もしも会社が破産した場合、連帯保証人への影響は?

運営している法人が破産してしまった際に、代表者や取締役など個人は通常であれば法人の負債に法的責任は負わないことになっています。しかしこれはその法人の債務について連帯保証人になっていない場合です。もしも連帯保証人になっている場合は責任を負う必要があります。

法人の連帯保証人は多くがその会社の経営者

中小企業が銀行から融資を受ける際には、経営者が連帯保証人として個人保証することが必須条件となっていることがほとんどでしょう。連帯保証は法人が返済不能になった際に代わりに返済を行う担保制度となるからです。

法人に連帯保証人がいる場合には、法人が破産手続きを開始すると債権者から連帯保証人へ一括請求が行われます。連帯保証人は一括請求に応じて返済する必要があります。しかし一括で返済することが難しい場合などは、債権者と交渉して長期分割という方法を行うことになるでしょう。

債務額が高額で払えない場合は?

法人に対する融資の場合、融資額が高額であることが多く連帯保証人も払いきれないということで連鎖倒産(自己破産)を検討することになる場合があります。

もしも連帯保証人が自分名義の不動産や大きな財産を所有していない場合には、自己破産に追い込まれてもデメリットはないかもしれません。

しかし持ち家を所有している場合などは、自己破産すれば資産を売却して返済に充てる必要があります。家がなくなっては困るという場合には個人再生を検討の視野に入れるか、連帯保証債務を返済していくという方向で話を進めていくことになるでしょう。

破産をした場合の家族への影響

法人とその経営者が破産した場合に経営者の家族にその影響が及ぶのかという点については、経営者の配偶者が連帯保証人になっているかどうかで異なります。配偶者が法人や経営者の連帯保証をしていない場合には、債権者から請求されることはありません。

逆に連帯保証をしていた場合には、離婚をしたとしても連帯保証債務からは逃れることはできません。法人や経営者の破産を検討する際に、先に離婚をしたとしてもそれ以前の連帯保証関係について着目されるため、破産と離婚は関係がないといえるでしょう。

損害賠償責任を負うケースも

法人の財産を私的流用している場合や、回収できる見込みがないことの明らかな債権を買い取るといった不合理や不適切な職務執行により法人を破産させてしまった場合には、法人や第三者に対して損害賠償責任を負うこともあります。代表者が知りながら実行すれば当然賠償責任は発生するでしょうし、代表ではない一般の取締役の場合でも、代表者の行為を知っていて取締役会などで賛成していた場合には同時に損害賠償責任を負うことも考えられます。

法人が危機に直面した場合には専門家に相談を

もしも法人の連帯保証人となっていて連帯保証債務を負うことになっても、債務整理などを行うことも可能ですし法人が再建手続きを行う場合にも継続して経営者という立場を維持することはできます。ただし債務金額や債権者数が多いという場合には、事務手続きなどが複雑化するため弁護士や司法書士など専門家に相談することが望ましいでしょう。

記事に関するご意見・ご要望をお聞かせ下さい。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新の記事

 

関連記事

こんな記事も読まれています

介護の現場/無資格に医療行為... 介護が必要な施設には、老人保健施設、特別養護老人ホーム、通所リハビリテーションなど様々ですが、多くの...
社員の健康管理は会社の責任... 日本の企業では、社員の健康については「自己管理」という考え方が一般的とされてきました。 しかし、昨今...
自然災害に対するリスクマネジメントの方法とは?... 自然災害はいつ起こるか分からず、またその確率もごくわずかですが、いざ起こった時には多大な被害をもたら...
リスクと保険/業務に関わるリスクと保険(運送業)... 運賃の価格競争などで激化する業種が運送業ですが、いくら価格を安くしてサービスの提供ができても、その分...
経営者リスク/経営者が介護状態になってしまったら?... 日本は少子高齢化が進んでおり、要介護状態になるリスクは中小企業の経営者にとっても問題になっています。...

img_01 img_02 img_03 img_04 img_05 img_06 img_07
  1. 2019-5-24

    自然災害に対するリスクマネジメントの方法とは?

    自然災害はいつ起こるか分からず、またその確率もごくわずかですが、いざ起こった時には多大な被害をもたら…

プレミアム記事

  1. 自然災害はいつ起こるか分からず、またその確率もごくわずかですが、いざ起こった時には多大な被害をもたら…
  2. 会社に勤めるのではなく、個人事業主として仕事をしている人は意外と多いのですが、その個人事業主が突然死…
  3. これまで社会の発展の原動力となっていた団塊の世代が、次々に退職を迎える時代となっています。 そこで、…
  4. 会社を興すときは、法務局で登記をする必要があります。 その際に、定款というものを提出することになるの…
  5. 現代企業経営は非常に複雑化しており、難しくなっていると言えます。 続々と新しいサービスが登場し、海…
  6. IT化やボーダレス社会が進むとともに企業経営は非常に複雑化するようになりました。これまでの常識が通用…
  7. 現代において人材確保に困っていない企業はほとんどないように思います。 特に地方の中小・零細企業にな…
  8. キャッシュフロー経営という言葉をご存知でしょうか? 言葉の通り、キャッシュフローを意識した経営方針…
  9. 団塊の世代など、会社の発展に大きく貢献して来た世代が続々と定年を迎えています。そこで問題になるのが退…
  10. 特定の企業に所属せずに自ら契約を獲得し収入を得る個人事業主ですが、働き方改革の波を受けて今後も増加傾…

話題をチェック!

  1. 2019-5-24

    自然災害に対するリスクマネジメントの方法とは?

    自然災害はいつ起こるか分からず、またその確率もごくわずかですが、いざ起こった時には多大な被害をもたら…
  2. 2019-4-5

    定款の目的に定めていない事業は行えない?

    会社を興すときは、法務局で登記をする必要があります。 その際に、定款というものを提出することになるの…
  3. 2016-12-7

    リスクの多様化で倒産急増中!?危ない企業の見分け方とは?

    中小企業の場合、売上を多数上げることだけに躍起となってしまうと、足元のリスクに掬われてしまう可能性が…
  4. 2016-12-4

    業務が中断すれば倒産危機!運送業の経営管理はBCPが重要

    経営資源が利用できず業務が中断してしまえばどうなるでしょう。トラック輸送が機能しないということは、原…
  5. 2016-12-3

    マイナンバー制度のデメリットとは?倒産リスクを抱える?

    マイナンバー制度導入前に国税庁が把握していた法人事業所数と社会保険の加入法人事業所数の間には、約70…
ページ上部へ戻る