれば倒産危機!運送業の経営管理はBCPが重要

    経営資源が利用できず業務が中断してしまえばどうなるでしょう。トラック輸送が機能しないということは、原…
  5. 2016-12-3

    マイナンバー制度のデメリットとは?倒産リスクを抱える?

    マイナンバー制度導入前に国税庁が把握していた法人事業所数と社会保険の加入法人事業所数の間には、約70…
ページ上部へ戻る