年次有給休暇の取得が義務化?企業の行うべきこととは

年次有給休暇をとりづらい中小企業の取得率の実態

日本の年次有給休暇の取得率は毎年50%を下回っている状況であり、約16%の正社員が年間を通して1日の取得も行えていないという現状にあります。長時間労働者であるほど取得率が低い傾向にあり、特に中小企業では大企業より取得率が低いようです。

取得率向上を目標に

政府の目標としては2020年に取得率70%になることですが、この現実とかけ離れた状況を打破するためには年次有給休暇の取得を促進するために2015年4月、改正労働基準法案が国会に提出されています。

年次有給休暇の取得方法については、現在は労働者が休みたい時期と日数を指定して申請する方法です。今回の改正されたことで企業は管理職を含む全正社員に対して最低年5日分年次有給休暇を取得させるということが義務付けられ、違反した場合には罰則(30万円以下の罰金)が科せられる方向で話が進んでいます。

現在の年次有給休暇の取得は使用者の承認が必要?

年次有給休暇は労働者に認められた権利です。通常であれば承認を得る必要はないのですが、会社が事業を運営することに支障が生じる場合は使用者側が時季変更権を行使することができます。

年次有給休暇の労働者による買い上げは可能?

年次有給休暇を労働者が買い上げることは原則的には認められていません。ただし法定日数を超える休暇日数分、時効や退職・解雇によって消滅した日数分は例外とみなされます。

年次有給休暇取得義務化の目的

そもそも年次有給休暇が設けられている理由は、労働者の心身疲労の回復、労働力の維持培養を図る目的です。このため有給休暇の取得ができていない労働者への長時間労働を抑制することが今回の義務化の目的になります。これにより労働者の健康を確保することができるでしょう。

年次有給休暇取得義務化の内容

今回の改正労働基準法による年次有給休暇の取得義務化の対象者は、有給休暇の付与日数が10日以上の労働者です。10日に満たない日数の短時間労働者(パートやアルバイトなど)は対象外です。

労働者に付与される年次有給休暇最低5日については、使用者側がその時季について指定するという義務があります。計画的に付与がされた場合や付与労働者が時季を指定した場合にはそれらの日数を5日から差し引いて残った日数に対して使用者に時季指定を義務付けるようになっています。そのため計画的に付与されることで5日の取得が既に予定されている場合、労働者が5日以上の時季指定を行っているは使用者が指定する必要はなくなります。

今後の有給休暇消化はどう動くのか

厚生労働省が打ち出した労働者に対する年5日の有給休暇取得の義務化についての労働基準法改正案は平成27年度通常国会で提出されました。施行予定は平成28年4月でしたが、現在衆議院での審議は止まっている状態です。大きな議論を呼んでいる改正案のため、実施される日も間近かもしれません。

記事に関するご意見・ご要望をお聞かせ下さい。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新の記事

 

関連記事

こんな記事も読まれています

健康診断の実施は起業の義務?いつ何回行えば良い?... 従業員の健康状態の把握のために 労働者の健康状況について総合的に把握するために、事業者は医師による...
海外展開!意外と知られていない撤退コストを考えよう... 海外展開をしていてもうまくいかないケースがもちろんあります。 特にこれまで日本企業が強いとされてい...
労務リスクを考える 企業が抱えるリスクの約8割は人に関わるものです。規模に関係なく、1人でも雇用してれば労務問題を抱える...
経済リスク/原料・資材の高騰... 2017年に入ってからタイヤの原材料の天然ゴムや石油化学製品価格が高騰していることから、6月にタイヤ...
役員退職金額の税務調査対策... 近年、役員退職金の否認裁決が出た事で、企業にとって役員退職金はどの程度であれば適正と判断されるのかに...

img_01 img_02 img_03 img_04 img_05 img_06 img_07
  1. 2018-1-31

    企業経営においてマーケティングをする必要性は?

    現代企業経営は非常に複雑化しており、難しくなっていると言えます。 続々と新しいサービスが登場し、海…

プレミアム記事

  1. 現代企業経営は非常に複雑化しており、難しくなっていると言えます。 続々と新しいサービスが登場し、海…
  2. IT化やボーダレス社会が進むとともに企業経営は非常に複雑化するようになりました。これまでの常識が通用…
  3. 現代において人材確保に困っていない企業はほとんどないように思います。 特に地方の中小・零細企業にな…
  4. キャッシュフロー経営という言葉をご存知でしょうか? 言葉の通り、キャッシュフローを意識した経営方針…
  5. 団塊の世代など、会社の発展に大きく貢献して来た世代が続々と定年を迎えています。そこで問題になるのが退…
  6. 特定の企業に所属せずに自ら契約を獲得し収入を得る個人事業主ですが、働き方改革の波を受けて今後も増加傾…
  7. 役員が退職する際に支払われる役員退職金について、どれほどの理解があるでしょうか?役員退職金は通常の従…
  8. 中小企業の場合、売上を多数上げることだけに躍起となってしまうと、足元のリスクに掬われてしまう可能性が…
  9. 経営資源が利用できず業務が中断してしまえばどうなるでしょう。トラック輸送が機能しないということは、原…
  10. マイナンバー制度導入前に国税庁が把握していた法人事業所数と社会保険の加入法人事業所数の間には、約70…

話題をチェック!

  1. 2016-12-7

    リスクの多様化で倒産急増中!?危ない企業の見分け方とは?

    中小企業の場合、売上を多数上げることだけに躍起となってしまうと、足元のリスクに掬われてしまう可能性が…
  2. 2016-12-4

    業務が中断すれば倒産危機!運送業の経営管理はBCPが重要

    経営資源が利用できず業務が中断してしまえばどうなるでしょう。トラック輸送が機能しないということは、原…
  3. 2016-12-3

    マイナンバー制度のデメリットとは?倒産リスクを抱える?

    マイナンバー制度導入前に国税庁が把握していた法人事業所数と社会保険の加入法人事業所数の間には、約70…
  4. 2016-11-29

    地震災害による機械製造業のリスクとは?保険での備えを

    もしも大規模地震が突発的に発生して広い範囲で震度6強が観測されたとします。機械製造業の場合には、工場…
  5. 2016-11-27

    会社が倒産したら役員は責任を負うことになる?

    地震が頻発している中で、もしも大地震が発生すれば受注先や取引先とのルートが途絶え収益に影響が出て事業…
ページ上部へ戻る