労災事故での休業補償は事業主も負担する必要がある?

労働者が労働災害で負傷した場合、休業補償給付など労災保険から給付を受けるには労働基準監督署長へ請求を行う必要があります。ただし休業4日未満の労働災害については、労災保険からではなく使用者が労働者に休業補償を行う必要があります。

事業主が行う休業補償とは?
災害の発生が仕事中に起きた業務災害なのか、それとも通勤途中に起きた通勤災害なのかで取り扱いが異なります。

・業務災害の場合

事業主は休業初日から3日目までの間、平均賃金の60%を被災した労働者に補償する必要があります。労働者が業務上のケガが理由で業務を行うことができず賃金を得られない場合には、事業主が休業補償を行うことを労働基準法で定められています。
・平均賃金とは?

労働基準法で定められている平均賃金とは、事由が発生した日以前3か月間にその労働者に対して支払われた賃金総額をその期間の総日数で割った金額です。この期間は賃金締切日がある場合は、直前の賃金締切日から起算することも定められています。
・通勤災害の場合

通勤災害の場合、労働基準法上では事業主に休業補償の責任はありません。そのため業務災害と異なって休業初日から3日目までの補償を事業主が行う必要はありません。

労災保険の請求方法
業務上もしくは通勤の際にケガで業務が行えなくなった場合には、休業4日目以降は労災保険から休業補償を受けることができます。その場合には労働基準監督署にある請求書を提出しますが、労働基準監督署で必要な調査が行われたのちに保険金が給付されるという仕組みになっています。
・療養補償給付

療養(治療)した医療機関が労災保険の指定する医療機関の場合は、「療養補償給付たる療養の給付請求書」を医療機関に提出します。この給付請求書は医療機関を経由し労働基準監督署長に提出されますので医療機関での窓口支払いはありません。

ただし療養した医療機関が労災保険の指定する医療機関でない場合には、一度療養にかかった費用を立て替えて支払う必要があります。「療養補償給付たる療養の費用請求書」を労働基準監督署長に直接提出することで費用が還付されます。
・休業補償給付
休業補償給付を受けるためには「休業補償給付支給請求書」を労働基準監督署長に提出する必要があります。
・その他の給付
他にも障害補償給付、遺族補償給付、葬祭料、傷病補償年金、介護補償給付など様々な保険給付があります。いずれも労働基準監督署長に請求書などの提出が必要となりますので確認しましょう。

事業主も労働者の休業補償を
事業主は労働災害で労働者が休業した場合には、3日目まではその労働者に対して休業補償を行う必要があります。労災保険は業務災害が起きた時に被災労働者に対しての補償を肩代わりしてくれる保険です。労働者の為の保険というよりも事業主の為の保険であることを理解しておきましょう。

最新の記事

用語集

リスクの眼鏡では、記事に関する用語など簡単に解説したページを開設しております。

用語集のページはこちらへ
 

関連記事

こんな記事も読まれています

飲食・食品業:飲食店が食中毒を出してしまうと行政処分の対象に?... 飲食店などに対する保健所の食品衛生監視指導とは、飲食に起因する衛生上の危害が発生することを防ぐための...
企業のBCP(事業継続計画)の必要性とは... 災害や事故等に備えた企業が行うべき取り組み 災害や事故はいつ発生するのか、誰も予測が付きません...
弁護士だから出来るクレームトラブルへの対策... 近年、クレームトラブルの対策に悩む企業が増えつつあります。 自社でクレーム対応の窓口を作る等、対策...
マイナンバー制度の導入で年金手帳は不要になった?... 2016年度から導入された「マイナンバー制度」は一般的に「国民総背番号制」とも呼ばれている制度で、国...
中小企業における失敗しない後継者の育て方とは?... 中小企業の多くは経営者の高齢による世代交代の時期を迎えており、まさに今後継者育成を行なっているという...

img_01 img_02 img_03 img_04 img_05 img_06 img_07
  1. 2019-5-24

    自然災害に対するリスクマネジメントの方法とは?

    自然災害はいつ起こるか分からず、またその確率もごくわずかですが、いざ起こった時には多大な被害をもたら…

プレミアム記事

  1. 自然災害はいつ起こるか分からず、またその確率もごくわずかですが、いざ起こった時には多大な被害をもたら…
  2. 会社に勤めるのではなく、個人事業主として仕事をしている人は意外と多いのですが、その個人事業主が突然死…
  3. これまで社会の発展の原動力となっていた団塊の世代が、次々に退職を迎える時代となっています。 そこで、…
  4. 会社を興すときは、法務局で登記をする必要があります。 その際に、定款というものを提出することになるの…
  5. 現代企業経営は非常に複雑化しており、難しくなっていると言えます。 続々と新しいサービスが登場し、海…
  6. IT化やボーダレス社会が進むとともに企業経営は非常に複雑化するようになりました。これまでの常識が通用…
  7. 現代において人材確保に困っていない企業はほとんどないように思います。 特に地方の中小・零細企業にな…
  8. キャッシュフロー経営という言葉をご存知でしょうか? 言葉の通り、キャッシュフローを意識した経営方針…
  9. 団塊の世代など、会社の発展に大きく貢献して来た世代が続々と定年を迎えています。そこで問題になるのが退…
  10. 特定の企業に所属せずに自ら契約を獲得し収入を得る個人事業主ですが、働き方改革の波を受けて今後も増加傾…

話題をチェック!

  1. 2019-5-24

    自然災害に対するリスクマネジメントの方法とは?

    自然災害はいつ起こるか分からず、またその確率もごくわずかですが、いざ起こった時には多大な被害をもたら…
  2. 2019-4-5

    定款の目的に定めていない事業は行えない?

    会社を興すときは、法務局で登記をする必要があります。 その際に、定款というものを提出することになるの…
  3. 2016-12-7

    リスクの多様化で倒産急増中!?危ない企業の見分け方とは?

    中小企業の場合、売上を多数上げることだけに躍起となってしまうと、足元のリスクに掬われてしまう可能性が…
  4. 2016-12-4

    業務が中断すれば倒産危機!運送業の経営管理はBCPが重要

    経営資源が利用できず業務が中断してしまえばどうなるでしょう。トラック輸送が機能しないということは、原…
  5. 2016-12-3

    マイナンバー制度のデメリットとは?倒産リスクを抱える?

    マイナンバー制度導入前に国税庁が把握していた法人事業所数と社会保険の加入法人事業所数の間には、約70…
ページ上部へ戻る