金融緩和が経済に与えた影響とは!?プラスの影響は?

日本銀行は2016年9月の金融政策決定会合により、異次元金融緩和の総括的な検証を実施すると発表しています。

そこで行われる内容は、これまで金融緩和政策が経済活動へどのような影響を与えたかという効果の分析が中心となると予想されます。

金融緩和政策によってどのような影響が?

金融緩和政策によって株価や為替レートに大きな影響を与えたものの、そこまでという印象が強く、設備投資や家計消費などに明確に良い影響があったとは言えません。

2014年秋以降にアメリカの金融正常化が実施され、資源価格が下落、為替レートは円高に進みつつあります。

これまでは円安によって増加していた企業利益は、だんだんと逆転の動きを見せつつあるというのが実情です。

必要なのは物価の引き下げ?

本来であれば実質所得が増え消費が増えるはずなのに、消費が増えていないのは企業が物価を製品価格引き下げに反映させていないと言うことでしょう。

資源価格下落を消費者物価の引き下げへと繋げていくことが必要と言えます。

為替レートが円高に進んでいることも、結果として円建て輸入価格を引き下げることになってしまいます。

そのことから、現在の日本に必要なのはインフレを達成しようとすることではなく、むしろ物価を引き下げることであるとも考えられるでしょう。

投機が大きな影響を与えている

日本の消費者物価は輸入物価で説明でき、輸入物価は為替レートと資源価格で決定されるということを考えると今日本に起きている現実を理解することができるでしょう。

円建て輸入価格に大きな影響を与えるのは、為替レートと資源価格でどちらも投機によって大きな変動が見られます。

投機資金で為替レートや資源価格の動向も決まり、さらにそれによって輸入物価が決まります。さらには消費者物価もそれらの影響を大きく受けることとなるのです。

円安期待から円高期待へ?

2014年頃まで円安が進んだことには、金融緩和の期待により円安期待が起こったことが原因と言えるでしょう。

アメリカはリーマンショック以後金融緩和を継続し、原油などに対して投機が起きたことで原油価格等資源価格は高騰していました。

しかしアメリカの金融正常化に伴い資源価格は下落を見せ、為替レートに対する投機も2015年の秋頃から円安に期待することをやめ、円高を期待する位置で実施されるようになっているようです。

金融緩和政策は意味があったのか?

通貨が世間にスムーズに流れるようになれば結果として景気が改善するということを目的として実施されたものが金融緩和政策です。

金融緩和で名目金利が一定に抑えられていることにより、期待インフレ率は向上し実質金利は下がると期待されて行われたものの、これまでの状況から考えた場合本当に意味があったのかと考えてしまいます。

記事に関するご意見・ご要望をお聞かせ下さい。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新の記事

 

関連記事

こんな記事も読まれています

働き方革命!今取り組むべき労働生産性を高める取り組みとは?... 働き方革命という言葉は近年ビジネスにおいて頻繁に聞く言葉となりました。 実際、いくつかの企業で働き...
マイナンバーがビジネスチャンスに活躍する?... 2016年からマイナンバー制度が開始されましたが、このマイナンバー制度は中小企業にビックチャンスとな...
まるで原爆!?米国は日本をヘリコプターマネーの実験場にする?... 2016年7月12日に総理大臣官邸を訪問した元アメリカFRB(連邦準備制度理事会)の議長だったベン・...
陸上貨物運送事業の事故は荷役中に多く発生する?... 労働災害は色々な事業や業種での作業に伴って発生します。陸上貨物運送事業における作業には荷役がつきもの...
「カリスマ社長」がいるからこそ発生する企業のリスクとは?... 会社の規模を問わず、日本全国には「カリスマ社長」と呼ばれる経営者がいます。 そのカリスマ性を発揮し...

img_01 img_02 img_03 img_04 img_05 img_06 img_07
  1. 2018-1-31

    企業経営においてマーケティングをする必要性は?

    現代企業経営は非常に複雑化しており、難しくなっていると言えます。 続々と新しいサービスが登場し、海…

プレミアム記事

  1. 現代企業経営は非常に複雑化しており、難しくなっていると言えます。 続々と新しいサービスが登場し、海…
  2. IT化やボーダレス社会が進むとともに企業経営は非常に複雑化するようになりました。これまでの常識が通用…
  3. 現代において人材確保に困っていない企業はほとんどないように思います。 特に地方の中小・零細企業にな…
  4. キャッシュフロー経営という言葉をご存知でしょうか? 言葉の通り、キャッシュフローを意識した経営方針…
  5. 団塊の世代など、会社の発展に大きく貢献して来た世代が続々と定年を迎えています。そこで問題になるのが退…
  6. 特定の企業に所属せずに自ら契約を獲得し収入を得る個人事業主ですが、働き方改革の波を受けて今後も増加傾…
  7. 役員が退職する際に支払われる役員退職金について、どれほどの理解があるでしょうか?役員退職金は通常の従…
  8. 中小企業の場合、売上を多数上げることだけに躍起となってしまうと、足元のリスクに掬われてしまう可能性が…
  9. 経営資源が利用できず業務が中断してしまえばどうなるでしょう。トラック輸送が機能しないということは、原…
  10. マイナンバー制度導入前に国税庁が把握していた法人事業所数と社会保険の加入法人事業所数の間には、約70…

話題をチェック!

  1. 2016-12-7

    リスクの多様化で倒産急増中!?危ない企業の見分け方とは?

    中小企業の場合、売上を多数上げることだけに躍起となってしまうと、足元のリスクに掬われてしまう可能性が…
  2. 2016-12-4

    業務が中断すれば倒産危機!運送業の経営管理はBCPが重要

    経営資源が利用できず業務が中断してしまえばどうなるでしょう。トラック輸送が機能しないということは、原…
  3. 2016-12-3

    マイナンバー制度のデメリットとは?倒産リスクを抱える?

    マイナンバー制度導入前に国税庁が把握していた法人事業所数と社会保険の加入法人事業所数の間には、約70…
  4. 2016-11-29

    地震災害による機械製造業のリスクとは?保険での備えを

    もしも大規模地震が突発的に発生して広い範囲で震度6強が観測されたとします。機械製造業の場合には、工場…
  5. 2016-11-27

    会社が倒産したら役員は責任を負うことになる?

    地震が頻発している中で、もしも大地震が発生すれば受注先や取引先とのルートが途絶え収益に影響が出て事業…
ページ上部へ戻る