ペット保険とは?

近年、家族の一員としてペットを飼っている人が多いですよね。
ペット用の食品や衣類等、昔と比べるとそのバリエーションも豊富になっているでしょう。
そのような中、ペットにも保険があるという事をご存知ですか?
今回は、ペットを飼う人ならば誰もが説明を受ける、ペット保険についてご説明したいと思います。

病気や怪我への保障は人間だけではない

病気や怪我をした時は、その治療の度合いによって、治療費の金額が違ってきますよね。
しかし、私たちは公的な保険に加入していますし、人によっては民間の保険にも加入していますよね。
そのため、何かあった時は、金銭的な負担を少なくしてくれますので、助かることも多いでしょう。
このように、人間の場合は健康面に対して、手厚いサポートが数多く設けられているのは、ご存知の方も多いと思います。

その一方で、ペットの場合はどうでしょうか?
ペットを飼っていると、病気以外でも予防接種等で病院のお世話になることがありますよね。
動物の場合は、人間のように費用の負担をしてくれる公的な保険がある訳ではありません。
従って、通院した時、その分の金額は飼い主が全額負担することになります。
そんな時にオススメしたいのが、ペット保険です!

主な保障としては、病気等での通院や手術、入院にかかる費用の保障がメインになるでしょう。
保険に加入していないと、これらすべての費用を負担することになりますので、結構な金額になってしまうこともありますよね。
さらに、保険商品によっては、ペットが他者にけがをさせた場合やお葬式にかかる費用を補償してくれる場合もあります。
このような内容を知ると、まるで人間と同じような感じに思えてくるでしょう。

実は、人間と同じように、動物も昔と比べると長生きするような傾向が出てきています。
人間も、高齢になってくると、病院のお世話になる機会がどうしても増えてきますよね。
そのような事情は、ペットも同じだと言えるでしょう。

ペット保険には加入した方が良いの?

保険に加入するのは強制ではありませんので、加入するかどうかは飼い主次第になります。
しかし、本当に必要かどうか、意外と知らないという人も多いですよね。
ここでは、メリットとデメリットをご説明しましょう。

・加入すると得られるメリット

ペット保険に加入すると、飼い主にとっては、治療費を気にせず、些細なことでも病院に受信しやすくなります。
人の場合にも言えるのですが、金銭面で余裕がないため、病院に行くのを後回しにしてしまう時がありますよね。
どうしても金銭面に不安があると、病院への足が遠のいてしまいますし、それが原因で悪化してしまう可能性もあるでしょう。

また、人間と同じで、保険に加入していると安心感を得ることができます。
例えば、高額な治療費がかかったとしても、保険に加入しているのとそうでないのでは違ってきますよね。
多少の出費になったとしても、楽しく暮らすためには必要経費になるかもしれません。

・気になるデメリットは?

デメリットには、安心を得たいために補償を充実させると、毎月の保険料が高めになりやすいという点が挙げられます。
もしものことを考えると、様々なケースに対応できた方が良いのは当然ですが、その分割高になりやすいでしょう。
保障内容を充実させたい場合は、無理のない範囲で支払っていけるかどうかを考える必要がありますよね。

また、病気やある治療によっては、保障の対象とならない場合がありますので、事前に確認しておく必要があるでしょう。
保障の範囲外になるのは、例えば、去勢や妊娠に関する手術になります。
実は、これらは確かに治療行為のように思えますが、病気には当てはまりませんので、間違わないようにしたいですね。

まとめ

今回は、ペット保険についてご説明しました。
ペットも高齢化に伴い、様々な病気になったり、病院のお世話になる機会が多くなったりします。
治療費は、病気によって高くつく場合もありますので、費用面で安心を得たいならば加入して損はありません。
保障や費用は商品ごとに違いがありますので、費用面的に無理がなく保障があるプランを選ぶようにすると良いでしょう。

You may also like

用語集

リスクの眼鏡では、記事に関する用語など簡単に解説したページを開設しております。

用語集のページはこちらへ
 

関連記事

話題をチェック!

  1. 2020-7-22

    定款を作成するメリットと作成しないデメリット

  2. 2019-5-24

    自然災害に対するリスクマネジメントの方法とは?

  3. 2016-12-7

    リスクの多様化で倒産急増中!?危ない企業の見分け方とは?

  4. 2016-12-4

    業務が中断すれば倒産危機!運送業の経営管理はBCPが重要

  5. 2016-12-3

    マイナンバー制度のデメリットとは?倒産リスクを抱える?

ページ上部へ戻る