企業のリスクファイナンス手法として事業保険の活用を検討しよう

会社経営は常にリスクを取りながら行う必要があります。
しかし、そのバランスを万が一間違えてしまった時には取り返しのつかないような事態になること事があります。
そこで今回はそのような最悪の事態を想定し、リスクファイナンス手法の一つとしての事業保険の活用について解説させて頂きます。

リスクファイナンスとは?

最初にリスクファイナンスについて復習しましょう。
リスクファイナンスとは、会社を継続していくための財務面におけるリスク対策のことで、「リスクの保有」と「リスクの移転」の二つに分けられます。
言葉の通りで、リスクの保有は自社でそのリスクを保有する、つまり自社の資金でそのリスクに対応すると言う事で、リスクの移転とは第3者にリスクを移転する事で事業保険や地震保険はコレに含まれます。

【事業リスクのチェックはこちら】

事業保険とは?

次に事業保険について解説させていただきます。
事業保険とは、法人保険とも言われ、会社を守ることはもちろん、法人税の節税であったり、福利厚生として活用する事が可能です。
今回はこの中でも「会社を守る」と言う点に注目していきましょう。
会社が危機になると言うとどんな状況を考えるでしょうか?
よくある例としては、経営者に万が一のことが起こり、社内の混乱が起き、銀行や取引先からの信用が落ちてしまうことです。
それにより融資や取引が止まってしまい、経営の危機に陥る場合です。
そのような状況になれば、給与もまともに払えなくなり、まさに悪循環に入って行ってしまいます。
他にも、会社経営を行っていると、手元の現金がなくなってしまう状況があるものです。天災や事故などがコレに当てはまります。
どちらも現金が急遽必要なケースですが、この時に死亡保険金が受け取れたり、日頃から緊急用予備資金が確保できていればそんなに安心なことはありません。
このような経営の危機に事業保険は大きな存在感を発揮します。
もし、事業保険を活用していれば、日頃から保険会社に保険料としてお金をプールしているようなものですから、必要な時に1週間もあれば現金を手に入れることができます。

このように事業保険はリスクファイナンス手法としては、非常に優れていると言えます。今回は触れませんでしたが、他にも損金扱いにできることから法人税の節税に役立ったり、福利厚生の一つとしてその家族の生活保障なども保険の対象となりますから、あらゆる面で活躍するでしょう。
是非この機会にリスクファイナンス手法の一つとして事業保険をご検討いただければ幸いです。

記事に関するご意見・ご要望をお聞かせ下さい。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

 

関連記事

こんな記事も読まれています

株主代表訴訟の要件とは?提起が却下されることもある?... 取締役が違法行為をしたことで会社に損害を与えた場合、取締役個人に対する損害賠償請求を会社が起こすこと...
取引先が倒産するリスクとは?連鎖倒産から会社を守るには... 取引先が倒産してしまった場合、自社にどのような影響を及ぼすのか、その結果として一緒に倒産してしまった...
クーリングオフ制度とは?事業者間での取引にも適用される?... 消費者を守るための制度 特定商取引法で規定された販売業者と一般消費者の間で締結した契約について、消...
放射能など環境汚染へのリスクを回避するためには?... 多発する様々な災害は放射能リスクと無縁というわけにはいられない状況と言えます。 原子炉は地方だけで...
なぜ現代で生き残るために経営の意識改革が必要なのか?... 企業経営において利益を出すことが何よりも重要で、それがなくては自分はもちろん従業員や取引先などの関係...

img_01 img_02 img_03 img_04 img_05 img_06 img_07
  1. 2018-1-31

    企業経営においてマーケティングをする必要性は?

    現代企業経営は非常に複雑化しており、難しくなっていると言えます。 続々と新しいサービスが登場し、海…

プレミアム記事

  1. 現代企業経営は非常に複雑化しており、難しくなっていると言えます。 続々と新しいサービスが登場し、海…
  2. IT化やボーダレス社会が進むとともに企業経営は非常に複雑化するようになりました。これまでの常識が通用…
  3. 現代において人材確保に困っていない企業はほとんどないように思います。 特に地方の中小・零細企業にな…
  4. キャッシュフロー経営という言葉をご存知でしょうか? 言葉の通り、キャッシュフローを意識した経営方針…
  5. 団塊の世代など、会社の発展に大きく貢献して来た世代が続々と定年を迎えています。そこで問題になるのが退…
  6. 特定の企業に所属せずに自ら契約を獲得し収入を得る個人事業主ですが、働き方改革の波を受けて今後も増加傾…
  7. 役員が退職する際に支払われる役員退職金について、どれほどの理解があるでしょうか?役員退職金は通常の従…
  8. 中小企業の場合、売上を多数上げることだけに躍起となってしまうと、足元のリスクに掬われてしまう可能性が…
  9. 経営資源が利用できず業務が中断してしまえばどうなるでしょう。トラック輸送が機能しないということは、原…
  10. マイナンバー制度導入前に国税庁が把握していた法人事業所数と社会保険の加入法人事業所数の間には、約70…

話題をチェック!

  1. 2016-12-7

    リスクの多様化で倒産急増中!?危ない企業の見分け方とは?

    中小企業の場合、売上を多数上げることだけに躍起となってしまうと、足元のリスクに掬われてしまう可能性が…
  2. 2016-12-4

    業務が中断すれば倒産危機!運送業の経営管理はBCPが重要

    経営資源が利用できず業務が中断してしまえばどうなるでしょう。トラック輸送が機能しないということは、原…
  3. 2016-12-3

    マイナンバー制度のデメリットとは?倒産リスクを抱える?

    マイナンバー制度導入前に国税庁が把握していた法人事業所数と社会保険の加入法人事業所数の間には、約70…
  4. 2016-11-29

    地震災害による機械製造業のリスクとは?保険での備えを

    もしも大規模地震が突発的に発生して広い範囲で震度6強が観測されたとします。機械製造業の場合には、工場…
  5. 2016-11-27

    会社が倒産したら役員は責任を負うことになる?

    地震が頻発している中で、もしも大地震が発生すれば受注先や取引先とのルートが途絶え収益に影響が出て事業…
ページ上部へ戻る