なぜ会社を大きくするためには従業員満足度が必要になるのか?

多くの経営者の方は会社を大きくしたいと考えているはずです。
そのために新たなマーケティングや人材採用を積極的に取り組んでいるはずです。
そこで今回はここ数年で注目され始めた従業員満足度が会社の業績にもたらす影響について解説させて頂きます。

会社と従業員の関係性が変わりつつある

これまで日本は終身雇用制度により、一つの会社に留まり活躍することが当たり前とされてきました。実際、その効果もあり日本経済は敗戦国とも思えないスピードで成長してきました。
このような考え方が深く根付いた時代に働き出した多くの方が、今では会社内でベテランのポジションになり管理職についている方も多いようです。
しかし、現在終身雇用という考え方は当たり前ではなくなってきています。
そしてこの違いが人材採用や評価などの人材マネジメントに少しずつ影響を与えています。
かつては、従業員は会社に貢献して当たり前でした。
つまり、会社が上で従業員が従うような関係性だったとも言えます。
この関係性の中では、残業や休日出勤は当たり前で、それが美德のようにすらなっていました。
しかし、現代は会社と従業員の関係性は決して主従関係のようなものではなく、フラットな関係性と言えます。
会社が従業員を評価するのはもちろん、従業員も会社を評価します。
この背景には、個人の力が強くなっていることがあります。
以前のように、転職に対するマイナスのイメージがないことや、個人でも企業相手に仕事を受注できるような時代になったのです。

従業員満足度が会社を大きくする

このように時代の変化とともに、個人の時代になりつつあります。
そんな中会社の業績を伸ばそうとすれば、従業員にいかにモチベーション高く働いてもらうか、その環境整備が必要不可欠です。
もし、それがなければ、離職に繋がるかもしれませんし、低いモチベーションでは生産性が上がりませんし、変化の激しいこの時代で同業他社との熾烈な競争に勝つことはできません。
また、今の時代個人の発信力は非常に高まっており、従業員満足度の低い会社は社外からもそのような目で見られることになります。
そうなれば、ただでさえ難しくなっている人材獲得がさらに厳しいものになるでしょう。当たり前ですが、人員が増えなければ会社を大きくすることは基本的には難しくなります。

このように従業員満足度を意識した経営はこれから必ず必要になりますし、高い満足度を実現できている会社は業績をあげ続けることが可能でしょう。

You may also like

用語集

リスクの眼鏡では、記事に関する用語など簡単に解説したページを開設しております。

用語集のページはこちらへ
 

関連記事

話題をチェック!

  1. 2020-7-22

    定款を作成するメリットと作成しないデメリット

  2. 2019-5-24

    自然災害に対するリスクマネジメントの方法とは?

  3. 2016-12-7

    リスクの多様化で倒産急増中!?危ない企業の見分け方とは?

  4. 2016-12-4

    業務が中断すれば倒産危機!運送業の経営管理はBCPが重要

  5. 2016-12-3

    マイナンバー制度のデメリットとは?倒産リスクを抱える?

ページ上部へ戻る