「ヒューマンエラー」が企業経営にとって深刻な理由

事故・災害リスク

ヒューマンエラーは日本語に訳すと「人為的間違い」という意味になります。

システムで定義された許容限界を超えた一連の行動で、人が原因で起こる間違いやトラブルのことを言います。

ヒューマンエラーは意図せず発生するもの?

ヒューマンエラーは過失と故意に分類され、意図していないのに起きるものと意図的に行動したことで起きるものがあります。

意図していないのに発生するヒューマンエラー

例えば技術・スキル不足による入力や操作ミスによって起きる人的ミスは、意図していない過失のヒューマンエラーに該当します。

他にもアクセルとブレーキの踏み間違いのような、自分はこうするべきと思っていたけれど違う行動をしてしまったというスリップ行動なども過失のミスです。

指示が理解できず知識が不足していることや、理解できているのに疲労などが原因で判断を誤ってしまうといった誤判断によるものも意図していないヒューマンエラーとしてあげられるでしょう。

意図的に発生するヒューマンエラー

人の注意力には限界がありますので、慎重な人でも疲労や錯覚でヒューマンエラーを起こす可能性はあります。

日常の手馴れた作業を簡単にやりやすくするなど、禁止されていなければ違反ではないと考えられる楽な方法を行うことはミスに繋がることもあります。

そしてルール違反とわかちながら時間が足らずに手抜き検査を行うことや、法律や社内規定で守らなければ罰則の対象となる違反行為など、故意の行動から起こるヒューマンエラーでも悪質なものは犯罪になります。

ヒューマンエラーが発生した場合

もしも社内でヒューマンエラーが起きた場合にはその要因を分析して対策を講じていくことが必要です。

意図しないで起きた場合にはミスした本人に繰り返し注意をしたとしても、対策が具体的に取られていなければ意味がありません。

どうしてそのようなミスに至ったかを調査し、ヒューマンエラーが起きた背景を洗い出しましょう。

個人へ責任を追及するばかりでなく、作業の現場や社内全体で対策に取り組んでいくことが必要です。

システムや作業環境の改善を

原因を分析した後にはシステムの改善や人員を増やすなどの作業環境の改善が必要になる場合もあります。

また、ヒューマンエラーには至らなかったけれどそれに繋がる可能性のあるものなどについては、医療業界や建設業界などでは「ヒヤリ・ハット」として情報共有をしています。

ヒューマンエラーを発生させないためには、芽の段階でつみとっておくことが重要になることに対する取り組みと言えるでしょう。

防止対策を講じることによってある程度の発生を予防することができるということを理解しておき、リスクをいかに少なくするかを考えていきましょう。

タイトルとURLをコピーしました