福祉施設のリスク:福祉施設で事故が起きた時のために!保険での備えと事故防止対策を

社会福祉法人の施設は、リスクが増大する傾向にあるため運営していく上で大きな課題になっています。
施設を守るために賠償責任保険への加入が重要になりますが、実際保険金の支払い件数が増えていることからもニーズがいかに高いかを確認することができます。
老人施設での事故は、転倒や転落によるものが7割以上を占めている状況です。他にも誤嚥事故なども高い割合ですし、人や物と接触したり衝突したりすることでの創傷や、介助中の圧迫などが原因の打撲や骨折、入浴中の火傷などもあります。
老人施設での事故ケース
転倒による骨折などが多く発生しています。例えば転倒して後頭部を打撲して急性硬膜下血腫や骨折などを起こすというケース以外にも、転倒した時に他の利用者と口論となって押し合いにありさらに転倒して骨折するというケースなどもあります。
他にも入れ歯の嘔吐物を洗い流そうとした時、誤って下水道に落としてしまい流してしまったという物損事故や、浴室脱衣所で着衣介助をしている時に胃ろうカテーテルが抜去されて出血してしまうというケースもあります。
事故が多く発生する場所
事故が発生する場所は居室が多い傾向ですが、ベッドから降りた時や居室からトイレに向かう時に転倒や転落する事故が多く発生しています。
他にも廊下、食堂、トイレ、浴室、玄関など至るところで事故は発生します。必要になるのは施設内の設備を安全に保つための改修や、見守り体制の整備です。事前に事故を防止する対策を行うようにしましょう。
デイサービスなどの施設でも老人施設と同様の事故が起きている状況です。転倒や転落が7割以上を占め、誤嚥事故が起きる割合も高い傾向にあります。
賠償責任保険に加入していれば安心?
賠償責任保険は偶然な事故で他人の身体や財産に損害を与えたことにより法律上の賠償責任を負うことになった場合に損害を填補するためのものです。
そのため保険金の支払い可否の判断には、法律上の賠償責任の有無の判断がまず必要です。保険契約の免責条項の中には、保険金お支払えない事故についても規定がありますので、法律上の賠償責任が発生する場合でも事故の全てが保険の対象になるとは限りませんので注意しましょう。
事故防止策を検討するために
まず現状を的確に把握していく必要がありますので、施設内で起きた事故を把握して事故に繋がる可能性のあるヒヤリ・ハット事例を収集していくようにしましょう。
発生頻度が高い転倒や転落、窒息、誤薬などについては、事故発生の要因と予防の視点より事故防止対策を具体的に講じておく必要があるでしょう。
保険での備えも必要ですが、保険は万一の事態に備えるものですので事故事態が発生しないように施設内で取り組むことが重要です。

記事に関するご意見・ご要望をお聞かせ下さい。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新の記事

用語集

リスクの眼鏡では、記事に関する用語など簡単に解説したページを開設しております。

用語集のページはこちらへ
 

関連記事

こんな記事も読まれています

マイナンバーは分散管理が大切!事業者が行うべき対応は?... 平成28年1月から税や医療や年金、介護、福祉、労働保険など社会保障手続き、災害対策分野でマイナンバー...
20代~40代の死因トップは「自殺」!企業のできること... 厚生労働省が企業に「ストレスチェック」を義務付け 20~40代の死亡原因のうちもっとも高い原因が自...
名誉毀損で刑事告訴?増加する誹謗中傷の書込みへの対応は?... インターネットの普及に置いて、企業に対しての誹謗中傷の書き込みなどが匿名掲示板やブログなどに掲載され...
経営者が認知症・・・属人的株式の設定... 株式会社が発行する株式には、いくつかの種類があります。 その中の一つとして、属人的株式というものがあ...
自然災害に対するリスクマネジメントの方法とは?... 自然災害に対してのリスクマネジメントに取り組む前に要因について検討していく必要があります。 自然災...

img_01 img_02 img_03 img_04 img_05 img_06 img_07
  1. 2019-5-24

    自然災害に対するリスクマネジメントの方法とは?

    自然災害はいつ起こるか分からず、またその確率もごくわずかですが、いざ起こった時には多大な被害をもたら…

プレミアム記事

  1. 自然災害はいつ起こるか分からず、またその確率もごくわずかですが、いざ起こった時には多大な被害をもたら…
  2. 会社に勤めるのではなく、個人事業主として仕事をしている人は意外と多いのですが、その個人事業主が突然死…
  3. これまで社会の発展の原動力となっていた団塊の世代が、次々に退職を迎える時代となっています。 そこで、…
  4. 会社を興すときは、法務局で登記をする必要があります。 その際に、定款というものを提出することになるの…
  5. 現代企業経営は非常に複雑化しており、難しくなっていると言えます。 続々と新しいサービスが登場し、海…
  6. IT化やボーダレス社会が進むとともに企業経営は非常に複雑化するようになりました。これまでの常識が通用…
  7. 現代において人材確保に困っていない企業はほとんどないように思います。 特に地方の中小・零細企業にな…
  8. キャッシュフロー経営という言葉をご存知でしょうか? 言葉の通り、キャッシュフローを意識した経営方針…
  9. 団塊の世代など、会社の発展に大きく貢献して来た世代が続々と定年を迎えています。そこで問題になるのが退…
  10. 特定の企業に所属せずに自ら契約を獲得し収入を得る個人事業主ですが、働き方改革の波を受けて今後も増加傾…

話題をチェック!

  1. 2019-5-24

    自然災害に対するリスクマネジメントの方法とは?

    自然災害はいつ起こるか分からず、またその確率もごくわずかですが、いざ起こった時には多大な被害をもたら…
  2. 2019-4-5

    定款の目的に定めていない事業は行えない?

    会社を興すときは、法務局で登記をする必要があります。 その際に、定款というものを提出することになるの…
  3. 2016-12-7

    リスクの多様化で倒産急増中!?危ない企業の見分け方とは?

    中小企業の場合、売上を多数上げることだけに躍起となってしまうと、足元のリスクに掬われてしまう可能性が…
  4. 2016-12-4

    業務が中断すれば倒産危機!運送業の経営管理はBCPが重要

    経営資源が利用できず業務が中断してしまえばどうなるでしょう。トラック輸送が機能しないということは、原…
  5. 2016-12-3

    マイナンバー制度のデメリットとは?倒産リスクを抱える?

    マイナンバー制度導入前に国税庁が把握していた法人事業所数と社会保険の加入法人事業所数の間には、約70…
ページ上部へ戻る