損害保険について解説します

テレビのコマーシャルやネット広告などで、損保というキーワードを耳にすることも多いでしょう。
しかし、実際にその保険に加入していない人の中には、それが何なのか分からないという人も少なくないと思います。
損害保険というのがどのようなものなのかを、知っておきましょう。

損害保険の概要

損保と言われているのは保険の一種であり、正確には損害保険といいます。
医療保険が医療の備えとなる保険、生命保険が死亡時の備えとなる保険であるように、損害が生じた時に備えた保険が損害保険となります。

とはいえ、もちろんどのような損害に対しても備えとなるわけではありません。
簡単に言うと、自分の意志ではない行動によって生じた損害に対して、カバーしてもらう保険となっています。

また、生命保険や医療保険とは大きな違いがあります。
生命保険や医療保険の場合は、掛け金と被保険者の状態によって、受け取ることができる保険金というのはおおよそ決まっています。
例えば、死亡時に受け取ることができる保険金がいくら、ということです。

しかし、損害保険ではほとんどの場合、保険金の金額は決まっていません。
損害額によって、いくら保険金が支払われるかの審査があり、その結果保険金が決定します。
この方式を、実損払方式といいます。

損害保険は、一種類ごとの保険料は生命保険などと比べて、あまり高くないことが多いのですが、種類が多いのでカバーする範囲を広げるにはいくつもの保険に加入する必要があるでしょう。
また、補償の対象となるものが高額の場合は、それだけ保険料も高額になります。

損害保険が適用される範囲は非常に幅広いので、同じ損害保険でも保証する範囲は異なります。
また、個人向けと法人向けに分けられているので、その種類はさらに増えることになります。
次に、個人向けと法人向け、それぞれの損害保険の代表的なものを紹介していきます。

個人向け損害保険

個人向け損害保険の中で、最も身近なものとしては自動車保険があるでしょう。
車、もしくは原動機付自転車を保有している人であれば、自賠責保険に加入することが義務となっています。
この自賠責保険も、損害保険の一種です。

この自賠責保険は強制的に加入となる保険ですが、その上でさらに任意保険に加入する場合もあります。
任意保険に加入することで、保険が適用される範囲と支払われる保険の限度額が増加するのです。

一戸建てに住んでいる方であれば、その多くは火災保険に加入しているでしょう。
これも代表的な個人向けの損害保険で、名前こそ火災保険ですが実際には火災に限らず、天災や水害、盗難など家財を対象に生じた損害を幅広く補償してくれる保険です。

近年は、日本列島各地で幾度もの大地震が起こり、その被害に遭われた方も多いでしょう。
そこで注目されるようになったのが地震保険です。

地震保険は、火災保険ではカバーしきれない地震による被害を補償するための保険として、近年加入者が増加していますが、加入するにはまず火災保険への加入が必要なことが多いので、単独での加入はできないことがほとんどです。

ケガをした際に備えて、損害保険に加入する人も多いでしょう。
自動車保険の場合、加入していれば車の運転中に負ったケガや負わせたケガについては保険の対象となりますが、例えば道で転んだケガや自転車で追ったケガ、あるいは負わせたケガについては補償の対象外となります。

こうした対象外となる傷害について、別途補償するための保険が、傷害保険です。
特に、最近は自転車の事故で高額の慰謝料を支払わなくてはいけないケースが時折見受けられることから、加入者も増えています。

ゴルフのプレー中に起こった事故を対象とした、ゴルファー保険というものもあります。
プレー中のケガだけでなく、用具の破損あるいは盗難等に対する備えとなる保険で、良くゴルフをする人は加入を勧められた経験があるかもしれません。

また、ユニークな保険として知られるホールインワン保険も、損害保険のゴルファー保険の特約一種です。
これは、不意の出費に備えるための保険という位置づけであり、掛け捨ての保険で保障期間が1日など、短く設定されているものもあります。

旅行先で思わぬケガをした時に備えて加入しておきたいのが、旅行保険です。
この保険は旅行先でのケガはもちろん、盗難被害や所持品の破損なども補償の対象になります。

個人向けの代表的なものだけであっても、損害保険にはこれだけの種類があります。
それでは、法人向けとしてはどのような損害保険が代表的なものとなるのでしょうか?

法人向け損害保険

法人向けの損害保険にも、火災保険や地震保険があります。
その場合、保障の対象となるのは企業財産なのですが、オフィスと工場では対象となる財産が大きく異なるので、一般物件向けの保険と工場物件向けの保険は別々に用意されていることが多いでしょう。

思わぬ損失を負うことになった時に備えた保険というのもあり、これはシチュエーション別にプランが設けられています。
例えば、事故などで休業をやむなくされた場合の休業補償などがあります。

製品展示会や見本市など、何らかの興行を予定していたものの、それが中止せざるを得なくなった場合の損害を補償する保険もあります。
この時は、費用の補償だけではなく喪失した利益も補償してもらえる場合もあります。

製造業においては特に重要となる、生産物の品質に関する保険もあります。
第三者によって異物が混入されたケースや、偶然によって生じた汚染事故などの影響で、その生産物を回収することになった場合の費用を補償する保険です。
その際は、意図的ではない表示ミスなども補償の対象に含まれます。

事業用の自動車保険もあり、基本的な内容は個人向けと同様ですが、法人向けの場合は特約などが非常に多く用意されています。
例えば、積載していた貨物が破損した場合は弁償しなくてはいけなくなりますが、その分を補償する特約などもあります。

また、車の買い替えや修理に関して、それを補償する特約もあります。
弁護士特約などもあり、事業に用いる自動車の損害には広く対応することができるでしょう。

企業は、販売した製品や提供したサービスによって被害が生じた場合、それを賠償しなくてはいけない場合もあります。
その際の、賠償責任というリスクに備えた、賠償責任保険も法人向けの損害保険としては代表的なものです。

近年は、業務にパソコンを使っている企業がほとんどですが、それによって生じたハッキングなどのサイバーリスクについても、保険が用意されています。
もはや業務に無くてはならないパソコンの危険性を保障してくれるため、すでに多くの企業が加入しています。

その他にも、企業が抱えることになるリスクは多岐に渡ります。
法人向けの損害保険では、そういった個別のリスクに対しても保障できるように多くの保険を用意しています。
心配なことがあれば、まずは相談してみましょう。

まとめ

損害保険には多くの種類があり、個別に自動車保険や火災保険といえばわかる人が多くても、損保と言われると何のことか分からない人もいるでしょう。
個人向けの保険と、法人向けの保険ではその名称が同じでも、内容は大きく異なっていることが多いので、個人向けの保険に加入しているからといって法人向けの保険も同じ内容とは限りません。
必ず、詳しい内容を聞いてから必要な備えとなる保険に加入しましょう。

用語集

リスクの眼鏡では、記事に関する用語など簡単に解説したページを開設しております。

用語集のページはこちらへ
 

関連記事

こんな記事も読まれています

サ高住(サービス付き高齢者住宅)のリスクを考える!... 高齢者が増えているからと、ただ単に高齢者向けの施設や住宅に投資をしてしまうという安易な考え方は失敗を...
法令違反・重大な欠陥・社会的責任を考える?... 製造業を営む上で、倫理観を持つと同時に法令を遵守し事業活動を行うことは重要事項の1つであり、最も基本...
株主代表訴訟制度とは?提訴請求に対して取るべき対応は?... 株主代表訴訟とは株主が会社のために、発起人・取締役・監査役・会計参与・執行役・清算人役員など役員に対...
経営者リスク高齢経営者の年金受給カット... 平成27年10月から被用者年金一元化法により、以前は厚生年金と3つの共済年金に分かれていた被用者の年...
悪影響!企業におけるぶら下がり社員の対策方法とは?... 会社をはじめとして、組織が肥大化すると必ずといっていいほど増えてくるのが、ぶら下がり社員といわれる社...

img_01 img_02 img_03 img_04 img_05 img_06 img_07
  1. 2019-5-24

    自然災害に対するリスクマネジメントの方法とは?

    自然災害はいつ起こるか分からず、またその確率もごくわずかですが、いざ起こった時には多大な被害をもたら…

プレミアム記事

  1. 自然災害はいつ起こるか分からず、またその確率もごくわずかですが、いざ起こった時には多大な被害をもたら…
  2. 会社に勤めるのではなく、個人事業主として仕事をしている人は意外と多いのですが、その個人事業主が突然死…
  3. これまで社会の発展の原動力となっていた団塊の世代が、次々に退職を迎える時代となっています。 そこで、…
  4. 会社を興すときは、法務局で登記をする必要があります。 その際に、定款というものを提出することになるの…
  5. 現代企業経営は非常に複雑化しており、難しくなっていると言えます。 続々と新しいサービスが登場し、海…
  6. IT化やボーダレス社会が進むとともに企業経営は非常に複雑化するようになりました。これまでの常識が通用…
  7. 現代において人材確保に困っていない企業はほとんどないように思います。 特に地方の中小・零細企業にな…
  8. キャッシュフロー経営という言葉をご存知でしょうか? 言葉の通り、キャッシュフローを意識した経営方針…
  9. 団塊の世代など、会社の発展に大きく貢献して来た世代が続々と定年を迎えています。そこで問題になるのが退…
  10. 特定の企業に所属せずに自ら契約を獲得し収入を得る個人事業主ですが、働き方改革の波を受けて今後も増加傾…

話題をチェック!

  1. 2019-5-24

    自然災害に対するリスクマネジメントの方法とは?

    自然災害はいつ起こるか分からず、またその確率もごくわずかですが、いざ起こった時には多大な被害をもたら…
  2. 2019-4-5

    定款の目的に定めていない事業は行えない?

    会社を興すときは、法務局で登記をする必要があります。 その際に、定款というものを提出することになるの…
  3. 2016-12-7

    リスクの多様化で倒産急増中!?危ない企業の見分け方とは?

    中小企業の場合、売上を多数上げることだけに躍起となってしまうと、足元のリスクに掬われてしまう可能性が…
  4. 2016-12-4

    業務が中断すれば倒産危機!運送業の経営管理はBCPが重要

    経営資源が利用できず業務が中断してしまえばどうなるでしょう。トラック輸送が機能しないということは、原…
  5. 2016-12-3

    マイナンバー制度のデメリットとは?倒産リスクを抱える?

    マイナンバー制度導入前に国税庁が把握していた法人事業所数と社会保険の加入法人事業所数の間には、約70…
ページ上部へ戻る